【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

夢の中の怪談

      2017/02/06

Sponsored Link

 

夢の話ですまないが、最近は誰かが怪談や不思議な話を語ってくれる夢を見る。

7 :本当にあった怖い名無し:2015/04/15(水) 16:43:38.72 ID:9CXmIFbS0.net

目が覚めると思い出せない事が多いが、ひとつ覚えていた話を書く。

昔ある旅人が葬式を出した家の前を通った。

喪家から出て来た客人達は不思議な話をしていた。

彼らは喪家に泊まったのだが、皆同じ夢を見たという。

旅人は船着き場に行くが、船が来るのは明日だというので隣の小屋に泊まった。

小屋の泊まり客の中に葬家の客人の一人がいた。

客人はこれから遠方の家に帰るのだという。

旅人が不思議な夢の話を聞くと、客人はこう話した。

弔問客がひとつの部屋に寝ていると、夜中に枕元を歩き回る女の白い足元が見えた。

若い女のようで左前の白い着物の裾も見えた。

女は

「この者を縛ってやろうか」
「この者を連れて行こうか」
「この者について行こうか」

と言いながら、眠っている人にかがみ込んでいたが、長い髪で顔は見えなかった、という夢だった。

その晩船を待つ人々は、小屋で雑魚寝をしたが、旅人も客人と同じような夢を見た。

「この者を縛ってやろうか、連れて行こうか、ついて行こうか」と言いながら女が歩き回っている。

旅人はこの女をかわいそうに思った。

彼女が喪家の亡くなった女かはわからなかったが、故郷を出て遠くに行ってみたかったのだろう。

だが悪い予感がしたので、旅人はかわいそうだとは思ったが夢の中で女を殺し、ついて来られないようにした。

翌日船に乗った人々はその後無事それぞれの目的地に着いたという。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1429018865/]

 

呪詛の時空 宇都宮怨霊伝説と筑前黒田家/則松弘明

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚, 短編

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

会社の怪談

おれが体験した話 夜十一時頃に、他営業所で働く後輩から「先輩助けて!ここお化けい …

mononokezaru
もののけ猿

十二年前に岡山県に住んでいて、当時小学校の三年生の時の怖い記憶。 911 :本当 …

johntitor-2032
ジョン・タイター 2036年から来た男!? その正体と予言 まとめ

「2036年から来たジョン・タイター」について ジョン・タイター(英: John …

150819_007
呼び出しボタン

  間違って呼び出しボタンを押してしまった 大学生のときに同じ学校の友 …

hakuseikirunetoneko
謎の三文字

  俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。 964 名前 …

150902_003
烏名(からすな)

俺の生まれて中二まで住んでいた土地の風習の話 401 本当にあった怖い名無し 2 …

151118_006
キンシクン

さっき幼馴染と久しぶりに会って、思い出した話をひとつ。 おいらの地元は田舎なんで …

surinuke
すり抜け~10の14乗分の1

人間って、壁をすり抜けたりする事ができるの知ってました? 10の14乗分の1くら …

img1231
来たりし者

叔母の話。 405 :本当にあった怖い名無し:2016/11/11(金) 11: …

151109_007
守護犬

昔、庭で柴犬を飼っていた。 賢い犬で、人に吠え掛かるということがほとんどなかった …