【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

山の怪・ヨウコウ

   

Sponsored Link

福井県の某村の話

407: あなたのうしろに名無しさんが 2003/07/01 14:26:00

オレのじいちゃんは猟師なんだけど、昔そのじいちゃんについてって体験した実話。

田舎のじいちゃんの所に遊びに行くと、じいちゃんは必ずオレを猟につれてってくれた。
本命は猪なんだけど、タヌキや(名前は覚えてないが)鳥も撃ってた。

その日もじいちゃんは鉄砲を肩に背負って、オレと山道を歩きながら、

「今日はうんまいボタン鍋くわしちゃるからの!」と言っていた。(※実際、撃ったばかりの猪は食わないが)

そのうち、何か動物がいるような物音がした。

ガサガサって感じで。

オレは、危ないからすぐじいちゃんの後ろに隠れるように言われてて、すぐじいちゃんの後ろに回って見てたんだけど、じいちゃんは一向に撃つ気配がない。

いつもならオレを放っておくくらいの勢いで、「待てー!」と行ってしまうのだが、鉄砲を中途半端に構えて固まってしまっている。

オレはそのころは背が低くて、茂みの向こうにいる動物であろうものはよく見えなかった。

オレは気になって、じいちゃんに「何?猪?タヌキ?」って聞いた。

しかし、じいちゃんはしばらく黙っていて、茂みの向こうを、じっ……と見ていた。

「あれは……」とじいちゃんが口を開いた瞬間、急に茂みがガサガサと音を立てた。

「やめれ!」と言い放ち、じいちゃんはその茂みに一発発砲した。

そしてオレを抱えて猛ダッシュで逃げ出した。

オレは何がなんだかわからずひたすら怖くて、今にも泣きそうになっていたが、じいちゃんが撃ったのはなんなのか気になり、後ろを振り返った。

すると遠めに、毛のない赤い猿のような動物が、こちらに向かって走っている。

じいちゃんはオレをかかえて走りながらも、鉄砲に必死で弾を込めていた。

弾を込め終わると、じいちゃんはオレをかかえたまま振り向きざまに発砲した。

すぐとなりで発砲されたので、オレは耳が「キーン」ってなって、いろんな音が遠く聞こえた。

じいちゃんは走りながらまた新しい弾を込めている。オレは怖くてもう振り返ることはできなかった。

後ろで

「ケタタタタタタ!ケタタタタタタタ!」

という、その動物の鳴き声らしい声が聞こえ、じいちゃんが小声で

「助けてくれ……助けてくれ……この子だけでも……」とつぶやいていた。

山をおりきっても、じいちゃんはとまらなかった。

オレを抱えてひたすら家まで走った。

Sponsored Link

家につくなり、じいちゃんはばあちゃんに「ヨウコウじゃ!!」と叫んだ。

ばあちゃんは真っ青な顔で台所にとんでいき、塩と酒をもってきて、オレとじいちゃんに、まるで力士が塩をまくように塩をかけ、優勝した球団がビールかけやってるみたいに酒をあたまからあびせた。

その後、それについてじいちゃんもばあちゃんも何も話してくれなかった。

間もなくしてじいちゃんは亡くなってしまい、その時ばあちゃんがオレに『ヨウコウ』について話してくれた。

「ボクちゃんが見たのはのー、あれはいわば山の神さんなんよ。わしらにとってええ神さんじゃないがの。じいちゃんはあんたのかわりに死んだんじゃ。お前は頼むから幸せに生きておくれよ」

じいちゃんが死んでから、ばあちゃんも後をおうように亡くなってしまい、オレは二〇代後半でピンピンしている。

オレが見たのは、村で言い伝えられる妖怪の類いだったのかもしれないけど、今でも親戚の人にこの話をするとしかめっつらをされる。

ヨウコウについて、チョッと調べてみた

ユウユウ…動物の怪。婦負郡桜谷村駒見のものが『越中旧事記』に紹介されている。
※ヨウユウ…動物の怪。狼の怪。野崎雅明『肯搆泉達録』(こうこうせんだつろく)に紹介されている。

ある山伏が夜更けて呉服(くれは)山の古阪を登ると、狼の群がつきまとった。
山伏が喬木によじ登ると、狼は打ち重なり、その上に姥が跨って彼を引き下ろそうとした。
山伏が短刀を抜いて姥の肘を切り落とすと、下の狼も散った。
翌朝、駒見村に入り、少し休もうとヨウユウの家に入ると、姥が傷の痛みに泣き叫んでいたが、山伏の姿を見ると逃げ出して、行方不明になった。
柳田國男『山東民譚集』にも紹介。
150909_001

富山県の山の怪らしいが、福井県とも近く北陸同志。

ヨウユウがヨウコウへと訛ったものかもしれない。

猿のような人型、それに山にでるという状況から、コレがヨウコウだと思われるが、いかがなものか?

(了)

 

あなたのとなりの怖い話大百科

Sponsored Link

 - 山にまつわる怖い話, 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

151019_009
ミヤマの木

小学三、四年生頃の話。 228 本当にあった怖い名無し 2006/10/15(日 …

anoyama-de
あの山で。

  日本ならどこにでもありそうな、山のふもとに住んでいる。 283 : …

yukiyamanokyoufu-semarikurumono
●雪山の恐怖~迫り来るもの

2000年代初頭、私がとある雪山で体験した恐怖をお話しようと思います。 その当時 …

matagi-okite
マタギの掟をやぶった男の末路

  俺が中学生の頃、列車で会って仲良くなったご老人から聞いた話を書き込 …

yobiyoseru
呼び寄せる亡骸

  もう十数年前、山を歩くのが好きだったので仲間と近くの山をよく歩いた …

kouzanjiko
鉱山事故

九十七歳のおじいちゃんに聞いた鉱山での話。 おじいちゃんは財閥系の鉱山で働いてい …

150819_002
川の中の目

僕の実家は、本当に何もない田舎だった。 子供の頃はコンビニもなかったし、野球やサ …

warasikko-aiwa
わらしっこ哀話~緑風荘座敷わらしの真実

  「座敷童子の出る宿として名高い、岩手県金田一温泉にある旅館・緑風荘 …

img1597
白い制服

昔、本で読んだ話ですが。日露戦争で当時、ロシア軍の機関銃手の体験。 910 :あ …

hisaru
飛猿(ヒサル)

知り合いの話。 373 :雷鳥一号:2003/11/29 23:11 もうずっと …