【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ヨルダン砂漠奇譚

   

Sponsored Link

2001年に体験した実話です。

ヨルダンの砂漠で迷子になりました。

周りは一面砂と空。

砂に埋もれてるきれいな人骨が、友達に見えて安心感すら感じた。

夜になると急激に寒くなり、そいつと自然に添い寝をした。

それから三日間がたった。

昼間でも日ざしはきつかったけど、まだ二月だったので、気温はさほどでもなかったのが助かった。

その日、奇跡的に通りかかったトルコ人バックパッカー二人組に助けられ、数キロ離れた遊牧民のベドウィンの家につれていってくれた。

着いてすぐ子供達に歓迎され、あれこれ話しかれられたが、アラビア語はまったく理解できなかった。

その家の家長はアリという人だった。

アリはこの家で唯一英語が話せた。

僕が日本人だということを話すと、アリは思い立ったように歌いはじめた。

「しあわせんあら、てをたらこ。しあわせんあら、てを……」

僕が「何でその歌しってるの?!」と、びっくりして聞くと、何年も前に、一緒に数カ月移動しながら暮らしていた日本人がいたことを話してくれた。

その話が出た時点で、トルコ人の片方ハッサンが言った。

「さっきまでお前の隣にいたやつだよ」

助けられたばかりですっかり気が弛んでいたところなだけに衝撃だった。

ああ見えて、あそこは彼のお墓だったのだそうだ。

「日本人は友達思いだな」と言ってアリは笑った。

信じられないという思いもあったけど、その笑顔を見て、その日本人は満足のいく一生を送ったように思われ、悪い気分にはならなかった。

数日後、体力を回復した僕は、出会ったトルコ人の勧めでトルコへ渡り、ロシアを経由して日本へ帰国した。

骨になっていた彼の名前は、アリが『たわし』と言っていたので、『たかし』とか『ただし』みたいな名前だと思います。

(了)

 

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか【内山節】

Sponsored Link

 - 怪談・実話系

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

マンドラゴラ、のようなもの。

俺は霊とかあんまり信じてないんだが、いわゆる妖怪ってのはいると確信している。 今 …

森の中から聴こえる声

  私が東南アジアのとある国に仕事で行っていた時の事。 2007/10 …

心の瞳

自分が中学生のころ。 850 :あなたのうしろに名無しさんが……:2003/11 …

霊感守護少女

十年来の友人に、翔子ちゃんというものすごく霊感の強い子がいる。 627 :本当に …

霊感のある母親が病院でみたもの…《タカダ・コーポレーション大貫幹恵》

人志松本のゾッとする話 タカダ・コーポレーション 大貫幹恵さんのゾッとするお話。 …

夏休みのキャンプで起きたこと

小学四年生の頃。体が弱くいじめられっ子だった俺は、親の意向である格闘技を習い始め …

深夜のコンビニバイト

昔、コンビニバイトの夜勤してた時。 633 :本当にあった怖い名無し:2015/ …

ホイド女

俺が大学生のとき、週末だけバイトしてた某ファミレス店での話。 162 :本当にあ …

トイレの先客

  俺が実際に体験した話。 高校の修学旅行。 深夜二時を回ってみんなが …

エリーゼのために

病院にまつわる幽霊系の話はよく聞きますが、自分ではひとつしか体験したことがありま …