【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

酔っぱらいタクシー乗客

      2016/07/23

Sponsored Link

 

先日帰省した時にタクシーの運ちゃんしてる弟から聞いた話を書いてみる。

734 本当にあった怖い名無し 2011/10/07(金) 14:28:44.05 ID:HUn8SP8p0

夜0時近い時間に駅近くでサラリーマンらしいスーツ姿の男を乗せたらしい。

ところがその男ひどく酔っ払っていて、乗ったもののはっきりと行き先を告げず

「真っすぐ走れ」だの「今の交差点左だったのに!」だの、あげく「こんなんじゃ代金払えねーなぁ」とか言い出した。

弟は「払えない」と聞いた時点でタクシーを止めて、ドアを開けて

「お客さん、悪いけど代金払うつもりないんだったらここで降りてくれる?ここまでの代金いらないから」

と言ったらしい。

当然なんか大声で文句を言ってくる酔っ払い男。

その時、視界の隅に人影が写ったのでそっち見たら、タクシーの開けているドア側にある歩道に女性が立ってたんだって。

ポニーテールで白っぽいワンピ+黒のレギンス。おとなしそうな感じの子。

ちょっと困ったような顔をしてこっちを見ていたので、もしかして乗りたいのかな?って思ったのと、早く酔っ払い男を降ろしたかったので、

「お客さん、悪いけど次のお客さんがいるし早く降りてくれない?」って言ったんだって。

そしたらその酔っ払い男「あぁ?」とか言って、開いてるドアから身を乗り出した。

弟は女性に危害が及んだらまずいと思って運転席から出たんだけど、男は女性の顔を見たとたん、飛び跳ねるみたいな勢いで奥の席まで体を移動して

「車出して!」って言ったらしい。

いや、お前を乗せていく気ないしと思ってたら、男が

「早く!お金もちゃんとあるし先に払うから!」と五千円札を渡してきた。

まぁ金を渡してくれたなら……と思って

「じゃあまぁ乗ってっていいですけどね」

って言ってから、とりあえず待ってる女性に謝っといたほうがいいかな?と思って女性のほう見たら、にっこり笑ってこっちに向かって頭を下げたから、事情をわかってくれた、と思って弟も「すんませんね」って軽く頭を下げてタクシーを出した。

その後何事もなく男を家まで送ったんだが、五千円もかかる距離じゃなかったしおつりを渡そうとしたら「つりはいい!」って叫んでそのまま走って家の中に入っていったらしい。

不思議に思いながらタクシーを出そうとしたあたりで目の前……というか少しはなれた街頭の下にさっきの女性が立っている。

似た洋服着た別の女性……と思いたかったが、その女性が弟の方を見て頭を下げたのを見てゾッとしたらしい。

だってタクシーで走った距離的に言っても、生きた人間とは思えなかったし。

何よりも景色からなんか浮いて見えるな、と思ったら影がなかったし。

弟はそのままバックで交差点まで下がってから向きを変えて会社に帰ったらしい。

バックで下がる間に女性の姿はいつの間にか見えなくなってたらしいけど。

で、それから何日かしてタクシー会社に電話があったんだって。

要約すると

「この前お前んところのタクシー乗ったら途中で降ろされそうになった上つり銭渡しやがらなかったぞゴラァ」

弟は、あー、絶対あん時の酔っ払い男だわーって思った。

でも会社にその件の経緯はすでに話してあったから、事務の人が対応してくれたらしいんだけど、とにかく家にわびにこいの一点張り。

住所と名前、電話番号聞いときましたけど、どうしますかね?って上司も交えて話し合ってたらまたその男から電話。

今度は上司が対応したけど、何か変な応対。

電話が切れた後、弟が聞いたら

「さっきの件は自分の勘違いだったからこなくていいです。オレの住所誰かに聞かれても絶対教えないでください」

とか言って電話が切れた、と。

「あの女性の霊は絶対あの男がらみだと思う。電話からして絶対あの男のせいで自殺したとかやね」

と弟は言ってたが、自分にはそれ以上に気になる事があった。

弟よ、多分その女性、お前が「乗ってっていい」って言ったからお前のタクシーに乗って酔っ払い男の家までいけたんだと思うぞ。

(了)

 

あなたのとなりの怖い話大百科

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

煎餅の味

  俺は銀行員。あるパチンコ屋から融資の依頼があった。 2009/09 …

ホームヘルパーがすぐ辞める家

ホームヘルパーってあるでしょ? 783:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009 …

首のない遺体【聞くと呪われる系の話】

とある、結婚を控えた男女が居た。 105: 本当にあった怖い名無し:2009/0 …

ハナシバ

僕が高校生の時の話です。 夏休みに、友人の門倉の家に泊まりに行きました。 たしか …

ホタルの飛ぶ夜に

北東北のある人が、夏の盛りにフライフィッシングに出かけた。 818 :本当にあっ …

おくりぼっこ

今は昔。頃は夏。二度目の田舎への一人旅での事。 2005/07/13(水) 07 …

飛頭蛮(ひとうばん)

  中学生の時の体験。 私の部屋と父の部屋はフスマで仕切られている。 …

化けねずみに頭を半分かじられても闘い抜いたブチ猫の話し

猫、忠義に身命を賭す(耳袋より) 昔、大阪のとある所に河内屋惣兵衛という町人の家 …

温泉施設の黒歴史

これは私の父が体験した一昨年の夏の話。 2009/07/25(土) 23:35: …

変な高校生~コンビニ店員シリーズ01

俺コンビニで早朝バイトしてる20代なんだが、 7時45分から8時15分くらいまで …