【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

酔っぱらいタクシー乗客

      2016/07/23

Sponsored Link

 

先日帰省した時にタクシーの運ちゃんしてる弟から聞いた話を書いてみる。

734 本当にあった怖い名無し 2011/10/07(金) 14:28:44.05 ID:HUn8SP8p0

夜0時近い時間に駅近くでサラリーマンらしいスーツ姿の男を乗せたらしい。

ところがその男ひどく酔っ払っていて、乗ったもののはっきりと行き先を告げず

「真っすぐ走れ」だの「今の交差点左だったのに!」だの、あげく「こんなんじゃ代金払えねーなぁ」とか言い出した。

弟は「払えない」と聞いた時点でタクシーを止めて、ドアを開けて

「お客さん、悪いけど代金払うつもりないんだったらここで降りてくれる?ここまでの代金いらないから」

と言ったらしい。

当然なんか大声で文句を言ってくる酔っ払い男。

その時、視界の隅に人影が写ったのでそっち見たら、タクシーの開けているドア側にある歩道に女性が立ってたんだって。

ポニーテールで白っぽいワンピ+黒のレギンス。おとなしそうな感じの子。

ちょっと困ったような顔をしてこっちを見ていたので、もしかして乗りたいのかな?って思ったのと、早く酔っ払い男を降ろしたかったので、

「お客さん、悪いけど次のお客さんがいるし早く降りてくれない?」って言ったんだって。

そしたらその酔っ払い男「あぁ?」とか言って、開いてるドアから身を乗り出した。

弟は女性に危害が及んだらまずいと思って運転席から出たんだけど、男は女性の顔を見たとたん、飛び跳ねるみたいな勢いで奥の席まで体を移動して

「車出して!」って言ったらしい。

いや、お前を乗せていく気ないしと思ってたら、男が

「早く!お金もちゃんとあるし先に払うから!」と五千円札を渡してきた。

まぁ金を渡してくれたなら……と思って

「じゃあまぁ乗ってっていいですけどね」

って言ってから、とりあえず待ってる女性に謝っといたほうがいいかな?と思って女性のほう見たら、にっこり笑ってこっちに向かって頭を下げたから、事情をわかってくれた、と思って弟も「すんませんね」って軽く頭を下げてタクシーを出した。

その後何事もなく男を家まで送ったんだが、五千円もかかる距離じゃなかったしおつりを渡そうとしたら「つりはいい!」って叫んでそのまま走って家の中に入っていったらしい。

不思議に思いながらタクシーを出そうとしたあたりで目の前……というか少しはなれた街頭の下にさっきの女性が立っている。

似た洋服着た別の女性……と思いたかったが、その女性が弟の方を見て頭を下げたのを見てゾッとしたらしい。

だってタクシーで走った距離的に言っても、生きた人間とは思えなかったし。

何よりも景色からなんか浮いて見えるな、と思ったら影がなかったし。

弟はそのままバックで交差点まで下がってから向きを変えて会社に帰ったらしい。

バックで下がる間に女性の姿はいつの間にか見えなくなってたらしいけど。

で、それから何日かしてタクシー会社に電話があったんだって。

要約すると

「この前お前んところのタクシー乗ったら途中で降ろされそうになった上つり銭渡しやがらなかったぞゴラァ」

弟は、あー、絶対あん時の酔っ払い男だわーって思った。

でも会社にその件の経緯はすでに話してあったから、事務の人が対応してくれたらしいんだけど、とにかく家にわびにこいの一点張り。

住所と名前、電話番号聞いときましたけど、どうしますかね?って上司も交えて話し合ってたらまたその男から電話。

今度は上司が対応したけど、何か変な応対。

電話が切れた後、弟が聞いたら

「さっきの件は自分の勘違いだったからこなくていいです。オレの住所誰かに聞かれても絶対教えないでください」

とか言って電話が切れた、と。

「あの女性の霊は絶対あの男がらみだと思う。電話からして絶対あの男のせいで自殺したとかやね」

と弟は言ってたが、自分にはそれ以上に気になる事があった。

弟よ、多分その女性、お前が「乗ってっていい」って言ったからお前のタクシーに乗って酔っ払い男の家までいけたんだと思うぞ。

(了)

 

あなたのとなりの怖い話大百科

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

150922_002
一家全焼

俺が死ぬほど怖いと思ったのは、母親から聞いた話。 ある日、実家の近くで火事があり …

kowaihanasi-j
無性に塩分が摂りたい~コンビニ店員シリーズ02

10月中旬にちょっとした事があって、高校生(以下M)と少し親しくなった俺。 まあ …

150727_003
三角屋敷の怪

いつのころかあるのかは知りません。私が小学校に通い始め、物心ついたころにはその家 …

151025_003
稲生物怪録(いのうぶっかいろく)

稲生物怪録とは   江戸時代中期の寛延2年(西暦1749年)に、備後三 …

tanabatakaidan
七夕怪談

  小学校のクラスメイトに慎一郎というのがいて、父親は地元の名士で、有 …

wonna
釣り場の女

夜釣りやってたんだけど、普通四、五人はいる堤防で一人だった。 561 :本当にあ …

okitunesama
お狐様と山神様

  1999年、中学一年生の時の話です。 秋田県に住む婆ちゃんに会いに …

31-nagekukoe
嘆く声

第31話 嘆く声 大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談 私は二十三歳の女性です。 これか …

40-ijigentown
異次元の町

第40話 異次元の町 大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談 始めにお断りしておきますが、 …

img1087
謎のノート

荷物を片付けるため、夏の暑い日に久々に母方の祖父の家を訪ねた。 308 :本当に …