【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

【稲川淳二】夜窓人面浮遊考【ゆっくり朗読】161

      2021/05/23

Sponsored Link

私がレギュラーをしていた番組があるんですよ。

若い子が対象の番組でね。

曜日のレギュラーをやっていたんです。

私がその番組を辞めて何年か経った頃、その番組の500回記念だっていうので、呼ばれていったんです。

こういうお話をしてますから、私の受け持ちは怪奇な部分の話しだったんですが、私のスケジュールの都合で、出るのが他の曜日になっちゃったんです。

そうしましたら、「稲川さん、こういう写真があるんです。これを読んで紹介して下さい」って、心霊写真を渡されましてね。

それは既に番組で紹介した物なんだけど、特に人気のあった物だっていうんです。

見てみると、「車の中に笑った顔の居ないはずの女性が写っている」とか、「子供の足に骸骨が刺さっている」写真だとか、そういう物なんです。

それで、その中の一枚の写真を紹介した時に、みんながキャーって叫んだんです。

それは宴会場の写真なんです。

みんなが騒いで、部屋の中を動いている写真なんだ。

御膳の周りを走っている人だとか、手をあげている人だとか、色んな人がいるんだ。

それでね、みんなが写っている後ろ、バックは大きな窓ガラスなんだけど、カーテンが開いてるんですよ。

外は真っ暗だから何も写っていないんだけど、その向こうに4つの青い点があるんです。

これね、よく見たら人間の顔なんです。髪の毛のない。

歯は食いしばってニーって開いてるんですよ。

で、目玉はまん丸で、同じ顔が4つ並んで笑ってるんだ。

140929_004[夜窓人面浮遊考:フジテレビ「夕やけニャンニャン」で放送]

この宴会場は建物の中でも一番上の階だったんで、ここに顔が写るわけがない。

建物の中に居るやつも、そんな冗談は出来るわけがない。

そこに居た人は写真を焼くまで気が付かなかっていうんですがね…これが本物だっていうんです。

私も「これは凄いね、気持ち悪いね」って話しをしてましたよ。

それでその番組が終わった後に、私はすぐにロケに行ったんですよ。

車に乗っていくんですが、現地に着くのは夜中なんですよね。

そして、ほとんど寝れない状態で、長野県のある村へ着いたんです。

もう時計は夜中をすっかり回ってますよ。明日は朝一番からからロケがあるわけですから。

宿に着きましたら、そこの従業員さんが「どうぞお待ちしておりました」と眠そうな顔をして出て来てね、「稲川さん、こちらのお部屋です」って階段を上がっていってね、一番奥の部屋へ通されましたよ。

「じゃあこれで十分なんで。おやすみなさい」って、私は一人で部屋に入って一息ついてね。

それで何気なく部屋を見ると、カーテンが開いているんですよ。

普通さ、そんな夜中だったらカーテン閉めておくでしょ?それが開いてるんですよ。

それを見た時に私ね、あれ?これはどっかで見た景色だな……って思ったんです。

窓の向こうは真っ暗なんです。山が写っているから、景色がない。

でも、私は次の日は朝一からロケですからね。

もう寝ようとしているから、押入を開けて布団を出したんです。

敷布団を敷いて、布団カバーも敷かないまんま、掛け布団を引っ張りだした。

それでパンツ一丁になって、掛け布団をかけようと、ひょいと見た。

そしたら、掛け布団のカバー。ちょうど私の顎が乗るあたりの所。

そこにね、直径10cm位の血の染みがポツンとついているんですよ。

それも洗った後もない、そのままの状態で。まだ少し赤みがある。縁が黒ずんでね。

誰かが鼻血でも垂らしたのかな?とも思ったけど、そんな事あるわけない。

まして旅館でもって、そんな布団を出すわけがない。

さすがに気持ち悪かったから、そのままそれを畳んでしまい込みましたよ。

それで下の布団を出して掛けた。

でも、なんだか寝る気がしないんだ……気持ち悪くて生理的にも嫌だから。

だからね、広い部屋だったんで御膳を挟んで反対側に座布団を三つ敷いて、また服を着て、ポケット瓶を取り出して飲み始めたんです。

それでゴロンと横になった。

そしたら、もう身体は動かないんですよ。

なんせ、ぶっ通しで仕事をした後に、何時間も車で移動してきてますからね、だるくてね。

それで何時間かわからないけど、眠っちゃ覚め、眠っちゃ覚めってのを繰り返してたんだ。

そうしましたらね、誰かが入ってきたんだ。畳を歩く音がするんだ。

一緒に行っているのは、私とディレクターとカメラさんと音声さんと照明さんと五人で、私の他に四人が居るんだ。

それで誰かが入ってきて、私の上まで来て、ひょいっと私を覗いて、私の顔をジーっと見てるんだ。

だから私は、「まいったよ……ダメだよ体がダルくてさ、もう動けないよ」って言おうとしてるんだけど、声が出ないんだ。

で、彼も私をジーっと見てるんだ。そしてそのうちに彼は帰っちゃったの。

しばらくして気配がするから見ると、また誰かが私を覗いてるんですよ。

だから私は、「あーごめんね……体がダルくてさ、動けないよ」って言おうとしてるんだけど、声が出ないの。

で、彼は私をジーっと見てるんだ。それでそのうちに彼は帰っちゃったの。

で、またしばらくして気配がするんだけど、私は横向きに寝ているから、気配はするけど、その姿は見えない。

突然、顔が目の前にポンと出てくるんだ。

それで、私の顔から1メートル半位の位置で屈んで見ているから、「あーまだ寝ないの?」って言おうとしてるんだけど、声が出ないの。

結局四人来ましてね、帰って行ったんです。

私はそのままウトウトしていたんですけど、あー寝ないとだめだ……

具合が悪いや。でも明日もあるからちゃんと寝ないと……って思いながらね、半分寝たような状態で布団まで行ったんです。

それでまたパンツだけになって、掛け布団を掴んで、ひょいっと掛けようとした瞬間……

半分寝たような感じだった頭がスッキリっとしたんです。

それで、あ、そういえば俺の所に四人来たよなって思ったんです。

で、次の瞬間ですよね……

違う!違うんだ!!あれは一緒に来たスタッフじゃないんだ)って思った。

見たこともないやつなんだ。丸い顔をして、歯をニーっと剥き出して俺の事を見てたのは、あの四人なの。

次の日の朝、私は寝れないから早めに起きたんです。

そしたらね、他のスタッフもみんな早く起きてきて、口々に「なんかあそこ寝れなかったよな?」って言ってるんだ。

わけもなく、皆が寝れなかったって言ってるんですよ。でも、みんなその原因がわからないんです。

でも、僕がみたのはそうだったんです。その四人だったんです。

そういう経験がありましたよ。

(了)

Sponsored Link

 - 稲川淳二

[PR]

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【稲川淳二】バス停【ゆっくり朗読】207

【稲川淳二】バス停【ゆっくり怪談】 季節は秋の深まった11月。 中年のご夫婦が、 …

【稲川淳二】病院裏の火葬場【ゆっくり朗読】268

【稲川淳二】病院裏の火葬場【ゆっくり怪談】 病院の話なんですが、神奈川県の会社に …

【稲川淳二】高校生の姉妹【ゆっくり朗読】114

【稲川淳二】高校生の姉妹【ゆっくり怪談】 霊というのは決して怖いばかりではない。 …

【稲川淳二】大きな顔【ゆっくり朗読】1562

【稲川淳二】大きな顔【ゆっくり怪談】 あまりこの後味が良い話ではないんですがね… …

【稲川淳二】杉原医院【ゆっくり朗読】217

【稲川淳二】杉原医院【ゆっくり怪談】 四国の話なんですがね 杉原医院という町の診 …

【稲川淳二】夜汽車での話【ゆっくり朗読】941

【稲川淳二】夜汽車での話【ゆっくり怪談】 番組で網走の流氷を撮りにいこうという事 …

【稲川淳二】豹変【ゆっくり朗読】227

【稲川淳二】豹変【ゆっくり怪談】 これは怖いですね。頭っから馬鹿にして見くびった …

【稲川淳二】幽霊屋敷【ゆっくり朗読】218

【稲川淳二】幽霊屋敷【ゆっくり怪談】 霊が住み着くところって色々ありますよね。 …

【稲川淳二】乗客は死神【ゆっくり朗読】193

【稲川淳二】乗客は死神【ゆっくり怪談】 この話はね、怪談といえば怪談なんですよ。 …

【稲川淳二】長い遺体/サーファーの死【ゆっくり朗読】228

【稲川淳二】自殺の名所【ゆっくり怪談】 長い死体 私の友人に、お坊さんがいるんで …