【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

山の上の託児所

   

Sponsored Link

私の母が体験した三十年くらい前の話。

当時、神奈川県にけっこう大きなキャバレーがありました。

母は新聞の募集欄を見て、アルバイトの面接に行きました。

内容は、ホステスさん達の幼い子供さん達を、勤務時間中に面倒をみてあげるというもの。意外にもすんなりと採用されました。

翌日、お店のボーイさんに案内され、山のずーっと上の方にある一軒家にたどり着きました。

建物は古いなりに修繕されてはいたけれど、玄関から一歩足を踏み入れた途端、もうぞぞぞ~っと総毛だち、足が震え、中に入るのもやっとだったそうです。

中には幼い子供達がいたんですが、みんなやけにおとなしい。

見ると寝ているんではなく、恐怖におびえ縮こまっている感じだった。

普通、幼い子なんぞははしゃぎ回っているものです。

驚いたのは、ボーイさんとたずねていった時、だーれも面倒をみている大人がついていなかったことです。

建物内の各部屋を見回ると、誰かがこちらをじっと覗き込んでいる視線を感じた。

特に子供達がいる部屋にある、廊下側に通じる覗き窓からは強い視線を感じたそうです。

母は振り向き、ボーイさんに声をかけたけれど返事がない。

見ると玄関の外に立っていて、入ってこようとしなかったそうです。

とりあえず外に出て、今は誰が面倒をみているのですか?と質問すると実はすぐにやめてしまうもんで……と答えていたそうです。

ボーイさんは、それではよろしくと一言残し、さっさと逃げるように行ってしまった。

母は怖いけれどがまんをして中に入り、子供達の面倒にとりかかった。

夜も更けた十一時頃、突然建物全体はザザザザッと振動したそうです。

うわっ地震かな?と身構えると、再びザザザザッと建物全体が揺れた。

テレビを点けたけれど、さっきまでは点いたテレビがなぜか点かない。

母はどうしたことかと思案にくれ、建物の表に出て見渡したところ、とんでもないことに気がついたそうです。

今目の前にある、建物だけがガガガッと揺れ、周囲にある塀や木などが全く揺れていなかったそうです。

母は、もーー怖くなって絶叫してしまったそうです。

まさか子供達を置いて逃げることもできず、泣くしかなかったとか。

もちろん、その日一日で母は仕事をやめてしまったそうです。

後日聞いてわかったことなんですが、その建物は家鳴り震動を起こす不気味なオバケ屋敷として、地元では有名なところだったそうです。

(了)

 

怪談彼女 [ 永遠月心悟 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

スパゲティ屋の若奥さん

  潰れて空いた店舗は借りるな 潰れるには潰れる理由が店舗にあるからだ …

コンビニモニター

後輩の早水は某コンビニで深夜バイトをしてたらしい。 618 : 2005/08/ …

【岡本綺堂傑作選】 お住の霊

これは小生の父が、眼前に見届けたとは申し兼るが、直接にその本人から聞取った一種の …

稲生物怪録(いのうぶっかいろく)

稲生物怪録とは   江戸時代中期の寛延2年(西暦1749年)に、備後三 …

三番座敷

あたしがまだ高校生の頃、当時首都圏では有名なフランチャイズの居酒屋でバイトしてた …

ホタルの飛ぶ夜に

北東北のある人が、夏の盛りにフライフィッシングに出かけた。 818 :本当にあっ …

追いかけてくる少女

21世紀になったばかりの年、俺が体験した関東某県の田舎町での出来事。 2005/ …

病院の怪談Ⅲ ~ 最期の会話

一緒に働いていた友人の話 528 :本当にあった怖い名無し:2015/09/16 …

赤ちゃんマンといっしょ

俺の息子;タケ。今はもう成人してるんだけど、今年の正月に帰省してきた時に珍しく一 …

小さな手の跡

学校につきものの怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。 9 :「小さな手」:2 …