【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

山の禁忌

   

Sponsored Link

子供の頃、近所のおじいさんに聞いた話です。

そのおじいさんは若い頃一度事業に失敗し、実家の田舎に帰ったそうです。

その家には持ち山があり、色々謂れもあったらしいのですが、若い頃に学業の為上京した彼は、その謂れなるものを全く知らなかったそうです。

さて、ある日彼が山を歩いており、ふと茂みを覗くと、一羽の兎が居たそうです。

しかし『兎だ』と思ったのは、単に耳が長かったからで、実の所、見なれている『兎』とは大分違う生き物であったとの事。

毛もなく目も開いておらず、簡単に言うと『生まれたての子兎』のようだったとか。

しかし、大きさは紛れもなく野兎のそれであったそうです。

しかもよく見ると、その兎は酷く怯えており、彼が近付いても動こうともしません。

よく見ると、後ろ脚が罠にかかっているようでした。

罠と言っても彼の見た所、細い草に引っかかっている様にしか見えません。

彼は別に何の気もなく、罠を外してやったそうです。

そしてふざけて「恩返しをしろよ」と兎を見ると、先に語った姿の醜悪さなものですから、突然腹の底からゾッとし、逃げ帰ったそうです。

おじいさんは帰宅後、これを家の人に話しました。

すると、家に来ていた分家筋の人たちが一斉に厳しい顔になり、「直ぐに出て行け」と言い出し、彼は新妻諸共叩き出されたそうなのです。

彼はいたく憤慨しましたが、それから年経るにあたって、なんとなく理由を理解しました。

奥さんは三度流産し、結局子供が出来ませんでした。

「たぶん、あれは山の神様への生け贄で、自分が勝手に逃がしてしまったのだろう」

と、おじいさんは言いました。

重ねて、実は村からたたき出された直後、あんまり腹が立つので、一度件の山に行ったのだと言いました。

兎の居た辺りで気配を感じ、ふと上を見上げると、錆び付いた斧が自分めがけて落ちてくる所で、慌てて飛び退いた、と。

「たぶんあの時、自分が腕なり脚なりを切って捧げていれば、子供は助かったかもしれない」とも。

おじいさんはとてもいい人でしたが、それでもタブーを犯してしまった。

報いを受けなければならないのだな、と思いました。

ちょっと哀しかったし、怖かったなあ……

(了)

 

厨坊アサシン [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 山にまつわる怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

山に愛されすぎた男

  山の中の山盛りのどんぶり飯の話。 206 :2012/08/23( …

山菜採り

俺の兄貴が小学生のころの(俺が生まれる前の)話。 兄貴が小5の春ごろ、おじいちゃ …

山岳救助隊

おれのじいちゃんは、三ヶ月に一回は山に登る山好き。 599 :本当にあった怖い名 …

ソンショウダラニ

ある男が一人で山に登っていた。 582 :文鳥ちゃん:04/03/08 00:3 …

澤釣心靈奇譚

文才ないから上手く書けるか判らんけど、俺の唯一の心霊体験を。 39 :本当にあっ …

廃火葬場にまつわる話:五題

廃火葬場にまつわる話 455 :雷鳥一号:2003/11/11 22:00 以前 …

竹藪山の道案内

小学生の頃の話。 2004/05/15 12:27 ID:YSSTlOPh 早朝 …

片目の大イワナ

秋田・岩手の県境の山里に住む、元マタギの老人が語ってくれた、怖くはないが印象的な …

女ひとり山道走る

旦那の実家に交代で運転しながら車で帰省したんだけど、旦那が急用で会社に戻り、出張 …

ジンカン【名作・怖い話】

「人間をついばむカラスはすぐ殺せ」 原著作者「怖い話投稿:ホラーテラー」「匿名さ …