【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

山で出会った不思議なおばさん

      2017/03/26

Sponsored Link

 

先週本当にあったこと。ようやく気分が落ち着いてきたので書いてみる。

850 :本当にあった怖い名無し:2012/08/11(土) 16:06:01.82 ID:/ycauDX60

山歩きに興味をもって地元の山をいくつか経験後、隣県の山に初チャレンジ。

登山というよりハイキング、ウルトラライトトレッキングというやつだ。

一応最低限の装備は用意している。

大雨の後で、すべりやすい岩石の多い山だった。

初めての山だったし無理はしないタチなので、頻繁に休憩を入れながらのんびり上っていた。

後から登る人に抜かれても気にしない♪

大雨は去ったものの、空には暗雲がたちこめて辺りは薄暗い。

天気予報は『くもりのち晴れ』だったのだが山の天気は変わりやすい。

足をとられそうな岩に気をつけながら慎重に登る。

しだいに辺りはガスが濃くなってきた。

疲れて小休止しようと思い、ふと振り返ると…

数メートル後ろから白いチューリップハットのオバサンが登ってくる。

普段なら「お先にどうぞ♪」と先を譲るところだ。

だがそのオバサン、身なりは登山者にありがちな白っぽい服で、特におかしなところはないのだが、何となく薄気味悪い。

うつむいたまま登ってきているため表情は見えない。

とっさに抜かれちゃいけないと感じた。

オバサンに抜かれるのはみっともないという気持ちもあったかもしれない。

中継の休憩所まではあと10分ぐらいのはず。

林の中でガスも出ているため昼だというのに辺りは薄暗い。

雨まで降り出したが、雨足はそう強くない。

なに、もうすぐ休憩所だ。

自分にハッパをかけて歩き出した。

数十メートル歩いて振り向くとオバサンも登ってきている。

「うぜぇぇぇぇ」と心の中で舌打ちしながらペースを上げた。

すると目の前にわりと大きな木が倒れている。

倒木をさけようとして濡れた石で滑り、思い切り転倒した。

「いててて失敗失敗♪」とテレ笑いでごまかしながら振り返ると、そこにいるはずのオバサンの姿が見えない。

あれ?すぐ後ろだったのに?気合入れすぎて引き離したのかな?

Sponsored Link

ともかく思い直し、再び登り始めようとした瞬間絶句した。

ガスのすきまからのぞいた先は、切り立ったガケになっていた。

思わずヘナヘナと座り込んだ。

もし転倒しないで調子に乗って倒木を超えていたら……

おそらく体勢を整えるまもなく落ちていただろう。

道に迷ったのだ。

ここはマニュアルどおり、今きた道を引き返そう。

100メートルぐらい戻ったところで分岐を見つけた。

オレが登った方角には、通行できないことを示すロープが張ってあった。(というか地面においてあった)

「おかしいな、登るときには気づかなかったけど……あ!」

そう、あのオバサンを発見した地点なのだ。

オバサンに気をとられて見落としたのだろう。

何たるドジ。きっとオバサンは正しい道を進んだのだ。

雨足が強くなってきた、急がなければ。

正しい道を登り始めてほどなく休憩所についた。

幸いそんなに濡れていない。しばらくすれば乾くだろうし、雨具も持参している。

休憩所といっても要するに掘っ立て小屋なんだけど、雨風がしのげるだけでもありがたい。

軒下で休んでると、小屋の中にいた人が中に入るよう声をかけてくれたので遠慮なく中で休ませてもらうことにした。

中には六人の登山者が食事をとったり道具を手入れしたり、思い思いに過ごしている。

何となく世間話をしながらの雨宿りとなった。

「女の人はこの雨の中もう登っていかれたんですか?」

ずっと気がかりだったことを聞いてみた。

先に上ったはずのオバサンがいなかったからだ。

人のよさそうな年配の登山者が不思議そうな顔で答えた。

「女の人なんてだれも来とらんよ」

「え?すぐ先に女の人がいたんですが?」

「もう1時間ぐらい雨宿りしとるが来とらんね」

そんなはずはない。

転倒したり引き返した時間のロスはあったけど、せいぜいオバサンに遅れをとったのは一五分程度ぐらいだ。

たとえオバサンが休憩所に寄らなかったとしても、ここから登ろうとすれば中にいた人は気づいたはずだ。ある嫌な想像が頭に浮かんだ。

小一時間たったが天候は回復しない。

オレは登山をあきらめて雨具を着込み、そのまま下山した。

途中イヤでもあのオバサンのことが脳裏をよぎる。

あのオバサンはもしかしたらオレを追い込んでガケから落とそうとしたのではなかったのか。

だって、休憩所に行かずに引き返したのならオレとすれちがったはず。

数日間はイヤな気持ちが抜けなかった。

だが、今のオレは感謝の気持ちで一杯である。

あそこで転んだのはだれかが救ってくれたような気がしてならないからである。

登山道の入り口にあった神社の神様か山の神様か、それともご先祖様かはわからないが。
(了)

 

奇々耳草紙呪詛 [ 我妻俊樹 ]

Sponsored Link

 - 山にまつわる怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

jinjya140529_003
オオカミ様の神社の修繕【オオカミ様・宮大工シリーズ01】

俺が宮大工見習いをしてた時の話。 だいぶ仕事を覚えてきた時分、普段は誰も居ない山 …

yamakowa2
ガードレールの女

昔、走り屋の真似事をやっていた時のこと。 イニシャルDみたいなやつね 頭文字D …

yamakowa_007
冬登山で見たもの

数年前、私がとある雪山で体験した恐怖をお話しようと思います。 295 : 200 …

img0095
山上の野池

  大阪の熊取ってとこの山の上に、ちっちゃい*リザーバーみたいな野池が …

img0294
テントの外からすみません

  十五年ほど前の春過ぎごろ 734: 名無しさん 2014/06/1 …

musume-tureteikareru
娘が連れて行かれそうになった話

  娘が連れて行かれそうになった話を聞いて欲しい。 1 :名も無き被検 …

img0723
アンちゃん子

うちの会社の部長、若い頃『林業』やってたんだって。 854 :後ろを見るな:20 …

agaribito
●アガリビト

山は怖い。何が怖いって幽霊とか動物とか天候とか色々あるけど、一番怖いのは人間。 …

151019_009
ミヤマの木

小学三、四年生頃の話。 228 本当にあった怖い名無し 2006/10/15(日 …

hisaru
飛猿(ヒサル)

知り合いの話。 373 :雷鳥一号:2003/11/29 23:11 もうずっと …