【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

幽谷響の夜

      2017/09/01

Sponsored Link

俺は従兄弟達の家には二度と行きたくない。

2009年の夏の話。

俺は従兄弟に誘われて、従兄弟の家に行った。

茨城県の山の奥深い所で、人の気配もなく田んぼがずらーっとならんでいた。

夏とは思えないほど涼しく、とても居心地の良い所だった。

従兄弟達とは昔から仲が良くて、小さい頃はしょっちゅう遊んでいた。

従兄弟は四人いて二人は仕事を探しに東京に行っていた。

あとの二人は父親の跡継ぎで農業をしていた。

そんな従兄弟の家に泊まっていたある日の夜。

深夜友達とメールをしていて、そろそろ眠くなってふとんで寝ようとした時、変なニュアンスで

「いいいいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃ……」

と山から吃驚するほど大きな山彦が聞こえ、俺は布団から飛び上がった。

ありえない。こんな夜中に、ほとんど明かりが無い山に入る奴はいない。

今まで従兄弟達の家に何回も宿泊させてもらっているが、こんなことは一度もなかった。

俺は急いで従兄弟達を起こしに行ったが、従兄弟達は既に起きていた。

従兄弟のうちの兄の方がびっしり汗を掻きながら俺に言った。

「まだ起きてたのか、もう寝ろ!!」

かなり焦っていたようだ。

「何があったの? 今のは何?」

「お前は今すぐ寝ていろ!」

あまりの形相にビビったが、部屋に戻るふりをして壁ぎわに隠れていた。

すると弟の方が

「どうすっぺ兄ちゃん!!」

「分からん……。とりあえずアレ持って来い」

弟は縁側から真っ暗な外に出て、錫杖と30cmくらいの古い木箱から大量の古い紙切れ、それと運動会の綱引きで使うような縄を持ってきた。

しかし俺が覗いているのを従兄弟にバレてしまい、兄に

「お前は部屋に戻れ!それと俺達は今から山に向かうから、お前は家のすべての窓やドアに鍵を掛けていろ。一切開けては駄目だ。外から足音がしたり、気配がしたりしても一切窓を覗くんじゃない、いいな?」

俺は半分恐怖と半分意味が分からないといったような感じで首をかしげて頷いた。

そして従兄弟達は真っ暗闇の中、懐中電灯を持ち、シャリシャリと錫杖を鳴らしてお経みたいなのを唱えながら山に行ってしまった。

俺は大急ぎでトイレや台所、居間の窓を閉め、玄関の鍵をし、部屋の鍵をし、従兄弟達が帰るのを待っていたんだ。

従兄弟達の姿が見えなくなり、窓のカーテンを閉めて、恐怖に怯えながら部屋に篭った。

しばらくして急に風が強くなり家の玄関が窓が風で揺らされた。

すると家の周りから大量の足音が聞こえだした。

しかも何か呟いている。

「ショウヨオドリマワリタシ……」

その声は徐々に大きくなってった。

もう窓のすぐそばで言っている様な感じだった。

心臓の鼓動がさらに高まってった。もう破裂するぐらい。

その瞬間カーテンの隙間からその足音の正体が分かってしまった。

かなり小柄な信じられないくらいガリガリにやせ細った目が異常にデカい少年だった。

その上、その少年と目が合ってしまった。

俺は身体を硬直させ、すると、あの山彦の時と同じようにまたあの異常なニュアンスの

「いいいぃいぃいぃいぃいぃ」

という声が聞こえ出した。

泣きながら目を瞑って

「南無阿弥陀仏……南無阿弥陀仏……」

と呟いていた。早く従兄弟帰ってきてくれと感じながら。

その緊迫の状態が20分ぐらい続いた頃、シャリシャリと音が聞こえた来た。

その瞬間人生で初めて小便垂れ流し涎垂らして泣きながら気を失った。

Sponsored Link

目を覚ますと従兄弟の部屋だった。

兄弟で何か話し合っていた。

しかし俺が起きたのを見ると話をやめて、兄の方が俺に謝ってきた。

「申し訳ねぇな清助……今回は運が悪かったんだ。忘れとけ」

縁側には無数の小さな足の形をした足跡があった。

俺があれはなんだったのかと尋ねたが、二人とも

「お前が知ることは無い」

しか言わず、結局後日家に帰ることになった。

まだあの日から1年だが、忘れられない日になってしまった。

いつも行っていた従兄弟の家にも、もう行っていないし行きたくも無い。

連絡もとってない。

長文申し訳なかった。こいつに関する情報あったら教えてくれ。

少しでも情報が欲しい。場所は茨城県玉造町だ。

 

538 本当にあった怖い名無し New! 2010/07/09(金) 17:08:15 ID:zgN1oa8YO
Googleで『茨城 玉造町 祟り』検索で夜刀神(やつのかみ・やとのかみ)ってのがHitしたが関係ありそうか?

539 本当にあった怖い名無し sage New! 2010/07/09(金) 17:13:00 ID:ThH3e3OI0
ヤトノカミって豪族に滅ぼされた蛇っぽい神だっけ?
しかし玉造って割りと近くだな行ってみたい。

540 本当にあった怖い名無し sage New! 2010/07/09(金) 17:17:57 ID:4Am+Wall0
>>538
可能性は高そうだ。
孝徳天皇期には壬生連麻呂が禁地を破り堤を作ろうとしたときに、迫害され隠れたとされる。
兄が縄を持っていた=場所を区切る縄の可能性は高いと思われる。
禁地を破って来たから従兄弟が縄で区切りに行った?のかも知れん。
アレの正体がその蛇の祟りなのかは聞いてみないと分からないが……

544 本当にあった怖い名無し sage New! 2010/07/09(金) 17:35:21 ID:0kEtDQ9n0
蛇神イグが人間の女と交わり生んだ忌まわしき子が父を慕い呼び探しているものと思われ。

⇒ 夜刀(愛宕)神社

⇒ 蛇神イグ

(了)

 

闇の検証(第5集)霊能者・寺尾玲子の新都市伝説

Sponsored Link

 - 山にまつわる怖い話, 集落・田舎の怖い話

[PR]

Comment

  1. 日本武尊と鹿島さま より:

    茨城県は地域によって全く違う様相を見せるからな。
    現在、玉造町は鉾田市に合併されているはず。しかし初耳だな、この話。鹿行地域は、あまり行かないので。(行くとしたら、鹿島港と鹿島神宮くらいか?)
    鉾田市に知り合いがいるけど、そんな話知らないってよ。
    まあ、創作だろうけど。あまり、いい加減なこと書くもんじゃないよ。
    ちな、県南地域在住だ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

六甲山麓牛女

六甲山に出る『牛女』って知ってる? 43: 本当にあった怖い名無し:04/09/ …

オサキギツネと犬神

文化人類学の講義に出ていた先輩から聞いた、憑き物筋の話。 115 :本当にあった …

山の少年

中学時代、夏休みを利用して、友達と川釣りに行こうって話になりました。 夜中の午前 …

十九地蔵

俺の家は広島のド田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。 俺の村を富毛村、隣村を端下 …

藁玉祭

  近所の田舎神社のお祭りの話。 178 :本当にあった怖い名無し:2 …

縄懸けの木

うちのじいちゃんは土地持ちで、畑や田んぼや山を持っています。 95 :毒男 ◆B …

汁かけ飯

戦前、日本のどこかの鉱山で採鉱婦として働いてたおばあちゃんから聞いた話 789 …

鵺塚(ぬえづか)

むかし、秩父の荒川上流ダム群のあたりに、『イツザミ』という村八分にされた三戸ほど …

ヤマノケ

娘を連れて、ドライブに行った。 なんてことない山道を進んでいって、途中のドライブ …

ヤマメ

あれは母の実家から帰る途中の出来事。 母の実家はG県の田舎で夏はキャンプ、冬はス …