【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ヤマメ

   

Sponsored Link

あれは母の実家から帰る途中の出来事。

母の実家はG県の田舎で夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。

お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、三人で車に乗り出発。

久しぶりの事もあってか、祖父は大変嬉しそうに私達を迎え入れた。

一泊して自分達の家に帰る日の夜、祖父は月を見てこう言った。

「恵子……もう一泊してかんか?……わしゃ心配や……山道は暗いしなぁ……」

しかし私や弟が明日友達と遊ぶのを知っている母は丁寧に断った。

今思えばその時泊まっていけばよかった。

車の中で私は少し眠たくボーと外を眺めてた。

母は運転をしており、弟は眠っている。

母がたまに声を掛けてくれるも上の空で返答していた。

道は山道と言っても舗装されており、トラックが頻繁に通る為、二車線のスペースはあるが一車線になっている。

ライトが道路を照らしてゆっくりカーブを曲がると、一瞬白いものが見えた。

母に「今何かいたよね?」と声を掛けると、

「怖いから止めて」と怒られた。

その直後私の中に何か入ってきたのが分かった。

一瞬寒気がして、酒に酔ったかのような視界、まともに口が聞けなくて身体が動かない。

「あ……やばい……」って口にした瞬間、後ろで気配がした。

弟が起きている。助けを求めようとするが身体が動かない。

そして目線だけを送っていると、弟が急に背中をそり返した。

「あ”あ”あ”あ”あ”ーーーーーお”お”……!!!!」

と動物の叫び声のような奇声を発した。

そして私はスっと身体が楽になり弟を改めてみると、獣のような臭い。

目が見開いて、ヨダレを垂らし、そして叫び声……

母の方を見ると泣きそうな顔で弟を見ていた。

車はとっくにとまっており、母を外に連れ出した。

近くに民家があったので助けを求めると、

「ヤマ目にやられたか!」

と年配の方が言い、坊さんを呼べと家族に叫んでた。

Sponsored Link

私の記憶はそれまで。意識を失い気づいたら病院だった。

三日間も寝ていたらしい。

母が先生を呼び外出許可が出た。

弟の事は怖くて聞けなかった。でも気がかりになり病院の外で母に尋ねた。

「あのさ……剛は……?」

ピタっと笑顔がなくなり、こう言われた。

「……?だれ?それ? 子供はあなただけでしょ?」

はぁ?と思いふざけてるのかと思ったが母は本気だ。

急いで祖父に電話した。

「おじいちゃん!!お母さんが変!剛がいないって言ってる!」

祖父は途切れ途切れ泣きながら答えた。

「……あの時止めておけばよかった……わしは……恵子を……剛を……」

「……」

私はその時黙るしかなかった。

そして一ヵ月後退院許可が出た。

それと同時に母との別れとなった。

母と弟は精神病院に入院らしい。

何でこんなことになったか分からない。

三年経った今でも月に3回は母に会いに行っている。

弟には会わせてもらえない。

祖父が自殺して、ますます分からなくなる。

でも私は今でも生きている。それだけで十分だ……

追申

くねくねかどうか、わかりません……でもくねくねだったら私が発狂しますよね……

ハッキリ覚えてないんですが、何かが入ってきたときに、弟と叫びあってた気もします。

そして気づいたら、弟が目を覚ましてわけで……

もしかしたら、その時私も弟みたいになってたのかもしれません……

何かのキッカケで我に返って弟を見たから、私が気づく前から弟も発狂してたのかも……

|お世話になった(であろうと思われる)
|お坊様を探して
|『ヤマメ』について訊いてみる
|……とか無理かな?

退院してしばらく探したんですけど、民家の人が違ってました……引っ越したのかなぁ。

お坊さんもどこの人か分かりません……

ただ、自殺した祖父の遺書の中に、

『娘や孫が吸われた。中から吸われるのは苦しかっただろう。申し訳ない。
引き止めなかった自分が一番悪い。わしの苦しみで堪忍してやってくれ』

って文が書いてあったのは、ハッキリ覚えてるなぁ……

小さくない村なんですけど、ヤマメの事を聞くと皆話しを濁します。

ただ何があったか知りたいはずなのに……

ついでに、病院の看護師さんの話では、三日間寝ている最中に、「あの女入ってくる」って喋ってたそうです。

起きたのかな?って看護師さんが見ても、私は寝続けていたようです……

(了)

 

「八つ墓村」は実在する [ 蜂巣敦 ]

Sponsored Link

 - 山にまつわる怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

higuma
ヒグマの恐怖

札幌にて母が妹を出産するために当時七歳だった俺は、道北にある母方の実家に預けられ …

img0723
アンちゃん子

うちの会社の部長、若い頃『林業』やってたんだって。 854 :後ろを見るな:20 …

naganono-yamade
長野の山で

  連休のおかげで久しぶりに歳の離れた従兄弟の清助にあえたので、こんな …

yamakowa05
山の禁忌

  子供の頃、近所のおじいさんに聞いた話です。 そのおじいさんは若い頃 …

wadatouge
和田峠の怪

  東京都から山梨に抜ける道で『和田峠』というのがある。 2014/0 …

yamakowa05
真っ赤なスキーウェアを着た女

うちの中学は毎年一月ごろ、一年生がスキー林間学校っていうのをやるんだけど、毎年同 …

tamasiinohakaba
魂の墓場~原生林の山で

  この話は、墓場まで持って行くつもりでしたが、反面心のどこかでは、誰 …

yamakowa_003
冬山のタブー

  登山者の間で語られる『冬山のタブー』は、ご存知の方もいるかもしれま …

yamakowa_003
★山の祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があ …

yamakowa
山中ですれ違った人

  これは私が実際に体験した話で、当時私はホテルのプランナーをしていた …