【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ヤクルトお婆さん

      2017/03/14

Sponsored Link

あれは俺が小学校四年生のときでした。

当時、俺は朝刊の新聞配達をしていました。

その中の一軒に、毎朝玄関先を掃除しているお婆さんがいました。

そのお婆さんは毎朝、俺が「お早よう御座居ます」と言うと、

「ご苦労さん」と言って、ヤクルトを二本あるうちの一本くれました。

俺はいつしかそれが楽しみになっていました。

そんなある日、いつものようにお婆さんに挨拶すると、返事がありません。

いつもは笑顔で挨拶してくれるのに、振り向きもせずに黙って玄関先を掃除しているのです。

なんか変やなぁと思いながら、その日は残りの配達を済ませ帰りました。

そして次の日、お婆さんの所に到着して挨拶をすると、又しても返事もなく掃除をしています。

それにポストには昨日の朝刊と夕刊が入ったままです。

その横のケースの上にはヤクルトが三本あります。

俺は黙って飲む訳にもいかず、その日も帰りました。

翌日、お婆さんの姿はありませんでした。

そして、その次の日も……

そして二、三日たったのですが、相変わらずお婆さんの姿はありません。

ポストは新聞で一杯になったので、玄関の扉の間から新聞を投函しました。

ヤクルトも数が増えていました。

旅行でも行ったんかなぁと、たいして気にも止めずに、その日も帰りました。

店に帰り、新聞屋の親父にその話をすると、

「あぁ、あの婆ちゃんヤクルトくれるやろ」

と言い、

「そー言えば、あの婆ちゃん一人暮らしやったはずやで。なんか心配やなぁ」

と言いました。

そして、

「とりあえず一回警察に連絡してみるわ」

と言ってましたので、俺は家に帰り学校へいきました。

その次の日、新聞屋に行き配達に出ようとすると、オヤジから

「セイジ君!あの婆さんの所はもう入れんでもいいよ」

って言われました。

なんでやろ?と思いながら配達を終え、店に戻るとオヤジが、

「あのなぁ~あの婆さん死んだんや。今、警察の方で調べてるけど、死後一週間から十日は経っとるみたいやなぁ」

と言いました。

そして、

「配達に行く前に言たら恐がるやろから、戻って来たら言うたろと思てたんや。まぁ、お前が姿を見た最後の二日間の婆さんは、お前に自分が死んでる事を教えたかったんやと思うでぇ」

と言われ、その瞬間は俺は意味が分からんかったんやけど、意味が分かった時、新聞配達を辞めたのはいうまでもありません。

あれから三十一年経った今でも、あの婆さんの姿は忘れられません……

(了)

 

妖しい怪奇譚 実録怪談集

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

振り子時計

  私が小学生の頃に住んでいた社宅での話です。 6 :名無しさん :2 …

目玉が見つからなくて…【聞くと呪われる系の話】

これは私が学生の頃、部活の合宿で先輩に聞いたものです。 374 名前:あなたのう …

失踪息子の秘密

  どの本でだったかどうしても思い出せないんだけど、ずっと前にこんなの …

お客様アンケート

  よくファミレスとかに行くと、お客様アンケートの用紙がテーブルの上に …

霊柩車

  麗華さんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいま …

嗤う老人

  嫁が通ってた小学校であったという話。 13 :本当にあった怖い名無 …

最後の夜【ナナシシリーズ07】

物事には終りというものが必ずあって、それは突然に訪れるものだと知ったのは、15の …

後女(うしろおんな)

  中学一年生の夏でした。 私の祖母の一番上の兄、泰造さんが亡くなりま …

少女のブローチ

十年以上前になるけど、夏になると今もふと思い出してしまう、ちょっとぞわっとした話 …

チーママの恨み

学生時代、とある地方都市で下宿生活をしていた俺は、クラブのボーイのアルバイトをし …