【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

不思議な生命体

      2016/06/09

Sponsored Link

 

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時に、不思議な生命体に遭いました。

750 :2006/10/11(水) 18:00:00 ID:sqRfS1Fk0

のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が、家族のように仲がよい場所なので、両親も心配せずに、私を一人で遊びに行かせていました。

ザリガニしか釣れないくらいの浅い川辺に、白詰草が咲いていたので、私は一人で、母に教えてもらったばかりの花輪をつくっていました。

子供だったので、周囲も見ずに夢中で手元の花輪に集中していました。

すると突然、横から半透明の腕が伸びて、私の作っていた花輪をむしり取りました。

《その人》は、薄い緑色の身体で透けていて、身体の向こう側の景色がぼやけて見えていました。

背丈は当時の私よりも少し大きいくらいだったので、幼稚園の年長か、小学一年生ほどの体格だったと思います。

目も鼻も口も無くて、ただ、ゆらゆらと揺れる輪郭だけが人間の形をしていました。

今から考えると、どう見ても人間ではなく、子供の無知の恐ろしさを痛感しますが、当時の私は恐がりもせずに、その緑色の人間に話しかけました。

何を言っても返事はないけれど、私は気にせずに一方的に話しかけ、たくさん花輪を作っては、その人に渡していきました。

花輪作りに飽きた私が、川に手を浸したり、川底にある綺麗な石を探したりして遊び始めると、その人は川の中に足を入れて、両足をバタバタと動かして水しぶきを作りました。

半透明の足の動きと水しぶきがとても綺麗で、私は何度もねだり、その行為を繰り返してもらいました。

その人間に触れた感触は、水風船を触る感触に似ていると思います。

ブニブニと柔らかくて、触れた手は水を触っているようなのに、濡れない感覚です。

その後お腹が空いたので、私は祖父母の家に帰り、友達ができたことを伝えましたが、両親も兄も信じてはくれませんでした。

「子供の空想話」

「この辺りには子供はいない、ましてや緑色の人間なんて」

と笑われ、信じてもらえないことにショックを受けたのを覚えています。

それから五日間くらい祖父母の家に滞在しましたが、その間は毎日、その緑色の人間と遊んでいました。

次の日に帰る、ということを緑色の人間に伝えた時、私は寂しくて大泣きしました。

「帰りたくない」と何度も私が言うと、その人は私の腕を掴み、川の向こう側にある林に引っ張っていきました。

父と虫取りに来たことがある林で、それほど大きな面積ではなかったはずなのに、その時は歩いても歩いても、林を抜ける気配はありませんでした。

疲れてしまったし、段々と引っ張る腕が恐くなってきて私が泣くと、その人は手を離してくれました。

声を聞いた覚えは無いのですが、当時はその人が「ごめんね」と謝ったような気がしました。

一番不思議なのは、その時に彼(なんとなく男の人だと思っていました)と一緒に遠くへ行こうかな、と自分が思ったことです。

もう二度と父や母や兄に会えなくなるけど、いいや、と一瞬思いました。

なぜ遠くに行くのだとわかったのか、もう二度と家族に会えなくなるということがわかったのか、不思議ですが、確かにその時私はそう思いました。

その場所で座って少し休憩した後、今度は手を繋いで林を歩き始めました。

てっきり彼の住む「遠く」へ行くのだと思っていたのですが、林を抜けたらすぐ目の前に祖父母の家がありました。

家は林や川に近い場所にあるわけではなく、林を抜けてすぐに家があるなんてことはありえませんでした。

庭で祖母と母が洗濯物を干していて、すぐに私に気がつき、近寄ってきました。

手を繋いでいたのに、いつのまにか彼はいなくなっていました。

次の日に家族で車に乗り、家へ帰る途中に少し遠回りをしてもらって、川辺の傍を走ってもらいました。

しかし、彼はいませんでした。

後から聞くと、私は一人で川辺で遊んでいて、近所の畑にいる農家の人が川辺を通る度に見ていたので、両親は心配していなかったそうです。

家に帰ってすぐに、お絵かき帳にその時の絵を描き、両親も覚えているので夢ではなかったと思います。

祖父は数年前に亡くなり、祖母も先日他界しました。

家は売ってしまうそうです。

祖父母の荷物の整理のために、その家にしばらく泊まり、何度も川辺に行きましたが、もう彼には会えませんでした。

幼稚園の時以来、何度も何度も祖父母の家に帰省する度に川辺に行くのですが、彼はいませんでした。

ただ、荷物を整理している時に父が教えてくれたのですが、祖父母は私の話を信じていてくれたそうです。

「小春ちゃんは河童に会ったんだよ」と言っていたそうです。

良く絵で見る、頭にお皿を乗せた河童ではなかったし、水かきも甲羅もなかったけれど、なんとなく今は、「ああ、私河童に会ったのかなぁ」と思っています。

(了)

 

あなたのとなりの怖い話大百科

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

時が止まる場所【時空が歪む不思議な話】

ヒマつぶしに聞いてくれ。昔ウチの近所に結構有名な墓地があって…… 1: 以下、名 …

私の母?の・ようなもの。【意味がわかったら怖い話】

  四歳か五歳か、小学校に上がる前の、夏の終わりの話。 2014/05 …

心臓マッサージ

今まで、親しい友人にしか話していない話だけど、今でも気味が悪い話だから聞いてほし …

赤いシビック

それは、私が友達の家から帰る途中に起きた事です。 898 本当にあった怖い名無し …

未来からやってきた彼氏

  今のこの時代、もちろんタイムマシンなんてないよね。でも私は今の彼氏 …

鳴く数珠

  現役僧侶の暇潰しにございます。お寺生まれのお寺育ち、近所の家はだい …

サカサクラゲ体験記

温泉で、私(というか友人?)がした、奇妙な体験。 921 :本当にあった怖い名無 …

冥界への招待

友達から聞いた話。 ある女性が海外旅行をしていた。 初日から買い物や食べ歩きを楽 …

ヤコブの梯子

  昨日、とても不思議で不可解な体験をしたのでここに書きます。 74 …

一切の記憶が消滅する恐怖

現在進行形の洒落にならない、私にとって怖すぎる話です。 301 :本当にあった怖 …