【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

笑う霊

      2016/07/28

Sponsored Link

 

母が父のいる田舎に嫁いできたとき、母は「都会もん」(と言っても県庁所在地という程度で大した違いはない)と言われ、よく姑にいじめられたらしい。

871 :2015/06/29(月) 18:43:03.33 ID:LWRT4Mxd0.net

いや姑に限らず、田舎者っていうのは一部の地域を覗いて大抵はよそ者を嫌うもので、嫁いだはずの母も例に漏れず、いつまでたってもよそ者扱いしかしてもらえなかったそうだ。

田舎のいじめってのは土俗的な因習・風習も絡むから壮絶なんだが、まぁそれはまた別の話。

母が嫁いでからわりとすぐ、家の近くで事故が起きた。

砕石場があって、作業員の男性がそれに頭から巻き込まれた。

彼は軽度の知的障害があったようで、やはり田舎ではいじめられていたらしい。

彼が、詰まったかなんかした砕石機の中を覗き込んだときに、その機械が作動したのだそうだ。

事故で機械が作動したのか、誰かの故意かはわからない。

その場にいたもう一人の証言はあてにならない。

けれど結局は事故として処理された。

母は事故現場にかなり近い場所にいたので、事故後の騒ぎですぐに駆けつけ、真っ赤に染まった砕石機にこびりついた肉片と、もう一人が必死にひっぱりだそうとしたというちぎれた片方の足首を見たそうだ。

あれ以上に凄惨な現場は見たことないと今でも語る。

Sponsored Link

それから母は毎晩その現場を夢に見たそうだ。

ある時、夜中に外の便所へ行こうとすると、玄関にその死んだはずの男性が立っていたそうだ。

彼は母を見てニコニコ笑っていたそうだ。

その姿は幽霊という気は全くせず、普通の生きた人間のようだったという。

もともといじめられている同士?ということもあり、母は当然彼に優しく接していたらしく、彼は母にはいつも笑っていたそうだ。

けれどさすがに死んだはずの彼が家の玄関に立っているのを見て、とてつもない恐怖を感じて凍りついた。悲鳴すら出なかったらしい。

彼は生前にそうしていたように、片方の肩をひょいひょいと上げる癖をしながらただ母を見ていた。

結局彼は不思議そうにこちらを見ながらも普通に歩いて消えたそうで、しばらく母は動けなかった。

翌日になると昨晩のアレは夢に違いない、毎晩あの現場を思い出しているからだ、と思ったという。

けれど数日してまた彼は現れた。

そして前回と同じくにこにこしながらも、ひょいひょい、と肩を上下にうごかした。

それはしばらく続いたそうだ。

その間、怖くて夜中はトイレに行けなかったとか。

で、なんで今この話を書いたかというと、さっきネットで「笑顔の霊は危険」というのを読んだからだ。

もうすぐ連れていける、嬉しい!ということだとか。

単にいつもにこにこしてた人だから、という理由ならいいけど、そうじゃないならもしかして仲良くしてくれた母を連れに来てたんだろうかと思って寒気がした。

まぁ未だにそんな何十年も前のことにおびえてる母に言う気はないが。

母はいまのとこまだ生きている。

(了)

 

恐怖体験 呪詛の呟き [高港基資]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

小さな霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって四年たつ。 827 :2015/05/02(土) …

【岡本綺堂傑作選】異妖編(三) 龍を見た話

異妖編 (三)龍を見た話 ここにはまた、龍をみたために身をほろぼしたという人があ …

駅のホーム

JR京葉線・新日本橋駅に部下と二人でいた時の話である。 私たちは一番後ろの車両に …

友達の彼女

  大学生の時だな、友達迫田に遠距離の彼女が出来たらしくて、まぁ毎日の …

六体の地厄(じんやく)

1986年(昭和61年)。俺がまだ小学三年生だった頃の話を聞いてくれ。 俺が住ん …

食品工場の怪

  実体験ではなく、私の母の体験談。 796 :本当にあった怖い名無し …

四番目の私

  昔から家の中には大きな鏡があった。 悪戯心で別の大きな鏡を向かい合 …

木の上の子供

オレが小学校の頃の話 510 本当にあった怖い名無し sage 04/12/13 …

監視モニターに映る人

  おれホテルのフロントで夜間勤務してるんだけどさ、基本電話番でその日 …

レンゲ畑のお姉さん

父方の実家での昔の話。 俺がまだ5歳の時のことで、その頃はなんでそういうことが起 …