【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

嘘つき幽霊

      2016/09/20

Sponsored Link

 

五年くらい前に昼過ぎの空いた電車に乗っていたら

それまでカバンを抱えて座っていた四十代後半くらいのおっさんが、停車駅でもないのに急に立ち上がった。

おっさんは額から頭頂部まで禿げ上がっていて身長はかなり高く、痩せ気味ではあるものの、骨格が太くいい体格だった。

おっさんは目を半眼のようにして、直立不動で何やら軍歌のようなものを大声で歌い始めた。

歌い終わってから

「みなさん聞かれたことがあるかもしれませんが、今のはPL学園校歌です。
私は在学時野球部で五番を打っていました。惜しくも甲子園には行けませんでしたが……
私は昨日付けで会社をクビになりました。
なりましたが……しかしめげませんよ。野球部時代を思い出してこれからも頑張ります」

と言って座った。

最後の方の声はややかすれがちだった。

まばらだった他の乗客はあっけにとられていたが、小さい声で「そうか、ガンバレよ」と言った人が一人いた。

それでこのおっさんの態度が印象に残ってたんで、会社の飲み会の二次会で居酒屋に行ったときに皆に話したんだよ。

そうしたらみなちょっとシュンとなって、この景気じゃ人ごとじゃないよな、みたいな雰囲気になった。

そしたら居酒屋のついたての向こうにいたタイガース帽のおやじが話を聞きつけて顔をのぞかせ

「それ、阪急宝塚線だろ」と聞いてきた。

「そうだ」と言うと、おやじは

「それ幽霊だぞ。しかも嘘つきの幽霊だ。会社を首になったのは何年も前だし、そのすぐ後に首を吊って死んでる。年に数回出るから、あの沿線じゃちょっと有名だよ」

と言うんで

「幽霊とは思えなかったな。生きた人にしか見えなかったよ。それで嘘つきってどういうことだい」

と聞くとおやじは

「最初に出たときはPLの八番バッターと言ってたんだよ。それがだんだん打順が上がってきた。人間死んでからまでも見栄をはりたいんかねえ。次は四番バッターになってるだろうよ」

と言った。

(了)

 

怪談・呪い神 [ 山口敏太郎 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

無言電話の鳴る家

実際に今でも東京都の重要文化財としてあるらしい昭和初期の古い住宅の話。 家柄は官 …

爺さん、のようなもの。

宇賀山の爺さんが死んだ。 89: 名無しさん@おーぷん 2015/06/22(月 …

訪問販売怪談

昔、訪問販売の営業をしていた会社で聞いた怖い話。 前提:営業5人程のグループ毎に …

一家全焼

俺が死ぬほど怖いと思ったのは、母親から聞いた話。 ある日、実家の近くで火事があり …

おくりぼっこ

今は昔。頃は夏。二度目の田舎への一人旅での事。 2005/07/13(水) 07 …

煎餅の味

  俺は銀行員。あるパチンコ屋から融資の依頼があった。 2009/09 …

食品工場の怪

  実体験ではなく、私の母の体験談。 796 :本当にあった怖い名無し …

お囃子の騒めき

  母方の祖母から聞いた話…… 489 :本当にあった怖い名無し:20 …

ライブハウス奇譚

最初に書くけど、俺には霊感なんてものは全くなかった。今回初めて見たんだよ。 39 …

深夜のツーリングで見えたもの

今から一〇年以上前に、先輩から半年間預かっていたバイクで、夜のドライブへ出かけた …