【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

初子の夢

   

Sponsored Link

この出来事は三十年ぐらい前、オイルショックでトイレットペーパー買いだめ騒動があった頃に、私のおじさんが体験した話です。

590 本当にあった怖い名無し 2005/09/07(水) 22:55:01 ID:hLhfQ//l0

おじさん(収蔵)の奥さん(ハツ)が、いよいよ子供を出産する日が近づいて来ていた。

始めての出産を一週間後に控えていたのだ。

その日、ハツは朝からなんとなく体調が悪かったらしい。

体のことを気遣いその日は、早い時間帯に寝た。

その真夜中、午前四時過ぎに家の電話が突然なった。

収蔵が、「誰だこんな時間に……非常識な奴だ」と言いつつ電話に出たらしい。

「もしもし」

『……』

『もしもし?聞こえてますか?』

『……』

無言だ。

その電話の奥では、チリーン……チリーン…… という音が聞こえたという。

収蔵はいたずら電話だな?と思い込みこちらも黙ってみることにした。

収蔵が無言になってから一分ぐらいした頃だろうか。

相手が何かを言っている。

『……さ』

収蔵はとうとう痺れを切らしたな、と思いさらに黙っていることにした。

それから、三十秒後、再び声が聞こえた。

『……さ……いで』

何を言ってるか上手く聞き取りにくいが、今度も声が聞こえた。

それから、二十秒後また声が聞こえた。

『ぼく……さないで』

ふと、収蔵は気づいた。

電話から聞こえている声が、子供の声であるということに。

収蔵は恐怖心に包まれた。

こんな時間に子供が……

次の瞬間、声が野太くスローがかかったような声で

『ぼぉおおお~くぅうううう~をぉおおっぉお~』

その声聞いて、収蔵は思わず電話をガチャンと切った。

ハァハァ……ハァハァ……

収蔵は息切れしていた。

い、いたずらにしては手がこんでる……

と思いながらも、冷静さを取り戻そうと、水を飲みに台所に行こうと後ろを振り向いた瞬間。

……子供がいた。

五~九歳ぐらいに見える子供の姿だったらしいのだが、髪が顔全体を覆い隠していたので、顔が見えなかったらしい。

収蔵は、驚いて腰を抜かし後ろに倒れこんでしまった。

声を出そうにも声が恐怖に包まれて出ない。

目には涙が溜まっている。

その子供は、だんだん収蔵に近づいて来る。

収蔵は何とか手で後ろに後ずさるも、その子供はどんどん近づいて来る。

そして、収蔵の目の前まで来てしまった。

子供は、ぬっ、っと収蔵の顔の寸前まで来自分の顔を近づいて来た。

Sponsored Link

その瞬間、突風が吹いたように子供の髪が一気に後ろの方に流れた。

収蔵は見てしまった。

その子供の顔が、この世の者とは思えないような顔をしているのを……

そして聞いてしまった。

『ぼぉおおおおお~くぅうううう~をぉおおおおお~こぉおおお~ろぉおおお~さぁあああぁ~なぁああああ~~~いぃいいいいいいい~でぇえええええええl』

という野太いスローがかかった声を。

収蔵は悲鳴をあげてハツを起こした。

さっきの場所に連れてくるも、子供の姿はどこにも無かった。

警察にも電話をし、来てもらったらしい。

それからは、何も起こらなかった。

一週間後、ハツが出産を迎えた。

赤ん坊の出産を終えたハツの元に収蔵は付き添いでいた。

しかし、赤ん坊は未熟児だったので医師たちが別室に連れていったという。

『コンコン』

部屋のノックがしドアが開いた。

「ご主人、ちょっと良いですか?」

そう言われた収蔵はハツの手を撫でながら部屋から出た。

そして、医者から赤ん坊について言われた。

「……非常に言いにくいのですが……あなたのお子さんは未熟児ではありません。奇形児です」

収蔵はひどくショックを受けた。

「まだ、生きてはいるんですが……」などと色々聞かされた後、

「もし、このまま、この赤ちゃんが順調に育ったとしても世間では……」

と言われ、収蔵はやむ無く、安楽死を承諾した。

「その前に、一目でも我が子を見せてもらえないでしょうか?」

「う~ん……」

と医者は難しい顔をしていたが、あまりの収蔵の頼みに医者は承諾した。

収蔵は、別室に案内された。我が子が入っているケースらしき物があった。

そして、ケースの中を見た瞬間、背筋に恐怖がよぎった。
顔全体に黒い毛がびっしりと生えていたのだ。

まるで一週間前に見た子供と同じように……

あの時、見た子供はもしかして……

そう思いながら部屋を出ようとした瞬間、あの声が聞こえたという。

『ぼぉおおお~くぅううう~をぉおおお~……』

以上、私のおじさんが実際に体験した話です。

当時は医療技術がまだ未発達だったので、出産まで奇形児かどうかは分からなかったみたいです。

最後に部屋を出るときに、子供の声が聞こえたらしいのですが、おじさんだけにしか聞こえなかったらしいです。

それから2年後、再び子供を授かりました。

それからは、何事もなく平穏無事に過ごしています。

唯一体験した怖い出来事だったらしいです。

(了)

[出典:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1125151026]

 

怖い本(7) [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - ほんとにあった怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img1194
お家の神様がお出掛けする時

息子の事なんだが、ちょっと不思議だったので投下します。 262 :本当にあった怖 …

kuroidoresunoonna
黒いドレスの女

新宿歌舞伎町で夜のバイトをしていたときの話。 667 本当にあった怖い名無し 2 …

sutokawonna
古い木造アパートの部屋で起きた異変

  前に住んでたアパートで起きた出来事だ。 659 :本当にあった怖い …

Cylinder
シリンダー錠にまつわる怖い話

  仕事から帰ったら部屋の前にオッサンが二人で立ってた。 290 :本 …

150725_003
階下の住人

俺の妹の体験談。 とあるアパートの二階で一人暮らしを始めてしばらくした頃、一人の …

abunaisidousya
アブナイ指導者

  760 本当にあった怖い名無し sage 2014/02/12(水 …

150929_005
幻聴と現聴の錯綜

店員の目を傘で突き刺したり、子供を線路に突き落としたりする事件がありました。 4 …

151220_004
罰当たり

二十一世紀になったばかりの年に体験した実話。 高校を卒業しフリーターになって一年 …

yutairidatu
幽体離脱者の恐怖体験

  最近2chに幽体離脱スレががることを知り、読んでいくうちに、割合多 …

reisi
霊視能力を使って蒸発した父親を探せ

  TV製作で、『霊視能力を使って蒸発した父親を探せ』という番組をつく …