【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

最上階部屋の上から聞こえる足音

      2017/01/02

Sponsored Link

十年前、学生の頃に住んでた杉並区のマンション。

806 :名無し不動さん:2008/06/26(木) 17:37:52 ID:Gtnj0nVm

当時で築十年くらい。最上階三階だったんだけど、夜になるとたまーに上から足音が聞こえる。

いつもほとんど夜しかいなかったので、夜しか聞いてないんだけど。

上に誰かいるのかと思い、見に行こうとしてもドアに鍵がかかっている。

マンション下からは全く見えないので、向かいの五階建てマンションへ行き、自分のところを見てみた。

が、しかし、水道タンクとかしかない。

頻繁にではないのであまり気にせず、猫でもいるのかと思ってたが、友達が泊まりにきたときに

「これ絶対猫じゃねえよ、うち猫いるからわかる」と。

それでも俺は別に気にしなかった。

卒業と同時に引越決定。

引越作業してるときに玄関開けて掃除とかしてたんだけど、水道業者のおっちゃんが二人ほどいた。点検だかなんだか。

屋上に出入りしているようなんで、ちょっと覗きに行った。

やはり、タンクとかそういった設備しかなかった。

おっちゃんが俺に気づいて、「どうしました~」って言った。

俺は「いやー、よく屋上で歩いてる音してたんだ……へへへ」みたいな。

そしたらおっちゃん、顔色変わった。

聞いたら、すぐ隣のマンション屋上に住んでいる大家(それは俺も知ってる)の息子が、

いわゆる知的障がい者で、ちょっと隔離されていたそうだ。

それで、このマンションの屋上に小屋みたいなプレハブで住んでたと。

そのプレハブなんかの設置も、その工事業者さんがやったらしい。

息子さんは十年ほど前に、マンションのすぐ近くをうろついてて事故死。

それからそのプレハブはなくなったそうです。

2DKで65,000円はどうりで安いと思った。

でも何もなかったからよかった。

(了)

 

山の不可思議事件簿/上村信太郎

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

内線電話

  旅館・ホテル業にずっと携わってる俺が体験した、個人的に洒落にならな …

枯れたサボテン

彼女と同棲を始めて一ヶ月。部屋は彼女がチョイスしたインテリアやら小物やらで飾られ …

猫の音楽

旅行中、山道を歩いていたら、一本道だから道に迷うはずがないのに、歩いても歩いても …

鼾をかいているおじさん

  高校の頃電車通学で、当時同じ高校だった嫁と毎日一緒に通学してました …

兵隊さんとの想い出

  子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 808 : 2006 …

コレクターの怨念

俺は、とある物のコレクターなんだが、コレクター友達の西塚が、ある時突然余命宣告を …

解体屋は見た!奇妙な造りの家

家屋の解体作業などをしていると、たまに奇妙な造りの家に出会うことがある。 964 …

ラーメン屋の怪

先日、友人とラーメンを食べに行った。 深夜3時まで営業している店を知っていたので …

首にロープを巻いて椅子蹴り飛ばそうとしたら足元に何かいた……

  小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げてから八期目をむかえ …

松林のお婆さん

小さいころ、ぼくは知的障害を持っていると思われていました。 言葉や文字に対する遅 …