【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

茶色い帽子のおじさん

   

Sponsored Link

 

小学生の頃、塾に通ってたんだ。確か夜六時から九時ぐらいまでだった。

でも塾の日は見たいTVがあって、いつも急いでチャリで帰ってた。

帰り道は、西に山があり東に川がある決して広いとは言えない道だった。

ある日、なんとなく「山抜けたら早く帰れるかも」って思ったんだ。

位置的にも家は山の向こうだったし。

山には舗装された道もあったから「行ける!」と思った。

そしてチャリを押して「えっさほっさ」と登った。

たいした山じゃないから結構楽に進めた。

そして頂上に着いた。頂上と言っても、道の頂上で山の頂上ではないが。

まぁ後はチャリで下るだけだ。いざチャリにまたがった。

そして何を思ったかふと右を見たんだ。

おじさんがいた。

茶色い服に茶色いベルトに茶色い帽子のおじさんが。

夜で暗いのにベルトまではっきり見えた。なんせ上着の上にベルトしてたからな。

おじさんは俺に背を向けてずっと山を見ていた。

子供の「芝刈りの仕事のひとかな?」と俺は思ったよ。

そしたらおじさんがこっちを向いたんだ。

痩せてて無精ひげの貧相だが、かなり怖い顔だった気がする。

腰ぐらいの高さの杖両手でついてた。

俺はボーっとおじさんの顔を見てた。

そしたらおじさんはジッと俺を見て、

「若いんだから早く家に帰りなさい」

って、ギリギリ聞き取れるぐらい小さい声で言ってきたんだ。

今まで聞いたことないぐらい低い声だった。

まさか話しかけられるとは思わなかったから、チャリから落ちそうになるくらいビックリしたよ。

でもおじさんはチャリから落ちそうになった俺を見てもリアクションを取らずに、また俺に背を向けて山の見始めた。

俺は、ジイさんやバアさんなら帰らなくていいのかよ……ってちょっとイラッとしたよ。

でも見たいTVがあったから、チャリで俺は何も言わずその場を去った。

Sponsored Link

家に帰って晩飯食べながら、両親と爺ちゃん婆ちゃんにその話をしたんだ。

そしたら爺ちゃんが血相を変えて

「今すぐ酒を用意しろ!!一升瓶でだぞ!!」

って騒ぎ出した。

みんなビックリしたが母が言われた通りに用意した。

爺ちゃんは俺の手をかなり強く引いて、さっきの山に連れて来た。

爺ちゃんは日本酒をおじさんがいた場所に置いた。

爺ちゃんは突然俺に話し始めた。

「昔、この辺りに小さい基地があって、空襲で沢山の兵隊さんと街の住民が死んだ。

この山の中腹に墓場があって、その日に死んだ兵隊さんのお墓もいくつかある。

でもその後から、この山は変な噂がたつようになった。

『叫び声やうめき声』や『夜にこの山に入ると亡霊が降ってくる』とか、色んな噂がたった。

たぶん兵隊さんのイタズラだな(笑)

昔の兵隊さんの服は茶色いし、健太が見たのは、その兵隊の霊が悪さをしないように見張ってた偉い兵隊さんだよ。

杖はたぶん刀だ」

小学生の俺にはちょっと難易度が高い話だったが、何となく理解は出来た。

そして爺ちゃんは「偉い兵隊さんにお礼を言いなさい」って。

俺は「ありがとーございます!!」ってかなりデカい声で言ったよ。

そして家に帰って風呂入って寝た。

俺が唯一経験した不思議な話だ。

(了)

 

怪談社(終の章) [ 伊計翼 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    ほんのり涙が出た。
    どうぞ安らかに。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

あの夏の無人駅で

高校三年の夏、仲の良かった友人と意味もなく自転車で100kmほど離れた海まで、旅 …

幽霊に成仏するよう説得した話

七年前に勤めた会社が倒産し、就職難の中で運転手に転身した私自身に起きた事です。 …

ライブハウス奇譚

最初に書くけど、俺には霊感なんてものは全くなかった。今回初めて見たんだよ。 39 …

外国語指導助手ALTは見た!

  俺の通ってた高校には外国人のALT(外国語指導助手)がいた。 64 …

後ろ向きのヒト

資格試験の為に図書館で勉強していて、閉館前午後七時半になったので帰宅することにし …

ホタルの飛ぶ夜に

北東北のある人が、夏の盛りにフライフィッシングに出かけた。 818 :本当にあっ …

ローカル私鉄の怪

それは、私が地方のローカル私鉄で、運転士をしていた頃の話です。 季節は晩秋の…空 …

ついてくる

今年の夏、今までの人生で一番怖い体験をした。 255 : 本当にあった怖い名無し …

不思議な手

  俺が昔体験した話を一つ。別に恐くはないと思うけど。 103:本当に …

駅のホーム

JR京葉線・新日本橋駅に部下と二人でいた時の話である。 私たちは一番後ろの車両に …