【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

時が止まる場所【時空が歪む不思議な話】

   

Sponsored Link

ヒマつぶしに聞いてくれ。昔ウチの近所に結構有名な墓地があって……

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/16(木) 18:06:05.92 ID:DaR4HBqR0

当時俺は、よく友達と近所の大きな公園で、自転車を使った鬼ごっこをしてたんだ。

ある日、リーダー格の友人、儀一の意見で、公園内だけではつまらないという話しになり、その日は、墓地の方で鬼ごっこする事になった。

メンバーは俺、弟、儀一、茂吉、清助の五人。

出入り禁止の場所を決めてジャンケン。鬼は茂吉。

俺と弟と清助は同じ方向に逃げたんだが、儀一だけが反対方向に行ってしまった。

弟は基本的に俺と同じ方向に逃げるんだが、初めての場所で緊張していたというのもあり、弟に「コッチに来るな」といって、儀一の方に逃げさせた。

少したって、俺と茂吉は清助に見つかり、一旦集まろうという話になったんだが、いつまで経っても弟と儀一が帰ってこない。

集合場所も決めてあったので、遅いなと思いつつも、帰ってくるだろうと思い、その日はみんな習い事やら何やらで解散。

たしかその日は火曜日で、習字の日だったと思う。

一時間くらいして帰ってきたんだが、弟が泣いている。

なにがあったのかよく分からないが、ちょっとたってから、落ち着いたところで話を聞いてみると、どうやら儀一の様子がおかしいらしい。

弟の話を詳しく聞いたところ、弟と逃げていたのだが、弟がいると逃げるのに邪魔になり、儀一は先に行ってしまったらしい。

弟も必死で追いかけたのだが、儀一を見失い探す。

その場所は寺や細い路地が多く、鬼ごっこには恰好の場所だったのだが、すると鬼の茂吉が探してるのが見えて、少し路地裏に隠れたらしい。

すると、細い路地の奥の方に儀一の自転車が。

いつも儀一は、自転車を置いて他のところに隠れる、という手を使っていたため、弟もそれに感づいたらしく、自転車のない方向にむかっていった。

すると、そこに儀一がいた。しかし、どう見ても体勢が変だった……

立ったまま動かなかったらしい。

まるで儀一のまわりだけ、時が止まっていたように。

弟がいくら声をかけても動く気配すら見せず、揺すっても動かない。

それで十分くらいいたのだが、だんだん弟も怖くなってきてしまい、その場から逃げた。

そして帰ろうとしたのだが、道に迷ってしまい遅くなったらしい。

どう考えても変だと思い、弟と俺と母の三人でその場所に行ってみた。

弟の記憶もあやふやで、そこにたどり着いたのは、家を出てから一時間以上経ってからだと思う。

ほとんど断片的にしか覚えていないが、そこは薄暗くて(夕方だから?)、子供心に不気味な場所だと感じた。

神社の近くだったのもあるかもしれないが。

幼い頃の俺は極度の怖がりで、弟と一緒に母の服を掴みながら、そこに入ってたのを覚えている。

その道を進んでいくと、そこの小道を入っていった所に、儀一の自転車があった。

そして、そことは反対側の、人気が無い道に儀一はいた。

……しかし、儀一の体勢がどう見てもおかしい。

儀一は隠れようとしていたのか、小道に入った物陰のわきにいたのだが、蝋人形のように固まっていた。

まるで、儀一の周りの時計の針だけが止まったかのように、全く動かなかった。

体勢として、儀一はすこし前かがみになっているのだが、片足だけ中途半端に上がっていて、もう片方の足だけでバランスを取っていた。

それは、人間が取れるような体勢じゃなかった。

分かりやすくいうと、マトリックスの特殊効果ような感じ?

どう見ても人間のがとっていられる体勢ではなく、明らかに奇妙な光景だった。

儀一を見つけて、もうかれこれ十分くらいそこにいたのだが、明らかに儀一は、ふざけてやっているようには思えなかった。

というより、わざとできるような体勢じゃなかった。

そして、弟の話が本当なら、もう四時間はその体勢だったと思う。

そんで少しして、唐突にウチの母が、儀一の腕をぐいっと引っ張ってみた。

すると儀一が突然、「ぐわっ」っとつんのめるように動き出した。

その瞬間、儀一はワケが分からない様子で、「なんでみんないるの?」等と言っていた。
なんか多少疲れているみたいだったが、その間の事は何も覚えていない様子で、感じとしては、「少しのぼせた」という様な状態だった気がする。

そういえば、途中から儀一の母も合流していたな。

たしか、ウチの母が儀一の家にも電話したんだと思う。

その辺は、くわしくは覚えてないが。

いま思い出した。儀一がいたのは、道の真ん中に木が生えてた所だった。

今でも不思議だよ。

一時間かけて儀一を見つけて、それで十分ぐらいそこにいたんだ。

かなり昔の事なので、時間感覚は曖昧だが。

儀一の話によると、みんなでおにごっこをしていて、弟を振り切って一人で隠れようとしてたら、急に母親に手を掴まれていたらしい。

落ち着きを取り戻した儀一の言い分としては、

「いま隠れようとしてたのに、もう鬼ごっこは終わってて夜」

……どう考えても不思議だった。

その後、何度か同じ話を聞いたのだが、やはりその時の記憶は一切なく、「気付いたらもう夜だった」 としか言わなかった。

とりあえず話は、今から一年くらい前にさかのぼる。

儀一は、茂吉とあと二人とバンドを組んでいたんだが、ある日、儀一の友達のライブがあり、興味のあった俺はそのライブに遊びに行き、ついでに打ち上げに出た。

その日は終電で帰る予定だったのだが、茂吉が泥酔してしてしまい、打ち上げ会場の近くにある、共通の友人の家に置かせてもらうことになった。

そして茂吉と忠次(暇人だから付き添いで泊まった)をそいつんちまで送ってたら、乗り過ごしてしまい、やる事もないので、二人で六駅くらい歩いて帰る事に。
※ライブには儀一、茂吉、忠次(バンドメンバー)、俺の四人で行った。

それで一時間くらい歩いてきたんだが、地元近くに来た時、あの話題になった。

儀一もやはりあの事が不思議だったらしく、「自分が固まったとは思えないが、全く記憶がない」と言っていた。

それで、「せっかくだし、そこに行って二人で検証してみよう」という話に。

時間はもう朝の三時頃かな?そこは墓や神社の多い地域で、かなり不気味だった。

それから、二人の記憶を頼りにそこに向かった。

少しビビりな俺と、ビビりだけど強がる儀一。

一時間は探してたかな?

とりあえず結構時間かって、少し明けてきた頃、儀一が突然「ここ覚えてる」と言った。

俺の記憶にはない場所だったが、儀一の言う通りに二人で進んだ。

すると、細くて暗い階段があり、そこを下りた先細い道にでた。

俺は階段なんか降りた記憶は無かったが、多分、俺が来た方向とは逆だったらしい。

そして、俺の見覚えのある道に出た。

軽く辺りを見渡す。

そして気付いた。儀一が驚いた顔で、自分の腕を掴んでいる。

そして儀一が、俺の手を取って走ろうとしていた。

俺は儀一に引っ張られるまま、その場を離れた。

そして気付いた……いつの間にか日が昇っている。

時計を見ると、もう既に昼前だった。

俺はわけが分からず、とりあえず変な汗が出てきた。

俺は儀一に引っ張られて、来たはずの道を走った。

この辺の記憶がないんだが、走ってる途中で気付いた。

……俺と儀一は、あの日の儀一の様に、『止まっていた』のかもしれない。

とりあえず、儀一と俺は息が切れるまで走っていた。

走っている間も、頭が混乱していてよく分からなかったが、儀一に「どうしたんだ?」とか声をかけていた気がする。

そして気付いたら、見覚えのあるような無いような場所。墓場の辺りの細い道だった。

前にも書いた通り、この地域は墓が多いのだが、かなり広く、しかも民家と隣接している事が多いため、高い塀がたくさんあり、一度入ってしまうと、迷って出られない雰囲気だった。

息を切らした儀一と俺は、ダラダラと汗をかいていた。

夏だったから、ポタポタとすごい量の汗が流れてた。

すると、儀一が突然道の隅で吐き出した。

一瞬、ヤバイものでも見たのか?とは思ったが、どうやら息切れと水分不足で、軽い熱中症になった様子。

とりあえず、近くのコンビにで水を買い、一時間くらい休憩してた。

その間儀一はすこしうつむき加減で、明らかに様子がおかしかった。

さっきまでとは違い、ほとんど言葉を発さなかった。

「不思議だったな」とか、「大丈夫か?」と言っても、「……うん」と答えるだけ。

が、俺はただ儀一が脱水症状で気分が悪いのかと思い、そこはあまり気にしなかった。

おれが気になっていたのは、さっきの事。

あの頃の儀一と一緒の状態だったのか。

今まで体験した事の無い現象に、なんだか奇妙な感覚に陥っていた。

そして儀一が落ち着いてきた頃、「今日は家に帰って休むか」という話になり、わけも分からないまま帰宅する事になった。

Sponsored Link

次の日の事だ。

やはり俺は前日の事が気になっていて、儀一に電話してみた。

何回も電話したが、儀一は出なかった。

いつもはすぐ返信のくるはずのメールも、その日ばかりは返ってこない。

次の日も俺は儀一に電話してみたのだが、儀一からは全く音沙汰ナシ。

俺はやはり、あの日の出来事と儀一の様子が気になって、バイト帰りに儀一の家に寄ってみた。

家のチャイムを鳴らすと、儀一の妹が出てきた。

そして話を聞いたのだが、やはり儀一の様子がおかしいらしい。

儀一はぼーっとしたまま虚ろで、ほとんど何も言わず、食事もあまり取ってないらしい。
俺は、やはりあの日何かあったのかと思い、儀一の家に上がらせてもらい、儀一と話してみようとした。

儀一の様子が気がかりだったが、儀一を驚かせて元気付けようと、尻を半分以上出して、勢いよく戸を開け部屋に飛び込んだ。

儀一の部屋の戸を開けると、部屋はラジオだけがついていて、明らかに精気が抜け落ちたような儀一が座っていた。

儀一は少し反応してたが、明らかにいつものノリではない。

おれは心配になり、メールの事や体調の事を心配しつつ、やはり遠まわしにあの話を聞こうと思った。

儀一は、少し体調は悪いのだが大した事は無い。

メールは後で返すつもりで、人と喋る気にはならなかったらしい。

そして、本題のあの話。

とりあえず、どう話していいのか分からなかった俺は、真正面から「あの時何があったのか?」と聞いた。

しかし儀一は、「何も無かった」としか話さない。

少しまずいかなと思ったが、俺も混乱と興味本位で何度も聞いてしまった。

すると儀一は、「これ以上きかないでくれ」とため息のように言い、それ以上は聞くに聞けなくなってしまった。

俺はそれまで、奇妙な体験をしたという事の、興味本位だけで考えていたのだが、儀一のここまで変わってしまった姿を見て、ただただ恐怖感に駆られた。

それから儀一の事を心配しつつも、本当に怖くて、けどやはり興味がある日が続いていた。

儀一のことは気になっていたのだが、やはり何も聞けない日が続く。

気付いたら、儀一とは連絡が取れなくなっていた。

そして二週間ぐらいして、少し忘れていた頃。

俺は友達と遊んでいたのだが、偶然にも儀一のバンドメンバーと街で会った。

ライブで何度か話したり、打ち上げで飲んだだけの関係の奴だ。

とりあえず俺も買い物に疲れていたので、ソイツの連れとの三人で、駅前のでマックに入った。

そいつと少したわいの無い話をしてたのだが、バンドの話になった。

すると、儀一は少し前から、なぜか連絡がつかないらしい。

そいつは、俺がその事を知ってると思い、もともと儀一と仲のいい俺を気遣って、あえて口を濁していたみたいだが、俺はそのとき初めて知った。

最後に俺が会ってから、確か四日後くらいに、儀一は行方不明になっていた。

おれは突然怖くなった。

少しからだが震えていたし、変なギトギトした汗が出る感じがした。

結局バンドメンバーにあの話しはできずに、連絡先だけ交換してその日は解散した。

なんか言い知れぬ恐怖感と、現状を自分で確認したくて、いてもたってもいられなくなった俺は、その日の帰りに、儀一のマンションの前まで行った。

俺は儀一の家の前を通ったが、家の明かりはついていた。

しかし、儀一の部屋の明かりだけは消えていた。

さすがにここまで来ると、俺は怖いってよりヤバいと思い、本当に切り詰められたような状態だったのを覚えてる。

儀一の家族にも言わないといけないが、なんて言ったらいいか分からない。

母親は五年前に亡くなっており、弟はいくら問いただしても「その頃の記憶が無い」という。

儀一の母親に話そうとも、直接『止まってた』現場にはいなかったし、儀一は『止まってた』話をしてなかったように思える……

そして行方不明の今、その事は言いづらかった。

なんども自分でも検証したいとは思ったが、儀一は二度目でおかしく?なってしまった。
そして俺は、そこに行く勇気がなかった。

友達に話そうとも思ったが、追い詰められた俺は、結局誰にも話せなかった。

結局手段を思いつかなかった俺は、毎日儀一に電話かけたりメールを送った。

返信は無いが、メールは送れた。

とりあえず一ヶ月以上、電話は時間帯を変えたりして毎日かけていた。

けど、儀一からはずっと返信も着信も来なかった。

だんだん無駄なのかもしれないと思っていたが、責任を感じてた俺は、たまにメールをしたりしていた。

それから半年、儀一の母親や妹と話す事もあったが、やはりあの話はできなかった。

そして儀一の家族も、俺に関係ある事だと思っていなかったらしい。

俺は責任から、携帯のアドレスをずっと変えずにいた。

すると、儀一がいなくなってから半年たった頃、突然儀一から着信があった。

気付くのが遅かった。着信があったのは二時間くらい前。

古い携帯で単純なアドレスだったので、出会い系メールやワンギリもあって、基本的に着信は無視していた。

儀一に電話をかけると、儀一はでなかった。

それから二日間、一日に何度も電話をし続けた。

すると、二日目に遂に儀一が出た。

儀一はまず、「今まで出れなくてスマン。いま遠くの親戚の家で暮らしている」と言った。

そして儀一は、「あの時はスマン。本当に恐ろしい事があった」と話し出した。

儀一の話をまとめると、まず幼い頃の話からしなくてはならないのだが……

儀一は、弟を振り切って物陰に隠れようとしていた。

そして気付いたら夜だった。母に手を引っ張られていた。

そのときは、本当に記憶がなかったらしい。

それで家に帰ったのだが、その頃から変な夢を見るようになったらしい。

まず、自分は洞窟に入っていく。

最初は周りが見えるのだが、奥に進むと真っ暗闇になってるらしい。

そして、気付いたら目の前に壁がある。

どうやら洞窟は、そこで行き止まりらしい。

すると、足元から風が吹いている。

よく見ると足元に穴があり、奥の方に不思議に光るキノコがあるらしい。

そして、そのキノコを覗き込むと洞窟は消え、自分の周りを、キラキラとラメの様に光る黒い影が、バレリーナのように躍る。

まとめると、こういう夢だったと記憶してるのだが、これで合ってるかわからない。

そして、その半年前の話になる。

儀一はライブの帰り道、俺と一緒にあの場所に行く。

場所はなんとなくしか覚えていなかったらしいが、その場所に行った瞬間、前回と同じ感じに時間が止まっていた。

しかし、今回は何か違ったらしい。

なんと、自分の周りを、夢で見たのと同じように、黒い影がくるくる、ラメのようなものを撒き散らしながら回転していた。

あ、前回は止まった事すら気付いてなくて、今回は止まった事には気付いてたらしい。

それで儀一は怖くなり、最初は動けなかったんだが、だんだんわけが分からなくなってしまっていたらしい。

とりあえずがむしゃらに動こうとしても、体が全く動かない。

この辺の描写はあまり覚えてないが、とりあえずヤバイと思って必死だったらしい。

それで、気付くと回りが明るくなっていた。

ついに体が動いた。

気が狂いそうになりながらも、儀一は俺の手をとって必死に逃げた。

そして墓で迷い、疲れきった儀一は嘔吐した。

それからは前に書いたとおり。

一週間は恐怖で食事ものどを通らず、何もできなかったらしい。

そして、この地を離れなくてはいけないと思った儀一は、とりあえず親戚の家に行くことにしたらしい。

そこは行動力がある儀一らしいと思った。

何日か親には言ってなかったが、親戚が連絡を入れたみたいだ。

そして、親戚から家族に連絡が行ったのを知って、家族に「恋愛でいざこざがあった。この事は他人に話さないで欲しい」と伝えたみたいだ。

儀一は、たまに夢でみるキラキラの影と、昔あった『時が止まった』の話は、全く関係ないものと思っていたらしい。

接点すら考えなかったみたいだ。

そして、俺から連絡が来てもただ怖かったのだが、落ち着いてみると俺の事も心配になった。

しかも最近は、俺からあまり連絡が来なくなり、電話したらしい。

それで、昨日あったスレに書いた理由。

そのスレは、『不可解な事件を教えてくれ』みたいなスレタイだったんだが……

この間、俺はその夢を見てしまった。

だから、夢の詳細は結構細かく書けた。

覚えてる、というか、俺が見たものと一緒だったのかもい知れない。

すまん。続きは無いというより、進行形なのかもしれない。

とりあえずコレで終わりだ。

俺はもう一度検証してみたい……

けど儀一の事もある。行くべきか。

とりあえず、儀一と連絡を取ったのは、この後一度だけ。

あと、時間が説明しにくいのだが、一応言っておくと、儀一と電話したのは一年半前、俺が始めて『止まった』のは二年前だ。

半年ってかいたのは、二年前から半年って意味な。

(了)

 

海洋奇譚集 [ ロベール・ド・ラ・クロア ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

嫁へ電話 背後にいたもう一人のオレ

先日、初めて不思議体験にあったから思い出せる限りの事をレスする。 300: 名無 …

奇妙なアパートの隣人

最近引っ越したアパートの隣人の事。 ここは学生や単身者がほとんどなので、引越しあ …

石鬼の呪い

  お堂のなかにある石鬼の話。 自分の町はかなりの田舎で、田んぼが多く …

魂落(たまおち)

私がまだ小さかったころ体験した話です。 780 :本当にあった怖い名無し:201 …

祇園の神隠し

もう一〇年以上前、京都祇園での神隠しの話。 143 祇園神隠し 2013/08/ …

なんかじいちゃん頭でかくね?

まだ存命中だけど、じいちゃんがおかしい。 529 :本当にあった怖い名無し:20 …

呼び鈴を鳴らす者

  ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は二階で昼寝をしていた。 665 名前 …

変わった隣人

  私が住んでいるマンションのお隣さんがちょっと変わっている。 536 …

似た者同士/人生の分かれ道

  今から数年前、新卒で就職した会社から転職をしたときの話。 986: …

すり抜け~10の14乗分の1

人間って、壁をすり抜けたりする事ができるの知ってました? 10の14乗分の1くら …