【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

タイムリープ

      2016/11/14

Sponsored Link

小さいころ、一日の中で何回かやり直しというか時間の巻き戻しがあった。

418 本当にあった怖い名無し 2013/11/17(日) 10:28:36.96 ID:GK9cHHzqO Be:

小学生のころの話で、やっと家についた!と思ったら、はっとしたら遠足で山の頂上に向かう途中だったり。

ゼリーが固まったから食べよう!と思って皿を並べてたはずが、キッチンに向かう途中でまだゼリーを作ってもいなかったり。

まあ子供だから妄想が先立ってたのかも。

一番よく覚えていて、いまだよく分からない話がひとつある。

小学生の自分と祖母だけが家にいたある日のこと。

祖母と自分がキッチンで、昼のにゅうめんと野菜の素揚げの準備をしていたら、ドオオンドオオンという音がして家が揺れた。

祖母が勝手口から外に出て、浅間山が噴火しただけだよ。といって戻ってくる。

噴火して大丈夫なん?と聞けば、遠いから大丈夫だという。そこで中断。

自分はリビングにいて、時計をみると朝七時。

祖父が扉をあけて自分に仏さんにお茶はいれたかという。

朝たしかにお茶をいれたはずだが、仏壇に確認しにいくとお茶が置いてなかったのでいれ直す。

祖父に、ばあちゃんはまだ寝てるんかと聞くと、ばあちゃんは今日は夕方まで仕事に出てるから昼はじじいが作るよ。と言ってくれる。

その日の昼はにゅうめんと野菜の素揚げ。

自分はテーブルを拭くだけで、手伝わずにぼんやりしてた。

そろそろ浅間が噴火した時間かな…と思ってドキドキしていたが、轟音も揺れも噴火もその日はなかった。

食事の後かたづけをしながら、浅間って最近噴火したっけ?と祖父に聞けば、

「いや?気になるのか?」と簡素な返事。

数日噴火に備えていたが、結局浅間は噴火しなかった。

(了)

 

怪談 [ ヤン・シュヴァンクマイエル ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

小人はトイレに住んでいるのです。

  大学進学と共に実家を離れ、部屋を借りて一人暮らしをして三年になりま …

自転車が降ってきた

小学4年の頃、夏休みの話。 自宅近くの公園で友達と遊んでいたら、なぜか怪談に。 …

時空のおっさん1989

二十年近く前の話になります。当時、私は小学四年生でした。 228 :本当にあった …

藁束人形

悩んだけど封印してた話するね。友達ゴメン! 204 :底名無し沼さん:2008/ …

私の母?の・ようなもの。【意味がわかったら怖い話】

  四歳か五歳か、小学校に上がる前の、夏の終わりの話。 2014/05 …

オルガンの音

  家に、古いオルガンがあった。母が、私が生まれるより前に中古で買った …

ヤラミソ哀歌

 私は三十年以上生きてきて喪女、しかもいわゆる「やらみそ」なんだが…… 三〇過ぎ …

頭を叩かれた

親戚の集まりがあり、家族で茨城の祖母宅へ行った時のことです。 51 :本当にあっ …

【藤原静シリーズ】不思議な予言

  何年か前のことです。 あるとき、何故か急激に霊感が高まっていたころ …

喧騒のない繁華街

  僕が小学六年生の時の話。当時、僕は吉祥寺にある塾に通っていました。 …