【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

近々、死んでしまうものの心当たりはないか?

      2017/01/16

Sponsored Link

病気で入院しているばあちゃんを親戚揃って見舞いに行ったときの話。

233 :本当にあった怖い名無し:2016/09/24(土) 00:21:01.08 ID:lvVP15h90.net

実際、ばあちゃんの容体は芳しくなく、それは見舞った全員が既に知っていた。

ばあちゃん本人がどこまで自分の状態をわかっていたかは……俺にはわからない。

そんな時、従兄弟が急にばあちゃんにしがみついて泣き出したんだ。

それも、子供が泣きじゃくるように、わんわんと。

みんな焦っていた。まるでばあちゃんが今にも死んでしまうとでも言わんばかりの騒ぎだからだ。

なんとか落ち着かせてなだめようとすると、従兄弟は泣きながら「自分のせいでばあちゃんが死ぬ」と言い出した。

わけがわからないなりに詳しく聞いてみると、夢の話だという。

普通の日常的な夢を見ていたら、唐突に黒い男が現れて質問をされた。

道でも尋ねるような自然さに、従兄弟はつられるように答えてしまったらしい。

「近々、死んでしまうものの心当たりはないか?」

「ばあちゃんのこと?」と。

目を覚ましてから何てことをしてしまったのだろう、日々病状が悪くなりつつあるばあちゃんの様子に、あの男は死神だったのではないかと思うようになり、とうとう耐えきれなくなったのだと。

どうにも扱いに困った様子の親族たちをよそに、ばあちゃんは従兄弟の背中を精一杯さすりながら、

「大丈夫、大丈夫」と声をかけ、

「その男の夢なら、ばあちゃんも見たことがあるんだよ」と話し始めた。

「ばあちゃんはね、その質問にいつもこう返していたんだ。家の軒下の鉢植えが枯れかけている、私も世話できずにいるし、きっと長くは持たない、ってね。あの鉢植えたちに、ばあちゃんも悪いことをしてしまった。もう、そうして押し付けておくのも忍びない。だから、いいんだよ。もういいんだよ」

そんな風に言っていた。

Sponsored Link

それから何日かして、ばあちゃんは亡くなった。

あのばあちゃんの話は、俺を含め、親戚みんなどう捉えていいのかわからずにいる。

従兄弟を安心させようと、ばあちゃんが咄嗟に話を合わせて語って聞かせたのかもしれない。

でも、もう長く口を開くこともままならなくなっていたばあちゃんに、そんなことができたのだろうか?という疑問もある。

ばあちゃんが心配していた軒下の鉢植えは、まだ無事だった数鉢を俺が預かることにした。

幸い今のところ、黒い男が夢に出てくることはないままだ。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1474201478/]

 

密教の呪術 [ 池口恵観 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

不思議な模造刀

子供の頃俺に起こった不可思議なお話。 5月の節句で、俺の為に飾ってくれていた兜と …

もうひとりの俺と暮らしてた

大震災の後に、会えなかったけど半年くらい俺が俺と暮らしてた時があるよ。 418: …

腫瘍マーカーは調べたか

  おいらの母ちゃんと親父の事なんだけど、この二人は20年近く前に離婚 …

狐の導き

十年くらい前、俺は田舎も田舎、家が山に囲まれてるようなところに住んでたんだ。 2 …

もう一人の俺

  まだ中学生の頃の話。 616 :本当にあった怖い名無し :2006 …

顔盗みの蛇

知り合いの話。彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあ …

奇妙な公衆電話

高校生の時の話。 483 本当にあった怖い名無し 05/01/24 22:50: …

沈まない太陽

  もう十年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。 532 …

校内神隠し

私が高校生のときの話。 969 :本当にあった怖い名無し:2013/01/31( …

夏みかんの木の神様

ちょっと不思議な話を親から聞いた。 今から25年位前、八丈島という所に転勤になっ …