【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

テレアポのバイト

      2016/10/08

Sponsored Link

ちょっと前にテレアポのバイトをしていた時なんだけど。

小さな事務所で、インカム着けて通話しつつもお互いの内容がなんとなく聞こえるくらい。

そこでバイト仲間の一人が妙なことになったんだよね。

俺は壁際で、隣は湯原(学生:男)って真面目な奴しかいないんで、その会話を聞き流しつつ、めんどくせーとか思いながら俺もリストにしたがって順番にノルマやっつけようとしてた。

インカムでふさがれてない左耳に

「はい…7月の…18日ですね…渋谷。はい、確実に」

って湯原の声が聞こえてきて、アポ順調だなー、いいなー、なんて思ってたんだけど、そのあと

「息が止まるまで何度も、何度も、刺す…はい…死ぬまで…逃がさない」って。

「えっ?」と思ったら、急に湯原が後ろ向きに、事務イスごとぶっ倒れたんだよね。

反射的に見たら白目剥いて泡吹いてて、女子も多い事務所だからパニック状態になっちゃって。

すぐに社員が救急車呼んで、湯原は近所の病院へ運ばれたらしいけど、その後出勤してくることはなし。

テレアポで営業かけてたのは某CSのチューナーだし、刺すだの死ぬだの物騒なキーワードが出てくるのは常識的にありえない。

湯原はどんなお客さんとどんな会話してるんだよ、と。

通話記録(直前の会話分だけ録音してある)も残ってるはずだと思うんだけど、バイト先からは何の説明らしきものはなかった。

で、偶然湯原を見かけたんだよね。おとといの飲みの帰り、始発電車の中で。

面白みもない感じの普通の学生って感じだった湯原が、ガラガラの車内の真ん中で突っ立ったまま、よだれを垂れ流しながら恍惚の表情で笑ってて、見るにたえなかった。

電話一本で何があったんだろうって急に思いだして……

(了)

 

怪談幽戯 [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

井戸の上に建てられた家

  鎌倉で改修工事したときの体験談。 382:本当にあった怖い名無し: …

銅像のお返し

  俺はあまり霊というものを信じているとはいえません。 453 :あな …

壁の落書き

このあいだちょうど小学校の同窓会があったんで、そのときに当然のごとく話題に上がっ …

コトバノチカラ

俺がまだ小学生の頃、四家族(二十人くらい)で河原へキャンプにいったときの話。 9 …

恐怖の寝言

  よく寝言に返事しちゃだめ、っていうじゃないですか。 497: 本当 …

不幸を招く人

  子供の頃から俺だけに見える、身内に不幸がある前にだけ現われる人が居 …

玄関の戸を叩く者

  小さい頃、五階建ての団地の二階に住んでいた。 609 :本当にあっ …

非常階段鬼ごっこ

高層マンション住みだが、エレベーターじゃなく階段の方を利用している。 990 : …

ゲアー!!!な体験

小学5年の時 オヤジが突然「会津若松へ行こう、城を見よう」と言い出し、 小3の弟 …

猫の音楽

旅行中、山道を歩いていたら、一本道だから道に迷うはずがないのに、歩いても歩いても …