【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

天神龍の人柱

      2017/04/26

Sponsored Link

僕が育った村は、N県のそれは山の奥だった。

その村には、ちょっとした湖がある。

そこには、龍神が住んでいると、昔から語り継がれていた。

しかし、その湖は、子供の僕らにとっては、絶好の遊び場所であった。

ある日、僕と友達が、学校の帰りにその湖で水切りをして遊んでいると、湖の真ん中辺りが波打っているのが見えた。

「なんだあれ……? なんかおかしくない?」

僕は異常に気付き、すぐ友達に教えてあげた。

友達は、座っていたのだが、様子がおかしい……

近づいて友達を見た時、驚きで声が出なかった。

友達は、時間が止まったように、いや…石のように、身動き一つせず固まっていた……

湖の波は、どんどん激しくなり、やがて大きな影が現れたのだ。

二十メートルほど離れた場所から見ても、その巨大さは、ハッキリとわかった。

「龍だ……」

それは、龍と言うより、大蛇に近い感じだった。

頭だけ、恐竜のテイラノサウルスのように、ゴツゴツしていた。

それは、赤い目でずっと僕の方を見ていた。

僕が、気を失ったのは言うまでもない。

友達が呼んでる声で目が覚めた。

友達は、心配そうに僕に話かける、

「おい!大丈夫か? いきなり倒れてるからビックリしたよ」

「龍を見た……」

「マジかよ……」

その晩、僕の家に村の人がたくさん押し寄せた。

僕は、緑色のチャンチャンコを着せられ、一番上座の席に座らされた。

母さんと父さんは、青い顔して、おろおろするばかり。

村の人は、みんな御祝儀袋を持ってきては、僕に渡すのだ。

僕は、得意気になって龍を見た話を語った。

その日の真夜中、母さんの声で目が覚めた。

「起きなさい、父さんと一緒にいまから出掛けなさい!」

母さんの口調は、いつになく厳しいものだった。

僕は、パジャマのまま父さんの車に乗り込んだ。

父さんに行き先を聞くと、

「お前は今日から、九州のじいさん所で暮らすんだ!ここにはもう二度と帰ってこん……」

両親は、僕が九州にきてから、三ヶ月後に、田んぼも家も全て売り払いやってきた。

あのまま村に残っていたら、村人達に、人柱として湖に沈められていたらしい……

(了)

 

懺・百物語/我妻俊樹/伊計翼/小田イ輔

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

絶対に入ってはいけない辻

あれは昭和から平成になった頃、俺が小学生の時の話だ。 俺の出身は北関東の寒村で、 …

謎の集落

四国の大学で地質学の卒論を書いた。 303 本当にあった怖い名無し 2006/1 …

オンマシラの儀

古くからの風習とか呪いとか、そういう類の話なので、現実的な恐怖ではないかもしれな …

つりさがり 自衛隊員が山中で見たものとは…

『つりさがり』というものをご存知でしょうか? おそらく初めて耳にする言葉だと思い …

供養塚

  その地方の猟師の家系は、子どもの頃から捕った獲物の数を数えて、それ …

モッケ

私は友人の間では「幽霊避け」扱いされています。 行ったら絶対何かある!と言われて …

オサキギツネと犬神

文化人類学の講義に出ていた先輩から聞いた、憑き物筋の話。 115 :本当にあった …

骨噛み

私が小学生のとき父方の祖母が亡くなって、お葬式をした時の話なんだけど。ずっと気に …

海を見てはいけない日

九月に、『おおばあ』って呼んでたうちのばあちゃんの姉が亡くなって、一家揃って泊ま …

かみ屋敷

自分はいわゆる理系で、しかもオカルトとは正反対の化学を研究しているのですが、昔か …