【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

田の神

   

Sponsored Link

何歳の頃かも忘れてしまった、幼い日の出来事から……

山や田んぼには、神様が住んでいるという話を聞いた事がありますか?

私の生まれた町では、お百姓さん達からそんな話を聞かされて育ちました。

ある日、私は幼馴染国彦君と2人で、彼の家の近所の神社の裏手の田んぼのあぜで遊んでいました。

親からは『明るいうちに、帰っておいで』ときつく言われてはいましたが、楽しい時間はあっという間にすぎ、あたりが薄暗くなってきてしまった時、それは起こりました。

苗の植えられている田の水面が鏡のように調い輝いて、その中では、怒り心配している私と国彦君の母親と、近所に住んでいる同級生の母親が映っていたのです。

三人の母親の会話まで聞こえた記憶があります。

早く帰らないと酷く怒られると思った我々は、急いで国彦君の家の前まで駆けて行きました。

そこには、水面に映ったのと同じ服装、構図の母親たちの姿がありましたが、なぜか不思議には思いませんでした。

その後か先かは忘れましたが、田んぼに石を投げ込む遊びをした事があります。

まだ苗の植わっていない田んぼは見晴らしが良く、大きな石を投げ込むと爆発するように泥と水飛沫を上げる事から、爆弾投げと呼ばれていました。

その年、私の家の前の田は、神社に一束の稲穂をお供えする『神田』となっており、お神酒と、注連縄で飾られていました。

私たちはいつもの年のように、大きな掴み易い丸めの石を選んで投げ込む事にしました。

まるで注連縄がプロレスのリングのようで、幼い心に特別な思いを抱かせたのでしょうか?

私は石垣に隠しておいた、模様の入ったお気に入りの宝物の石を投げる事にしました。

石の大きさは、多分大人の握りこぶし位だったのではないでしょうか。

私は一番乗りで石を投げ、石は放物線を描いて水面へ。

大きな水飛沫が上がった時、私は頭に強い衝撃を受けて、意識を失いました。

目が覚めると、そこには母と、友人達、そして近所の医院のお爺ちゃん先生が覗き込んでいました。

「この石が頭にぶつかったんだよ」

と聞かされて、先生が見せてくれた石は、確かに自分が投げ込んだはずの宝物の石だったのです。

周りにその事を訴えると、皆、急に押し黙り、その後両親に連れられて神社と田んぼに、お供えをしに行った記憶があります。

Sponsored Link

俺も似たような経験がある。

俺が小学生のときの話なんだけど、友達の家の近くに池があった。直径3mか5mくらいの、まあるくて小さな池。

その池の周りをぐるりとなんかしめ縄みたいな縄で囲んであったし、すぐそばにちっさい祠とかあったから、たぶん神様の池とかだったんだろう。

そのときは同い年の子3人と、いっこ上の子1人とで遊んでた。

いっこ上の子の名前がひろあき君、同い年のこの中の一人の名前がきよたかくん。

何でそんなことしたのかよく覚えていないけど、なんか自然な話の流れで、ひろあき君がその池の中に子供の頭くらいの大きさの石を投げ込んだ。

どっぼーんと大きな音がした。それとほとんど同時に、きよたかくんが勢いよく倒れた。

頭から大量の血を出していて、その近くに少し血のついた石が落ちていた。

たった今投げ込んだ石と同じような大きさと形をしていた。

その場にいた全員が何が起こったのか全く解らなかった。

俺は倒れてるきよたかくんを暫くじっと見つめていた。

もう一人の同い年の子も崩れるように倒れこんだ。

後で解った事だが、大量の血を見て貧血で倒れたそうだ。

俺はそれを見て我に返って、ひろあき君を見た。

ひろあき君はまだほうけている、俺は走って友達の家に行き大人の人を呼んできた。

その後のことは実はあんまり記憶にない。

確か大人の人にじっとしてなさいとか何とか言われてじっとしてた気がする。

救急車が来てきよたかくんが運ばれていったのを見届けてから、すぐに俺は高熱を出した。

2日くらい経って大分熱もさがったころ警察の人が来ていろいろ聞かれた。

きよたかくんは頭蓋骨がわれていて相当やばかったらしいが、たまたま運ばれた病院に凄い先生がいて助かったそうだ。

(了)

 

呪術探究(巻の3)/忍び寄る魔を退ける結界法 [ 原書房 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img0504
時空の草むしり

  中学一年生の時の話。 540 :本当にあった怖い名無し:2013/ …

img1194
お家の神様がお出掛けする時

息子の事なんだが、ちょっと不思議だったので投下します。 262 :本当にあった怖 …

150606_002
藁のお人形さん/挿入曲:チューリップ組『光の誓い』

近所の霊感おばさんから夏祭りの時に聞いた話。 2012/11/06(火) 17: …

151125_004
びっしり

今からおよそ3年前のこと。 その当時、俺は大学卒業を控えて、就活やら研究に追われ …

seikansitafutari
戦争から生還した二人の奇妙な因縁

祖父から聞いた話です。 うちの祖父は、戦争中に所属していた部隊が壊滅して、生き残 …

reisyou-tonneru
霊障トンネル

  今から十年以上前、俺の知り合いの女性から聞いた体験談 103 :本 …

zerosen
零戦飛曹

今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。 656 : 2012/10/ …

kitunetosaisyuuressya
狸と最終列車

  仕事中に体験した話です。 仕事は列車の運転士をしています。 その日 …

151213_000
★温泉街の按摩さん

元同僚の話。 仕事の元請先に誘われて、温泉旅行に出かけたのだという。 温泉と料理 …

img1043
れしゅか

少し前まで胃がんで胃の切除手術をして入院してた。 774 :本当にあった怖い名無 …