【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

食べログには決して載らない旨いとんかつ屋

      2016/12/23

Sponsored Link

ある青年が、K県に行った時のこと。

75 :2003/11/23 20:36

空腹になったので、一軒のとんかつ屋に入った。

夫婦者でやっているらしい、小さく古びた店だった。

奥の座敷は住まいになっているようで、子供がテレビを見ている姿がチラリと見える。

夫も妻も、無愛想で心持顔色が悪い。他に客はいなかった。

しかしここのとんかつ、食ってみるとものすごく旨い。

あっという間にたいらげ、青年は満足した。

会計を済ませ、帰り際、店主が「来年も、またどうぞ」と。

変わった挨拶もあるものだと青年は思ったが、とんかつは本当に旨かったので、また機会があったら是非立ち寄ろうと思い、店を後にした。

それから一年……

再びK県に赴いた青年は、あのとんかつ屋に行ってみることにした。

しかし、探せども探せども店は見つからない。

おかしい……住所は合ってるし、近隣の風景はそのままだし。

まさかこの一年で潰れたとか……?

いや、あんなに旨い店なのに。

仕方がないので、住民に聞くことにした。

すると老人が、

「ああ、あの店ね。あそこは十一年前に火事で全焼してね。家族三人だったけど、皆焼け死んでしまって……」

そんな……

青年があの店に入ったのは去年のことだ。

戸惑う青年をよそに老人は続けた。

「毎年、火事で店が全焼した日、つまり家族の命日にだけ、その店が開店する……って話がある。入った客も何人かいるようだが……あんた、去年入ったの?」

『来年も、またどうぞ』

帰り際の店主のあの変わった挨拶。

あれはつまり、来年の命日にもまた店に来いと、そういうことだったのだろうか……

恐慌をきたしながらも青年は、家族の命日だけは確認した。

案の定、去年青年が店に入ったその日だった……

……その話を青年から聞いた友人は、

「そんなバカなことあるかよ。お前ホントにとんかつ食ったの?」と。

青年は答えた。

「本当に食った!あんな旨いとんかつ初めてだったし、それに子供が奥の部屋で見てたテレビ番組、ルパン三世の曲だってことも憶えてる」

しかし青年は、しばらく考え込んでから呟いた。

「そう言えば、子供の首が無かった気がする……」

(了)

 

超ー1 怪コレクション 夜明けの章 [ 加藤一 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

謎の裏庭

  俺が小学校低学年の頃の話。 517 :本当にあった怖い名無し :2 …

二十八歳の別れ

高熱をだしたときのこと 866 :本当にあった怖い名無し:2015/08/25( …

ヤラミソ哀歌

 私は三十年以上生きてきて喪女、しかもいわゆる「やらみそ」なんだが…… 三〇過ぎ …

恋の方角

長い話になるんだけど聞いて欲しい事がある。 9 : 本当にあった怖い名無し : …

刀にまつわる怖い話

怖い話ではないと思うが、現在進行形で起こってる話。 720 刀 2006/12/ …

わらべたちの『はないちもんめ』が聴こえる哀愁ホーム

  鉄道で不思議な話と言えば、もう十年以上昔の話になるが…… 476 …

変身する母

母親は普通の小太りのおばちゃんなんだけれど、年一位で超ハイスペックになる日があっ …

記憶の空白期間

小学校二年生の頃、理由は覚えていないが母親に激しく怒られた。 985 :本当にあ …

彼岸花畑

  俺はその晩、友達の家から自転車に乗って帰路についていた。 169 …

解体されたおうち

お祓いに行く前に書いておきます。 195 :本当にあった怖い名無し:2015/0 …