【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

【18禁】幽界娼婦色街劣情【視聴注意】

   

Sponsored Link

141124_018

関東の某所に旧赤線地帯として有名な町が在った。

「在った」と過去形なのは、その町にあった売春街は数年前に行政の手によって完全に壊滅し、終戦から半世紀以上の歴史に幕を下ろしたからだ。

私はその地域にある某大学に通っていたが、卒業後、家業を継ぐために実家に戻って数年が経過していた。

事件は、大学の同期と同窓会兼ツーリングクラブのミーティングで集まった時に起こった。

私は長めに休暇が取れたので、同窓会の開催日よりも早目に上京し、当地に住む友人宅に逗留していた。

そして、当地に住むもう一人の悪友と三人で問題の売春街に繰り出す事になった。

期待に胸と股間を膨らませた我々三人は売春街の外れの私鉄のガード下にバイクを停めると、遊び相手の女の子を物色する為に街を徘徊して回った。

壊滅前のその町は、燃え尽きる蝋燭の最後の輝きのように凄まじいばかりの活況だった。

所謂「裏風俗」であるのに、まるで縁日か初詣のような人出。

飾り窓に立っている女の子も中国人、タイ人、台湾人、ロシア、コロンビアなど国籍・人種も様々でバラエティに富んでいた。

Sponsored Link

街に着いたのは午後一〇時過ぎだったと思う。

あまりの人の多さに我々は終電の時間まで食事をしたり、店の娘を冷やかしたりして時間を潰した。

徘徊しているうちに妙に気になる娘がいた。

メインストリートから、川側に一本外れた通りのコインパーキングの横の店にその娘は立っていた。

白いキャミソールを着た色白の黒髪の娘。

余り化粧気はなく、目が合うとニコッと微笑むだけだったが、キツ目の化粧で激しく客寄せの声を掛けてくる女達の中では却って目に付いた。

終電の時間が過ぎ人通りも少なくなった(それでも結構な人数が歩いていたが)。

そこで、そろそろ行きますかということになった。

友人の一人が私に

「どの子にするか決めた?」と聞いたので

「コインパーキングの横の店にいた白いキャミの子にするわ」と答えた。

もう一人の友人は

「そんな子いたっけ?」と言った。

「俺、ロシア」

「俺はコの字の所にいたあやや似の子」

「それじゃあ皆、健闘を祈る。地雷を踏んでも泣かない。終わったら川の向こうのミニストップで待ち合わせな!」

そう言うと我々はそれぞれ思い思いの女のいる店に向かって分かれた。

目的の店に着くと目当ての白いキャミの子はいなくて、赤い服を着た工藤静香似の髪の長い女が立っていた。

私は女に

「白い服の子は?」と聞いた。

女は

「えー、この店私一人だよ。今店を開けたところだから見間違いじゃない? お兄さん遊ぼうよー、サービスするからさー」

他にめぼしい女はいなかったし、待ち合わせがあるので新しく物色する時間もないのでその店に上がる事にした。

店を開けたばかりというのは本当らしく、女はちょっと待っててと言って二階に用意のために上がって行った。

カウンターで女の出してくれたウーロン茶を飲みながら待っていると二階から女が「どうぞ」と声を掛けてきた。

階段の前で靴を脱いで、暗くて狭い階段を一段昇った。

その瞬間、全身の毛が逆立つような悪寒が足元からぞわっと上ってきた。

初風俗で緊張しているのかな?とも思ったが階段を一段昇る度に嫌な感じは強くなった……

※以降、過激な表現が含まれるため、続きは音声のみででお聴きください

(続きは 4′34″から)

 

消えた赤線放浪記 その色町の今は…… [ 木村聡 ]

Sponsored Link

 - ほんとにあった怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

狐とサバゲー

以前、人家から相当離れた山中で数回夜戦を行った。 631 :名無し迷彩:2006 …

空き家に棲むもの

ガキのころ、俺達の間では探検ごっこが流行っていた。 207: 本当にあった怖い名 …

足音

  俺の住んでた実家、まぁマンションなんだが、これがちょっと地元で有名 …

夜勤者が体験した恐怖の実話~厳選3話

夜勤で体験した怖い話三題 112 :本当にあった怖い名無し:2015/08/22 …

奇妙なドア

  新しい家はベランダが広く、中も西洋の雰囲気を醸し出しているとてもよ …

追いかけてくる仲間の声

叔父の話。 母の弟である叔父は*ケイビングが趣味で、社会人になってからも大学時代 …

斑点

  確か三歳の時だと思うんだけど、つい昨日までなんともなかったおじいち …

千日前で

タクシーの運転手から聞いた話。 大阪の千日前付近で客を待っていたら、前に同僚のタ …

熟睡し過ぎるソバ殻枕

ウチの母から最近聞いた話 当時十八とかそこらの母は、ちょっと距離のあるところで就 …

アブナイ指導者

心霊的な話とは違うのですが、未だに理解出来ない事があって書きます。 760 本当 …