【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

シンメトリー

   

Sponsored Link

小学生の頃、ひまわり学級という障がいを抱えた子供が通うクラスがあった。

363 : 本当にあった怖い名無し:2011/11/05(土) 06:36:51.88 ID:9V/7Rjgx0

そこに、ずんぐりした軽度の知的障がいを抱えた男子が通っていた。

そいつを仮に浩と呼ぶことにする。

ひまわり学級は普通、一般学級とは異なるタイムスケジュールで進んでいるため、その学級の生徒を見る事は稀なことだった。

それ故に一般生徒は、ひまわり学級についてほとんど知らないのが普通だったのだが、この浩の知名度はかなりすば抜けており、一種の学校の名物君になっていた。

その理由としては、浩は気になる物は全て左右対称じゃないと気が済まないと言う、極めて重度の強迫性障がいを持っていたからだ。

浩は異常なほどシンメトリーに拘り、左右非対称の物に関しては、自らが納得するまで弄って、何とかシンメトリーにしようとしていた。

これは現場を最初から見た訳ではないから何とも言えないが、一度、授業中に浩の金切り声を聞いたことがある。

その後、窓際にいた友人に話を聞いてみると、どうやら浩が中庭の細木の枝を、ひたすら折っていて、それを先生に止められたらしい。

しかし先生に腕を引っ張られながらも、金切り声をあげながら、何とか残りの枝もへし折ろうと執着してた……とのことだった。

数日後、中庭の細木が見事一本の棒のようになっていたんだから、どれだけ浩の執念が凄まじいかよく分かると思う。

とは言っても、全ての物に対して執着する訳ではなく、あくまで己の琴線に触れた物のシンメトリーだけに執着するらしい。

事実、他の細木には通常どおりだったし、人体模型や建築物などのシンメトリーもガン無視だったらしい。

ここで場面は変わるが、同じクラスの女子に雅子っていう子がいたんだが、その子が交通事故に合った。

幸い、命に別条はなかったものの、右足の脛から下あたりまでを失ってしまった。

一応、数ヵ月後には学校に顔を出す様になったが、リハビリかなんかで、ちょくちょく遅れて登校したり、早退したりも多くなった。

そんな感じの生活が続いていたある日、事件は起こった。

雅子がリハビリの為に早退することになり、別の女子に連れ添われながら教室を出て行った。

それからほんの少し間が空いて突然、廊下の方から女子の悲鳴が聞こえた。

その時は、自分も当事者だったので良く覚えている。

俺は廊下側の席に座っていたので、何事だろうと、そっと廊下を覗いてみたところ、浩が雅子を押し倒し、左足を掴んでグイグイと引きずっていたのだ。

慌ててクラスの男子と一緒に飛び出して、浩を無理やり雅子から引き剥がした。

先生も飛び出してきて、何とか事態は収拾したのだが、雅子の方は、引きずられながら左足を引っ掻かれたらしく、所々に血が滲んでいた。

連れ添った女子の方も、顔を殴られたらしく泣いていた。相当怖かったんだろうと思う。

一方浩の方は、取り押さえられながらも、奇声をあげて、無茶苦茶に暴れまくっていた。

その時、初めて執着している浩を間近で見たが、目を剥き出しにし、涎を垂らしながら唸る姿は、本当に鬼気迫る様な感じがした。

それから三人とも先生に連れていかれて、授業は一時中断。

その後、戻ってきた先生に自習を言い渡され、その日は昼間で授業が開かれることはなかった。

浩はその後も雅子に執着し続けたらしく、自分の学年の廊下をウロウロ巡回したり、教室を覗いてくるのをたびたび目撃した。

これは後から聞いた話なのだが、その時にはすでに浩は、学校側から自宅謹慎するように言われていたらしい。

それでも親の目を盗んでは学校に無断で侵入し、廊下や教室を監視していたらしいのだ。

そう言う事もあってか、雅子が再び学校に来たのは、浩が転校か何かで来なくなってから暫くしてのことだった。

それからは何事も無く過ごし、雅子は別の普通学校に進学していった。

Sponsored Link

それから月日は流れて成人式。

小学校の同窓会に出席し、久しぶりに会う友人達との再会を喜んだ。

それからは集まった友人たちと乾杯し、様々な思い出や、近況について語り合った。

そんな感じの話をしていて、ふと上記の浩についてのエピソードを思い出した。

今思えば、笑い話にするには不謹慎すぎる話題だったが、酒が入っていたせいか、再会に浮かれていたせいか、何気なく話題にだしてしまった。

するとヘラヘラ笑ってた友人達のうち数人がピタリと押し黙り、「お前聞いてないのか?」と神妙そうな顔で訊ねてきた。

一瞬ふざけてるのかと思ったが、あまりに真面目な感じだったので、一体何のことなのか、詳細を聞いてみた。

友人曰く、雅子は中学二年くらいの時期に、通り魔に襲われて亡くなったらしいのだ。

当時、地元の新聞にデカデカと出てたらしく、どうやら雅子は、左足を切り取られ、出血多量で亡くなったらしい。

左足は路傍に捨てられており、何故か右足の義足の方も、取り外されて捨てられていたらしい。

人通りの少ない道での犯行で、目撃情報は無く、犯人も未だに捕まっていない。

ただ、事件発生数か月前、現場付近で奇声をあげながらうろつく、謎の人物が目撃されているとのことだった。

浩の行方は、未だわからない……

(了)

 

ドッペルゲンガーのはなし [ 友山奏也 ]

Sponsored Link

 - ヒトコワ・ほんとは人間のほうが怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

残業恐怖体験

マジ怖かった体験談です。 年末の追い込みで、独り残業をしておりました。 残業規制 …

園児誘拐事件の真相

  幼稚園児の姪が誘拐されたことがある。 845 :本当にあった怖い名 …

正義の目方【ヒトコワ】

  昔、うちは小さな山を持っていた。 860 :本当にあった怖い名無し …

殺意なき人殺し

昨日、近所をまったりと散歩していた。 10:以下、名無しにかわりましてVIPがお …

友人のお告げ

姑とまだ同居していたときのこと。近くに住む友人が遊びに来た。 399 :名無しさ …

ネトゲをやらなくなった理由

一年前の話。友人に誘われて某MMO(インターネットゲーム)を始めた。 10 :以 …

廃屋の悪夢

小四のときの話。 241 :本当にあった怖い名無し:2013/10/14(月) …

呪い返し

知人の娘さんが友人から聞いたと言う話。 珠美さんは地方の公立高校に通う普通の高校 …

特殊清掃員は見た

  ※註:猫好きの人は読まないほうがいいと思います…… 特殊清掃の仕事 …

アブナイ黒人に追いかけられた

アメリカに留学していた時の話。 夜の10時頃にアメリカ人の友達から電話でビリヤー …