【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

夫にメガンテ!

      2017/08/07

Sponsored Link

 

しゃべる絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。

それは今でも和室に飾ってあって、とくに怪奇現象を起こしたりはしてない。

祖父の友人は骨董商だった。

その皿も店の品物でかなりの逸品らしいが、売れてもじきに返品される謎の皿だったらしい。

当の骨董商が亡くなったとかで親友である祖父が形見分けとして引き取ったそうだ。

皿がうちに来た当時、幼かった私はその絵皿がえらく気に入っていた。

触ると祖父に怒られるので、祖父の外出中をねらって、皿を床にふせて爪ではじいていた。

そうすると皿から若い男の人の声がした。

「痛い、叩くな」

「やめなさい」

「物なんだから大切に扱え」

こういう内容がほとんどだったけど、反応があるのが面白くて弾きまくった。

皿は、たまに「ここだけの話だからな」といって他人の秘密を教えてくれた。

若い頃の祖父が美女に交際を申し込むために馬鹿みたいなパフォーマンスをしたこと。

その馬鹿男を祖母が殴って叱ったのが二人のなれそめであること。

隣の奥さんが不倫亭主を見限るまでの経緯。

ほかにも、普通なら知り得ない他家の事情をいろいろ聞かされた。

惚れたはれたが多かったが、たまに私が沈んでるとはげまされたりもした。

皿から聞いた話を祖父母に言うとやけに焦った反応が返ってきたからあながち嘘ではなかったんだと思う。

小学校にあがって友達と遊ぶようになり、いつしか私は皿のことを忘れていった……

 

Sponsored Link

ついこの前までは皿が喋るなんて子供の妄想かと思っていたが、先日和室を掃除しにいったら、うちの娘がかつての私と同じようにして皿で遊んでいた。

「パパがね、あたいが生まれたときから星川鈴子さんていう女の子とフテーを働いてるんだって!お婿のくせに生意気だってお皿が言ってたよ。ママがいるのに許せないんだって。ねえ、フテーって何?」

不貞ってのはつまり浮気のことだ、なんてまさか教えたりはしなかったが、後日夫が職場の飲み会に出かけたあと、忘れていった仕事用のケータイに専務からの着信メールがあった……

「すずこだよぉℒℴνℯ今いつものホテルで待ってるからはやく来てね

あの皿は今もかわらずゴシップが好きらしい。

とりあえず昔と同じように床にふせて、娘に昼ドラまがいの話を吹き込むなと釘をさしておいたが、もう昔のように皿の声は聞こえなかった。

娘が私の若い頃のことについてやけに詳しいのは、やはり皿の仕業なんだろうか。

部屋でヒゲダンスするのが趣味だったなんて恥ずかしくて誰にも言ってないのに、なんで知ってるんだ。

逆上した夫に殴られたら、私が子供の頃から使ってたご飯茶碗が棚からとんできて夫にメガンテ。

これにびびって全部吐いてくれました。

この程度のことで?って思ったけど、本人いわく浮気相手と会うたびに夫の使う食器が手のなかで突然割れて怖いんですと。

懲りもせずすぐにまた浮気しやがって、しかも今度は不倫相手と婚約までしてたけど、相手の実家に婚約の挨拶に行ったら、先方の家宝の壷がすごい勢いで背中にヒット!→ムチウチ。

ビールジョッキが頭に落ちてきて病院搬送されたこともあったけど、それも不倫相手と密会中の事故。

どんどん規模が大きくなっているので、今では食器が怖くて不倫できないもようです。

いや私が神社の一人娘なもんだから、神主役の男が必要なんですよ。

バツイチ・こぶつき宗教一家の年増に婿入りしたがる奴はいないでしょうから、長男が生まれるか娘が結婚するまでは夫を逃がすことはできない。

(了)

 

呪術探究 別巻 呪術探究編集部/編

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    教えられもしないのに不倫なんて言葉を理解している幼稚園児
    娘は同じ状況で不貞の意味を理解できなかったのにな
    こういう矛盾があるとすげー萎える

    • 匿名 より:

      不倫なんて言葉を理解している幼稚園児なんてどこにも書いていないですよ?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

区長家の秘密

  小学生の頃、子ども会の集まりで区長の家へよく行っていた。 431: …

家族の寫眞

  私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず …

コレクターの怨念

俺は、とある物のコレクターなんだが、コレクター友達の西塚が、ある時突然余命宣告を …

匂いで癌がわかる

  色々落ち着いたからまとめるついでにちょっと話したくなった。当方男で …

キョウコちゃん

私が小学校一年生の担任だった時の話。 522: 本当にあった怖い名無し:2013 …

足を滑べらせて川に落ちた

  小学一年生の時、家の近くにある川で一人で魚を釣って遊んでたら、足を …

死ぬほどつらいことが三度ある

祖母が鬼籍に入ったときの話 578 :遺言:2013/09/17(火) 20:1 …

首にロープを巻いて椅子蹴り飛ばそうとしたら足元に何かいた……

  小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げてから八期目をむかえ …

元都知事が体験したゾッとする話

元都知事の某短編集を読んだんだけど、このスレっぽい話がけっこうあったので二つくら …

禁じられた家

定期的に急に思い出す昔の話。 245:本当にあった怖い名無し:2012/12/0 …