【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

あの夏の恐怖体験

      2016/12/28

Sponsored Link

去年の夏の話です。

新しく引っ越したアパートで、天井から音がするようになったんです。

なにかが這い回るような音でした。いつも和室の方で聞こえました。

ある日、彼を部屋に呼ぶことになりました。

私は「そうだ。なんの音か、彼に見てもらおう」と思い、押入れの天袋から屋根裏を見るようお願いしたんです。

彼は懐中電灯をもって屋根裏を覗いてくれました。

首から上が天袋にすっぽり入っています。

二~三分でしょうか。彼は無言で見ていました

。私が「どう?」と聞いても、まったく反応しません。

「大丈夫かな」と思っていると、彼が一度ピクッと動いて、そのあと、頭を戻しました。

そのときの顔が異常でした。

別人の顔……というか宇宙人のような顔で、私は驚いて固まってしまいました。

すると彼は「あっ」っと言って後を向き、手で顔を覆いました。次に振り向いたときはいつもの彼でした。

彼はソファーに座ると、天井の電気をじーっと見ていました。

そして、やたらにペロペロと舌なめずりをしていました。私が

「……ねぇ……どうしたの?」

と言うと、彼は上を向いたまま、こう言いました。

「おまえは、たぶん大丈夫だから」

そして彼は、テーブルにあったお菓子やおつまみをいきなりガツガツ食べだしました。

あっという間に全部食べて、なにも言わず部屋を出て行ってしまいました。

それ以来、彼はずっと行方不明です。携帯も不通で、自宅や実家にも帰っていないそうです。

ちなみに、あの音はその日から聞いていません。

それから数週間後です。また怖いことがありました。

夜、家路を急いでいると、電柱の明かりの下に、ボロボロの服を着た男性がいたんです。

その男性は外灯にしがみ付き、空中の何かに腕を伸ばし、必死につかもうとしているようでした。

「きっと、頭のおかしい人なんだ」と思い、遠回りして帰りました。

アパートに近かったので、しばらくは本当に怖かったです。

彼の出来事でナーバスになっていたこともあり、私はすぐに引っ越しを決めました。

あの夏は本当に怖い体験ばかりでした……

(了)

 

赤いヤッケの男 山の霊異記 [ 安曇 潤平 ]

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

松林のお婆さん

小さいころ、ぼくは知的障害を持っていると思われていました。 言葉や文字に対する遅 …

トイレの先客

  俺が実際に体験した話。 高校の修学旅行。 深夜二時を回ってみんなが …

女と毒草

  関東のホームセンターでパートをしています。 503 :本当にあった …

鉛筆を探しに出かけた祖母

実際にあった話を書きます。 私の家族は父、母、兄、私、妹、祖母の6人です。 先月 …

首にロープを巻いて椅子蹴り飛ばそうとしたら足元に何かいた……

  小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げてから八期目をむかえ …

ぐるぐる様

    僕の友人にオカルティストで霊感もそこそこ強いKという …

家族の寫眞

  私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず …

ツラビィス

俺が保育園児くらいのガキだった頃、変わった蛇を見た。 627 :本当にあった怖い …

彼岸からの生還

俺の死んだ爺ちゃんが戦争中に体験した話。 爺ちゃんは南の方で米英軍と交戦していた …

ゲストハウスの怪

霊感ゼロだけれど、この前、変なものに遭いました。 654 :本当にあった怖い名無 …