【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

地下鉄怪談

   

Sponsored Link

某都市の地下鉄で働いてます。

まあ当たり前ですが、環境が環境なだけに

「ウン年前にあそこで飛び込んで轢かれた」とか「あのトイレの個室で首吊ってた」等、そういう話が当たり前にある環境で寝泊まりしているので怪談に事欠きません。

個人的に一番キテるなと感じたのは、某繁華街付近にある駅の狭い階段しかない出口の踊り場から入った電気室。

最初本当にビビったけど何故か仏壇があって、口外はしないけどちゃんと駅の人が定期的に掃除して水換えてお供えしています。

ずっと昔ですが、この電気室内の一部が駅員の仮眠室になってて、そこで今で言う睡眠時無呼吸みたいのが原因か分からんけど、仮眠して翌朝隣のベッドで寝てた同僚が死んでたというのが一年で三人も続いたらしくお祓いしてそうなったそうで。

今ではぶち抜きの電気室で仮眠室もキレイなのが別にありますが、真っ暗な電気室の電気点けると仏壇が目に飛び込んでくる光景は本当に異様で怖いです。

階段登るとすぐにきらびやかな繁華街なだけに特にね……

JR、私鉄問わず鉄道関係者って過労死って多いのかな?
過労死以前にストレス凄そう…

過労死は聞かないけど、組合によると他業種に比べて平均寿命は短いらしい。

ただ昨今は警備員さんとか非正規の他業種にはもっと過酷な勤務体系の業種も多いし、あまり大きな声で大変だ大変だとは言えないね……

ちなみに人身があった時は、ちゃんと終電終わった後に皆でお清めしてるんだよ。

未開封の新品のお酒をまきます(年始の祈願でもらってきたお神酒が多い)。

鉄道の勤務は宿泊勤務が中心で朝~翌朝までが一回の勤務なんだけど、翌朝に仕事が終わったらお清めという名目で行ける人全員でお酒を飲みに行くのが伝統。

特に当事者になった人(乗務員だったら該当列車の運転士・車掌、駅だったらその時のホーム監視員等)は、普段お酒を飲まない人でもこの時だけは飲む人が多い。

なるべく忘れて明るい話を心がけるけど、全然酔わない不思議な雰囲気の飲み会になる。
(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1440010353]

 

ふたり怪談(5) [ 黒木あるじ ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

狂骨の夢は夜ひらく

  喪女は死んでも喪女なんだなぁ、と思った昔話。 593 :本当にあっ …

賃貸一軒家に棲む老婆の霊

うちの親父から聞いた話。 親父が大学三四年の間、男三人で小さくて古い一軒家を借り …

【岡本綺堂傑作選】異妖編(一) 新牡丹燈記

異妖編 (一) 新牡丹燈記 剪燈新話のうちの牡丹燈記を翻案した、かの山東京伝の浮 …

目を見るな~コンビニ店員シリーズ03

11月は塩事件からは何も無く、今のところ数日間は無事に過ごしている。 ので10月 …

本【ナナシシリーズ04】

今日は、僕がナナシと体験したなかで、1番気色悪かった話をしたいと思う。 幽霊とか …

七夕怪談

小学校のクラスメイトに慎一郎というのがいて、父親は地元の名士で、有名な産婦人科医 …

呼ぶ声がする

  僕が小学生の頃、沖縄にいた時の話。 47 名前:あなたのうしろに名 …

元病院の夜間巡回警備

昔、警備員をしていた時の事。 250:2007/11/09(金) 17:37:1 …

外国語指導助手ALTは見た!

  俺の通ってた高校には外国人のALT(外国語指導助手)がいた。 64 …

爺さん、のようなもの。

宇賀山の爺さんが死んだ。 89: 名無しさん@おーぷん 2015/06/22(月 …