【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

僧侶、のようなもの。

   

Sponsored Link

私の初海外は中国の杭州。

305 :本当にあった怖い名無し:2015/05/09(土) 19:11:02.36 ID:Fk5mkV6fO.net

ツアーで行ったんだけど、ある寺院に行った時、幾つか建つお堂の一つに置かれた仏像から変なものが出てきたのを見た。

手足の異常に長い僧侶。

それは私の方へゆらゆら揺れながら来ると何か話しかけてくる。

中国語を勉強していたので聞き取れた。

全部聞き取れた訳ではないけど、

「名前は?」「どこから来た」「ここで何をしてる?」など。

ぼそぼそとした声なので聞き取れたのはこれくらい。

でもびくびくしたりは不思議となく、「返事はしちゃダメ。聞こえないふり、見えない振り」と近くにいた仲間捕まえて、僧侶を指差しながら、その後ろの山々の景色を「きれいね」と言い合ったりしていた。

僧侶は顔をキス寸前まで近づけてきたが、知らないふりしてさりげなくよけたりしていた。

その僧侶は私に向かいもちろん中国語で色々話すが、私は見えない振り聞こえない振りをしていた。

すると僧侶は「見えていれば帰らせなかった」と言い、またゆらゆら揺れながら仏像の中に入っていった。

すると鐘の音が鳴り、僧侶たちがお堂へ入っていく。

ガイドさんが「そろそろ読経の時間のようです。邪魔にならないよう帰りましょう」と言い、みんなそこを後にした。

僧侶が入り込んだ仏像に向かい、礼拝する修行僧たちを見た時、「この人たちには見えているのか。あれは仏じゃない」とぞっとした。

ちなみに後少しで死ぬかもしれないアクシデントはあったが、無事に回避でき帰国できた。

その三日後、テレビには中国各地の抗日デモの様子が映った。

もしあの時、「あれは何?」とかその僧侶のことを誰かに言っていたら、私は今ごろ生きていただろうか?

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1429018865/]

 

黒い遭難碑 山の霊異記 [ 安曇 潤平 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

車のドアは二度閉まる

  一、二年くらい前の話。 2011/03/03 02:35:39 I …

飼育されていた記憶

  私は数年前まで、ある一家にまさに飼われていた状態だったと思うのです …

まっくろくろすけは実在した!

  私が小学四年生頃の話。怖い話というよりはちょっと変な話です。 87 …

屋敷の少年

わたしが「まるで市松人形みたい」と言われていた頃の話。 2014/04/04(金 …

ホテル従業員奇譚

道東にある某ホテルでフロントをしています。 名前:本当にあった怖い名無し:201 …

奇妙な老人

もう大分前のことになるが、学生時代に一度だけ妙な体験をしたことがある。 938 …

奇妙な着電

マイケル・ジャクソンが謎の死を遂げた年、僕は当時、一人暮らしをしていました。 借 …

金曜テレポーテーション

中2の頃、僕と友人正登の話。 金曜深夜1時頃、僕は友達の正登と遊ぶ為に、横浜の自 …

一度死んだことがある

俺は一度死んだことがある 351 :本当にあった怖い名無し:2006/02/17 …

二十八歳の別れ

高熱をだしたときのこと 866 :本当にあった怖い名無し:2015/08/25( …