【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

染められたい女

   

Sponsored Link

 

俺の友だち、健人が体験した話なんだけど……

47:矢吹新一 2016/8/24 20:52:05 ID:yuzDd5UwJI

あいつは、エグザイルグループにでもいそうな男前で、結構女にはモテモテで、常に新しい女がいるという奴だった。

健人は、俺様系のキャラでドSタイプ。

なので、一緒にいる女はドMタイプが多かった。

鏡子という女をナンパしたときの話なんだけど。

街でヒマそうにしているのを見かけて、声をかけたらついてきたという。

見るからにおとなしそうで、いつも半開きにしているアヒル口が、ドSなあいつには美味しそうに見えたのだとか。

鏡子は二十一歳で、ファーストフード店でアルバイトをしていた。

九州から上京してきたらしく、純朴な女だった。

やっぱり九州の女は、強い男に惹かれるのだろうか?

健人は、一人暮らしの鏡子の部屋に入り浸った。

あいつの実家は結構な金持ちなので、悠々自適な生活をしている。

親は放任主義で、一人息子だから甘やかしているのだ。

健人にとっては、鏡子はひとときの止まり木に過ぎない。

飽きたらまた別の女のところに行くだけのことだ。

そんな健人を引き留めるために、鏡子は必死に気に入られようとした。

髪を染めろと言われれば好みの色に染め、服もあいつが好きな服を着た。

健人が鏡子を特に気に入ったのは、料理が上手いことだった。

和食、洋食、中華、何でも作れるらしい。

健人の気分に合わせて、すぐに料理を出してくれる。

やはり男を落とすには胃袋を掴むことなのだろう。

そのうえ、鏡子は何でも言うことを聞いてくれた。

夜中でもコンビニに買いに行くのも平気だし、マッサージの腕前もプロ並みだった。

そんな鏡子を、健人はだんだんと好きになり、もっと自分好みの女にしたいと思った。

お金には困らない健人は、鏡子に顔や胸を整形させ、理想の女に近付けていった。

鏡子も、健人の色に染められることに生きがいを感じ、言われるがままにしていたのだった。

健人にとっては、《自由にできる最高の人形》を手にいれたのだ。

お金が有り余っている健人は、鏡子を最高の女にするためにお金をかけた。

マナースクールに通わせたり、茶道や生け花なども習わせた。

どんどん自分の理想の女に近付く鏡子を見ていて、健人はどんどん好きになっていった。

また、鏡子も健人色に染められていくのが嬉しかったのだった。

鏡子は健人のことを旦那様と呼んでいた。

その言葉は、俺様キャラの健人の心をくすぐった。

ついに健人は、鏡子との結婚を考え、親に紹介することにした。

実家に久しぶりに顔を見せた健人に母親は喜んだのだが、突然どこの馬の骨ともわからない女を連れてきたことに、どえらい剣幕で怒りだした。

感情的になると手もつけられなくなる母に口ごたえもできず、健人は鏡子を連れて自分の部屋に避難した。

「なんだよ、腹立つなあ。あんな奴、死んでくれたらいいのに……」

思わずぶっそうなことを言いだす健人に、鏡子はニコッと笑って言った。

「はい、旦那様。その通りにします」

そう言って、突然部屋を飛び出し、母親のいるキッチンに向かっていった。

「きゃー!」

母の悲鳴が聞こえ、健人はあわててキッチンに駆けつけた。

すると、母の脇腹には包丁が刺さっており、側には鏡子が立っていた。

健人はあわてて救急車を呼んだ。

健人が鏡子の方を見ると、言われたとおりにできたという満足そうな顔をしていたのだった。

まるで、飼い犬が、主人に誉めてもらいたいような顔で……

(了)

 

真怪奇心霊事件FILE [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話, 読者からの投稿

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    しょうもないオチ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

突然失踪した兄の友達

兄の友達の話 802: 本当にあった怖い名無し 2009/08/10(月) 01 …

怪異と刑法

先日、親戚の葬式があった。 421 名前:あなたのうしろに名無しさんが…… 投稿 …

ヤマキの墓

  随分昔のことで細かいところまで覚えていませんが、思い出しながら書い …

呪いの器【祟られ屋シリーズ】

※関連話 → 傷【祟られ屋シリーズ】(こちらを先にお読みください) 日本国内には …

つけてくる男

俺は最近、『ある男』に付きまとわれている気がする。 歳は40代後半のようだ。 探 …

怪奇キャンプ

夏休みちょっと前くらいの事、俺と友人の晴彦と守夫とで、夏休み中にN県の山奥へキャ …

ざわつき声

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。 2013/11/02( …

アシュラさん

今年の三月の終わりごろだったかな。 2006/05/12(金) 15:13:55 …

悪夢

自分は夢をあまり見ない方なのですが、稀に友人の家や母の実家に泊まると嫌な夢を見る …

げに恐ろしきは女の怨念

この話は、私がまだ大学生の頃、とある七階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをして …