【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ソハの地下水道

   

Sponsored Link

実話を元にした映画『ソハの地下水道』

314 :本当にあった怖い名無し:2015/12/03(木) 23:52:24.84 ID:6/BebpsC0.net

第二次世界大戦中のドイツ。

主人公「ソハ」は、下水道の修理人という職業の傍ら、無人となったユダヤ人の家に空き巣に入ることを副業としている小悪党だった。

そんなある日、ソハは下水道隠れていた大勢のユダヤ人を発見する。

見逃してほしいと懇願するユダヤ人たち。

ソハはユダヤ人の足元を見て高額の口止め料を要求した。

それ以来、下水道のユダヤ人たちを匿って世話をすることがソハの副業となった。

ユダヤ人たちの下水道での生活は過酷なものだった。

ある者は凍え死に、ある者は病死し、ある者は外に出てドイツ軍に射殺された。

初めは小悪党だったソハだが、次第に心境が変化していき、ユダヤ人たちに肩入れするようになっていく。

ユダヤ人たちの金が尽きると、ソハは自腹でユダヤ人たちの世話をするようにまでなった。

しかもソハは「タダで動く人間だと思われたくない」という理由から、こっそりユダヤ人の一人に金を渡しておいて、「金を払うフリ」を他のユダヤ人たちの前でさせていた。

ソハとユダヤ人たちは様々な苦難にあう。

時はたち、ついに終戦。

ソハはユダヤ人たちを地上へと解放する。

日の光の中、全員が号泣し抱き合った。

……画面が暗転し、モノローグ。

『この数ヶ月後、ソハはソ連の暴走車から自分の子供を庇って事故死した』

『近隣住人たちはソハの死を「ユダヤ人を匿ったことへの天罰」と蔑んだ』

『人は、神を利用してでも他者を罰したがる』

315 :本当にあった怖い名無し:2015/12/03(木) 23:59:42.26 ID:iABF0Nf40.net
なぜかカラマーゾフの兄弟のゾシマ長老の死を思い出した。

正教の司祭で清廉さからみんなに尊敬されていたゾシマ長老であったが、死後の死臭がひどかったために、民衆から、

「素晴らしい人だったから、なにか奇跡でも起こるのかと思ったら、こんな死臭を発するとは。きっと表向きは清廉さを装っておきながら、陰では悪さをしていたに違いない」

と言われてしまうという話。

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1448078301/]

Sponsored Link

 - 後味の悪い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

それぞれの社会常識

後味が悪いっつーか、単なる俺の愚痴になるかもしれんが…… 669 :本当にあった …

白血病の幼い息子

1990年代最後の年に、飲み屋で知り合った女の子が語ってくれた話。 このサイトで …

生きていても何も楽しくなかった

  数年前、母親が急な病気で亡くなった。 592: 本当にあった怖い名 …

人工内耳手術

今から三十年以上前の話。 723 :本当にあった怖い名無し:2016/10/28 …

復讐の炎はいつまでも消えず

  友人と『1日だけ過去に戻れるとしたらいつに戻りたいか』という話をし …

狂言月極駐車場

  三年ぐらい前の実話。 855 :2016/07/13(水) 17: …

その井戸に決して近づいてはいけない

昭和初期の話。 ある地方の山村に一人の少年が住んでいた。歳は十一才。 お父さんは …

児童失踪事件

  ここ最近の不審者や変質者は昔のように怖くなくなってきたなーと思う。 …

学生運動をやってた爺さん

  小四の頃、弟が生まれるから実家に預けられてた時期があった。 11: …

遺言書の掟

  私は中学二年の時、祖父が死にその葬儀に行く事になった。 当時、北海 …