【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

死者が屋外を練り歩く

      2017/04/02

Sponsored Link

この夏に友達と、駅から徒歩二時間ほどの村へ行ったんだよ。

896 :本当にあった怖い名無し:2016/09/30(金) 14:17:02.41 ID:l3sQeoMo0.net

以前友達が住んでいた町の隣村らしいんだけど、一度だけ子供の頃に変わった行事を見せてもらったのをずっと覚えてたみたいで、オカルト好きの俺らを誘って是非いってみないかってお誘いだった。

その内容が、『死者が屋外を練り歩く』みたいな話。

映画かよ!って思ったけど、面白そうで行ってみたんだ。

大体が記憶違いだったりで終わりそうなんだけど、結果本当だったみたい。

曖昧なのは、暗くって見えにくいのと、距離がありすぎたから。

大分過疎化が進んでて老人ばっかりで、泊まるとこがなくって駐在さんに泊めてもらったんだけど、そこから見たんだ。

街灯もあるんだけど、ぼんやりしてて見えにくいし位置が離れててさ。

ゾンビみたいに歩くんじゃなく、結構普通な感じ。でもって無音。

死んだことを気付かない死者が歩いてる。外に出ると連れてかれる。

信じない人も勿論いて、外に出て帰ってこない。

信じてる人は恐ろしくて外に出れないので朝まで待つしかない。

で、朝になって探してもいない。

なんと次の死者の行進にその人らが混じってるって駐在さんが言うんだよ。

俺らはビビリだから誰も出なかった。朝まで寝れなかったしな。

衝撃過ぎてあんま詳しく聞けなかったんだけど、誰か知ってる人いる?東北地方っス。

Sponsored Link

928 :本当にあった怖い名無し:2016/10/02(日) 13:16:07.50 ID:aPeXUNDb0.net
昔読んだ本に似たような話が出てたな。

奇習や奇祭にに分類されるような土着の祭りなんかを紹介する本だったけど、どの地方かは忘れた。

その地区では、お盆の間は夜に死者が集落を歩き回るんだよ。

『お盆で帰ってきた死者が、懐かしい集落内を見て廻る』って本には書いてあった。

勿論、死者は生き返らない。歩き回るのは死者に扮した家族。

『家族の体を借りた死者が集落内を歩き回る』のだそうだ。

歩くのは死者だけで無く、あの世から死者と一緒に来たモノ(獄卒など)が混じっている事もある。

死者や地獄の獄卒達は自分からは話しをしないが、話しかければ答えを返す。

話しかけてしまった人は、あの世との『縁』ができてしまう。村での扱いは、半死者みたいになる。

次のお盆が終わるまで『物忌み』をして、の冠婚葬祭の『冠婚祭』は遠慮する。

それで次の年に死者に扮して集落内を歩き回る。

お盆が終わったら物忌みが終わるんだそうだ。

だからその集落の人は、お盆の間は夜に外に出ない。

もし出るにしても、誰とも口をきいちゃいけないんだそうだ。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1467343230/]

 

本当は聞きたくない!山の怖い話 その1

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

蛇の道で

私の若い頃の話ですが、暇な方がいらっしゃったら聞いてやってください。 679 : …

朽縄様(クチナーさま)の祟り~軟体くねくね骨抜き蛇女 

  田舎に住む祖父は、左手小指の第一関節の骨がありません。 つまむとグ …

十九地蔵

俺の家は広島のド田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。 俺の村を富毛村、隣村を端下 …

センジュさん

来年結婚するんで厄落としついでに長々と書き捨てます 850 :本当にあった怖い名 …

守り神

俺のじいちゃん家は結構な田舎にあって、子供のころはよく遊びにいってた。 270: …

雀塚

東北地方の民族文化を研究してる大学の教授が雑談として話したんだけど 268   …

補陀落渡海行者の亡霊~ふだらく様伝説

補陀落渡海(ふだらくとかい)とは、南方海上にあると想像された補陀洛世界に往生また …

まつり一族

  僕の生まれ育ったものすごいド田舎の村は、もうずいぶん前に市町村統合 …

おもんさま

母方のおばあちゃんが亡くなった。 九十七歳の大往生だった。 事情があって私は中学 …

おっとい嫁じょ事件

鹿児島県の大隅半島周辺ではかつて「おっとい嫁じょ」なる奇習が存在した。 地元方言 …