【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

心霊料理店

   

Sponsored Link

仕事柄、料理の写真や飲食店の室内を撮影することがある。

そこであったほんのり怖い話。

場所バレすると不味いんで、フェイク入れながら話す。

そこは割と歴史ある大型中華料理店で、五階建のビル全てがその店になってる。

特にそこの三階に『出る』という噂があって、仲の良い店長や関係者から色々話を聞いた。

【以下箇条書】

  • 三階の一室だけ突然停電、停電後に光った白い和服の女性が部屋に入ってきて消える
  • 深夜誰もいない三階から一階の事務所に内線が入る、出たら水が滴る音だけがする
  • 部屋の下見の際にお客さまが見てしまう。(たいてい白い和服の女性)
  • 宴会予約の客が屋上に首のない人間がいっぱい立ってるから入れないと言って入店拒否
  • 飾ってあった絵に描かれた女性が店内を歩いていた(複数人目撃)

など。

「お祓いしないの?」と聞いてみると、一応はしてそれからはまだマシになったらしい。

仕事は三階の部屋を全面リニューアルしたから撮影して欲しいというのもの。

仕事柄、ごくたまに変なものが撮れてしまうことがあるが、『今日も、もしかしたら写るかもな』と思いながら助手を連れて店へ。

中休みの時間だったので客は誰もいない。

で、三階に行くと、そこだけ空気が膜を張ったみたいに湿っていて重い。

試しに四階に上ってみると普通。

厨房はというと五階。

空調回ってんのかなと見ると、回ってる。

こりゃ本物かなぁと思いながら仕事開始。

リニューアルした部屋を順番におさえて行く。

ぱっと見だけだと変なものも写っていないので安心。

で、最後に一番奥の部屋に行こうとすると、「あ、そこはいいですよ」と。

その部屋だけリニューアルしてなくてクロスも古いまんま。

なんでだろ?と思って聞くと、普段は使わない部屋になっているとのこと。

理由はそこで頻繁に出るかららしく、どうしても、という時以外は封印しているのだとか。

まあ実際開けて中見た瞬間に、嫌な雰囲気のする部屋ではあった。

空気がさらに重い。

店やってて、開かずの個室なんかもったいないなと思いながら撮影は終了した。

帰り際、何も起こんなかったなーと思いながら階段を降りようとした時、後ろからついてきてる助手くんが、荷物をひっぱりながら、何もない空間に頭下げて「ちわっす」とか言ってる。

出た後に「従業員の女の人に挨拶したけど、無視されましたわー」とか言ってる。

どんな人か聞いてみると「白い和服の女の人ですねー」なんて言ってるから、

「女性従業員はみんなチャイナ着てるだろ!」

と突っ込むのはやめて、

「今度また撮影があったら、気づいてもらえるようにもっと大きな声で挨拶しろよー」

と言っておいた。

助手くんは一連の話は知らないので、『ああいたんだなぁ』と思ってほんのりした。

余談で、元店長から聞いた話。

店には結構広い地下室があり、そこを倉庫にしているんだが、地下室へ向かう階段の途中、真ん中くらいの脇に何故かぽつりと窓が一つある。

もちろん開けても何もない。

何もないというか、何かで塗り込めたような壁が出てくる。

ただ壁は薄く、向こうにどうやら部屋があるらしい、が、もちろん入口はないし、図面にもない。

戦前は病院だったとか言う話で、それの名残かな?と店長は言っていた。

こういう店をあと二、三店知ってるが、不思議なのは割とガチでお化け出るのに、何処も繁盛していること。

繁盛しているところには霊も寄ってくるのかもしれない。

Sponsored Link

とある地下街の和食店。ここも長く続く繁盛してる店。

撮影メニューが多く、個室もない店舗で人の出入りがアイドルタイムでもそこそこあるから、何処で撮影すんのかなと思ってたら、厨房から降りられる地下室があるってことでそこでやることになった。

厨房に入口ってなんだそれ?と思いながら人一人強通れるくらいの階段を降りていくと、蛍光灯一本の薄暗い空間。

「こんなのあるんですねー」と聞くと、どういう経緯で出来たのか知らんが、地下街がオープンする前からあって、元々別の所有者が別の用途で使っていたものを、場所がちょうど上だからってんでつなげてもらったとか。

そんなことあるのか?と正直思った。

場所で言うと地下四階くらいになって、インフラ設備との兼ね合いもあるだろうし。

壁もちゃんとしたコンクリートではなく、でこぼこで地下室っていうより地下壕。

和食店なのでワインセラーがあるわけでもなく、業務用の冷凍庫と使わなくなった古い机や椅子が置いてある以外何もない殺風景な『穴蔵』だった。

ロケーション的にあまりよくないけど他に場所もないし、照明増やしてとりあえず撮影開始。

店長が料理を下に運んで来てチェック → 撮影 → 上に引くの流れ。

始めて三十分くらい経った頃かな、時々変な音がするのに気づく。

機械音にも聞こえるし、人があーとかうーとか言ってるようにも聞こえる。

冷凍庫?と思ったけど、発生源が違うし、トーンが途中で変わるのでたぶん違う。

奥の何もないところから微かに聞こえてくる。

まあいいやとスルーしてパシャパシャ撮ってた、ら突然耳元で「あつい」って低い男の声。

正確には「ヴぁつぉい」(ぼそっ)みたいな感じ。

『なんだなんだ?』と周り見ても、店長と自分以外いない(この時は助手くんいなかった)

で再開すると、また『あーうー』聞こえてくる。

無視して撮影続けて一時間くらい経ったかな。

一発目の定食でシャッター押す前モニターで店長と構図確認してたら、フレームの左上からいきなり赤い何かがさっと入って引っ込んだんだよね。

一瞬だったけど、見えたのは真っ赤に爛れてる手だった。ひどい火傷した状態の手。

ただ被写体と比較すると実物はかなり小さいし(三歳児くらいの大きさ)

店長も一緒にモニター見てるんだけど何も言わないから、見間違いかなぁと思って続けて、また三十分くらい経った頃、いきなり店長が「もー」って呆れたように呟いて上に。

で厨房から戻ってくると小皿一枚。

もしかして料理長が漬物間違えたかな?撮り直し勘弁、と思ったら塩盛ってんの。

それ奥にちょこんと置いて「すいません」と一言。

そんなことされても苦笑いで「いいですよー」としか言いようがなく。

でも音はまだ聞こえてた。

『あーうー』

まあいいやと思いながら撮影終了。

で、撮影終わって撤収する時に店長が塩回収したんだけど、表面が緑黒いの。

ほんの二、三時間くらいで。

衛生的に大丈夫かここ、と思って、ああだからこれだけスペースあるのに冷凍庫しかないのか、と合点が行ってほんのりした。

場所的には江戸時代は刑場だったとか、昔近場で火事があったとかいう話を聞きました。

その店だけじゃなく、わりと地下街全体いるという噂。

居心地よさそうだからいついちゃったのかもしれないですね。

(了)

 

眠れないほど面白い都市伝説【電子書籍】[ 並木 伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 心霊

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

霊感看護師

俺の職場には、いわゆる『見える人』がいる。 339 :本当にあった怖い名無し:2 …

声魂

  私本人が体験した話です。 今からちょうど十年前、私がまだ大学生だっ …

じいちゃんのお守り

  G県H市のある村に、ある家族が住んでいた。 333: 2011/0 …

【藤原静シリーズ】父親に憑依された娘

  娘の体に入った父親の話 私の友人が経験した話です。 友人のT氏は心 …

海辺の魔物

去年の夏、太平洋側の海に友達たちと旅行にいった。 37 :本当にあった怖い名無し …

某カルト新興宗教で幸せになれなかった戦慄の理由

カルトにまつわるチョっとした心霊話 登場人物 俺:竜太郎(仮名)高校生。小さな頃 …

珊瑚玉

  うちの父親は三年前に肺がんで亡くなったんだが、生前は骨董集めを趣味 …

セルフ霊感チェック~あなたの心霊感受能力レベルを測定

※当コンテンツは音声のみです。 テキストデータを紛失してしまいました。申し訳御座 …

新築家屋の怪奇現象

小学生から中学生にあがる頃、両親が離婚しました。 1: 風吹けば名無し:2016 …

悪霊瞬間デリート

これは102歳になる俺の婆ちゃんから聞いた話と俺が体験した話なんだけど、今思い出 …