【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

死期を告げる占い師

      2017/04/09

Sponsored Link

ショッピングモールに居た占い師に手相をみてもらったら、いきなり死ぬ年齢を言われた。

697 :可愛い奥様:2016/06/21(火) 08:55:45.17 ID:4N3fBBpX0.net
ショックで言葉にしたくなくて何歳かは書かずごめんなさい。
怖くて気になってしかたがない……
あたらないこともあたることもあるんだろうけど、芸能人とかだと占い師に言われた死期が当たってる人もいるよね……

699 :可愛い奥様:2016/06/21(火) 08:59:55.49 ID:M/BFjjsF0.net
>>697
死期をいうのは占い師のタブー中のタブーだよ。
その占い師おかしいから、占いも無視無視!

701 :可愛い奥様:2016/06/21(火) 09:53:14.72 ID:WXlACGnR0.net
気にすることないよ。
私の友人も同じようなことがあり、とてもショックを受けてたけど、今でもその時に言われた死亡推定年齢から二〇年以上生きてぴんぴんしてるよ。
早死にすると言われたから、健康に気を付けたり後悔しないようにいつも精一杯生きたんだろうなってくらいイキイキしてる。

702 :可愛い奥様:2016/06/21(火) 09:55:14.97 ID:L6wH5SFp0.net
ショッピングモールなんかにいる占い師は、客を脅して印鑑とか墓とか売り付けたいだけよ。
貴女が泣きついて来るの待ってるよ。
だから気にしなくていいのよ。

703 :可愛い奥様:2016/06/21(火) 10:52:30.66 ID:sVNnMfEl0.net
>>697
うちの旦那、子供の頃占い師に言われた死期も死因も大ハズレ。
占い師のいう腸ではなく肺がやられて、占い師の言葉より十年早く亡くなったよ。
本人は周りに何言われても「俺は腸は大事にしてるから大丈夫」って煙草ガンガン吸ってたわ。
あの慢心が命を縮めたと思うし、逆にそんなこと聞いてなかったら、もう少し別部位の健康にも気を配って長生きできたんじゃないかと思ってる。
私の父は若い頃よく、自分は70まで生きられたら充分だって嘯いていたらしい。母から聞いたんだけどね。
それで六九歳で亡くなった。急な病いでたった三ヶ月の闘病だった。
自分で寿命を区切るようなことを思念すると、体がそれを限界としてセットされちゃうんじゃないかなあ。
だから占い師に寿命を言われても気にしないで、普通に病気や事故に気を付ければ良いよ、普通にね。

704 :可愛い奥様:2016/06/21(火) 11:11:32.76 ID:IHfa5YWE0.net
自分で寿命を区切る、っての私の母もだったよ。
私が二歳くらいのころ乳ガンで大きな手術をしたんだけど、何度か再発しても、私が成人するまで、(その後ちょっと伸びて)結婚するまでは、とよく言っていて、実際結婚したらその数年後に亡くなってしまった。
ただ再発する度に辛そうだったから、本当に気力で寿命を伸ばしてたようにも今なら感じるな。
それでも、私の子供が生まれるまでは頑張ってと言い続けてたら、もう少し生きてくれたかなあと淋しさと共に思うときがある。

(了)

[出典:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1464310495/]

 

都市伝説・完全読本 [ 怖い噂編集部 ]

Sponsored Link

 - ヒトコワ・ほんとは人間のほうが怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ネトゲをやらなくなった理由

一年前の話。友人に誘われて某MMO(インターネットゲーム)を始めた。 10 :以 …

アカと闘ったおじいちゃんの話

田舎で家業継いで農機具の販売・メンテやってる。 お客には、同じ町内なのに、行くの …

河合さん

二十年近く前、まだ私が中学生だった頃の事です。 原著作者「怖い話投稿:ホラーテラ …

深夜の菊名駅

人生で一番怖かったこと 東横沿線の菊名に住んでたとき、改札左の飲み屋で午前二時く …

イッパイ見エル

某チェーン店の居酒屋でバイトしてた頃の話。 544 名前:あなたのうしろに名無し …

産んでやる

妻が妊娠していたときの話です 439 :あなたのうしろに名無しさんが……:03/ …

在所の隣人

昭和から平成に変わる頃の話 196 :あなたのうしろに名無しさんが……:2002 …

自殺志願【ゾッとする怖い話】

  幽霊ではなく人間でしたが、年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い …

言葉の裏側

コーチングをしている知り合い、日ノ沢の話。 278 :本当にあった怖い名無し:2 …

年上の彼女

二十歳頃付き合ってた五歳年上の女がすごい生意気だった。 449:2009/10/ …