【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

都市伝説・傑作ショートショート集 【震の巻】

   

Sponsored Link

 

青い指輪

三人の大学生がキモ試しのために近所でも有名な心霊スポットの「中川家」と呼ばれる廃屋にやってきた。

そのうちの一人がビデオカメラを持って探索の記録を録ろうとした。

そしてほかの二人が、テレビのレポーターのように、マイクを持つ振りをしながら廃屋へと入っていった。

「どうもー北野でーす!おじゃましまーす!」

「怖くてあまり人が来ていないのでしょうかあまり散らかってはおりません」

「おっとこれはなんでしょうか?どうやら指輪のようです。ルビーでしょうか?」

レポーター役の一人が居間の隅に落ちていた青い指輪を拾った。

意外な掘り出し物に三人は喜んだ。そして特に心霊現象もないために廃屋を出ることにした。

もちろん指輪は持って帰った。

「どうも指輪までありがとうございましたーおじゃましましたー!」

さっそく三人は部屋でさきほど録ったビデオを上映した。

「しばらくしたら指輪は売りにいこうぜ」等と軽口を叩きながら再生ボタンを押した。

廃屋の前でマイクを構えた振りをしている一人が映し出された。

おまえテレビ映りわりーなー等と冗談を言っているうちに廃屋へ入るシーンになった。

「どうもー北野でーす!おじゃましまーす!」

「いらっしゃい」

女性の声が入りこんでいた。

三人は固まったままビデオを見た。

「怖くてあまり人が来ていないのでしょうかあまり散らかってはおりません」

『ほめてくださってありがとうございます』

「おっとこれはなんでしょうか?どうやら指輪のようです。ルビーでしょうか?」

『うちの家宝のルビーです。持っていかないでくださいね』

しかし指輪はレポーター役のポケットに入れられて廃屋を出るシーンになった。

「どうも指輪までありがとうございましたーおじゃましましたー!」

『ちょっと待て!』

低くドスの利いた声が飛び込んできた。

ガタガタ震える三人。

そして傍らにあった電話が鳴った。

……受話器を取る。

「中川です。どうして指輪を持っていってしまったのですか?指輪を返してもらいに本日そちらへうかがいますね……」

 

赤いマフラー

ある小学校に、いつも赤いマフラーを着けた女の子が転校してきた。

とある日に同じクラスの男の子が

「なんでいつもマフラーを着けてるの?」と聞くと

「あなたが中学生になった教えてあげる」と女の子は答えた。

男の子と女の子は同じ中学になった。

そこである日

「なあ中学生にもなったし、なんでマフラー着けてるか教えてくれよ」

と男の子がたずねた。

しかし女の子は「私と同じ高校になったら教えてあげる」

と答えるだけだった。

高校でも再び同じ学校になった二人。

「なんで赤いマフラーを着けているかそろそろ教えてくれよ」

という男の子の問いかけに

「私と同じ大学になったら教えてあげる」

と笑うだけだった。

二人は同じ大学の同じ学科へすすんだ。

その頃には二人は恋人同士になっていた。

それからも同じ会社へ就職し、結婚もした。

結婚してからしばらく経ったある日。

男は妻となった女に

「ところでおまえってなんでいつもマフラーしてるんだ?」

ときいた。

「わかったわ、そろそろ教えてあげるね……」

そういうと彼女は、今まで決してはずさなかった赤いマフラーを首からはずした。

ゴトン……

彼女の首が、床へと落ちた。

女の子の首は昔からマフラーでつながっていたのだ。

今でもある家では赤いマフラーをした女性と青いマフラーを着けた男性が仲良く暮らしているという……

 

ペンションの鏡

ある姉妹が山のペンションに泊まることになった。

ペンションに行く途中警察の人間に呼び止められ

「このあたりは通り魔というか、変質者が出没するから注意してほしい」との注意を受けた。

姉妹がペンションにつくと二人ともベッドに腰を下ろして一休みをした。

道中のことや今日の夕食について話していると鏡を見ていた姉が急に

「ねえねえ部屋の外の窓って閉まってたっけ?」と言い出した。

「たぶん……閉まっていると思うよ」

妹は答えた。

「じゃあさ、閉めてきてよ。それからペンションの中を一回りしよ」

「えぇーめんどうくさいなぁ、きたばっかじゃん」

ぐずる妹。

「いいじゃんいいじゃん、早く行こうよ!」

姉は妹の袖をつかんで強引に部屋の外に出た。

……

「やっぱ、窓閉まってるじゃん……」

窓を指して文句を言う妹を引きずるようにして、姉はペンションを出ようとする。

「いいかげんにしてよ!お姉ちゃん、さっきから何やってんの?!」

たまりかねた妹が姉に向かって声を荒げた。

それを制するように姉はこう言った。

「さっきあたしが見てた鏡にあんたのベットの下でニヤニヤ笑ってるへんなやつが写ってたんだよ!あれが警察の言ってた通り魔だよ!」

 

結婚相手が映る洗面器

ある女子高生が不思議な占いの話を耳にした。

その占いとは、真夜中の零時に口に剃刀をくわえ、水を張った洗面器の中を覗き込むとそこに将来の結婚相手の顔が映るというものだった。

興味を持った彼女はさっそく試してみることにした。

洗面器に水を張って手元に剃刀を置き、時間が来るのを待った。

そしてついに真夜中の零時がやってきた……

彼女は剃刀を口にくわえると、恐る恐る洗面器の中を覗き込んだ。

するとそこには、確かに自分とは違う誰かの顔が浮かび上がっているではないか。

驚いた彼女は思わず叫び声を上げてしまい、それと同時に口にしていた剃刀を洗面器の中に落としてしまった。

すると、洗面器に張っていた水が一瞬にして血のように真っ赤な色で染まった。

何が何だか分からなくなった彼女は、頭から布団をかぶって震えながら朝を迎えた。

朝になって洗面器の中を覗き込むと、普通の透明な水の底に剃刀が沈んでいるだけだった。

それから数年が経ち……

彼女もすっかり大人へと成長した。

そして、ある素敵な男性と付き合うようになった。

性格が優しくて経済力のある男性だ。

しかし、そんな彼にも一つだけ奇妙なところがあった。

いつも大きなマスクで顔を隠しているのである。

初めて会った時は風邪をひいているからと言っていたが、付き合うようになってからもマスクを外そうとはしなかった。

それからしばらく経ち、彼女は彼との結婚を考えるようになった。

そして彼女は、彼にマスクを外してちゃんと顔を見せて欲しいと頼んだ。

すると、彼はあっけないほど簡単にその求めに応じ、マスクを外して彼女の方を振り向いた。

その顔を見て彼女は驚いた。

彼の顔の横には、とても大きな傷跡があったからだ。

鋭利な刃物で深くえぐられたような傷……

恐らくこの傷跡は一生消えないであろう。

そして彼女は恐る恐る傷のことを彼に尋ねた。

「その顔の傷はどうしたの?一体何があったの?」

すると彼はこう答えた……

「お前がやったんだろが!」

(了)

 

 

トワイライトシンドローム(禁じられた都市伝説) [ 福谷修 ]

Sponsored Link

 - 都市伝説ショートショート集

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

都市伝説・傑作ショートショート集 【離の巻】

ネックレス 女子高生希美さんの友人である佳苗さんに起こった話。 ある日佳苗さんは …

都市伝説・傑作ショートショート集 【己の巻】

  魘される 高校の頃、先輩の松次郎さんから聞いた話です。 松次郎さん …

都市伝説・傑作ショートショート集 【巽の巻】

  輪廻転生 あるところに美男美女の新婚夫婦がいました。 結婚生活もし …

都市伝説・傑作ショートショート集 【戊の巻】

  落ちた人影 夏の終わりに川でキャンプをしに行った時の話。 俺と友達 …

都市伝説・傑作ショートショート集 【兌の巻】

スカート 男女のグループを乗せた車が道路で大事故を起こしてしまった。 何人かは明 …

都市伝説・傑作ショートショート集 【甲の巻】

先日、久々にリアルで有名な都市伝説を聞いた。 「友人の友人のいとこの叔父さんが大 …

都市伝説・傑作ショートショート集 【乾の巻】

飲酒運転 その1 ある男性会社員が帰り際に仕事仲間との飲み会に参加した。 しこた …

都市伝説・傑作ショートショート集 【辛の巻】

動き回る人形 子供の頃から人形は怖かった。 友達みんなでお人形ごっこするじゃない …

都市伝説・傑作ショートショート集 【癸の巻】

  ギョロ目オヤジ 俺的に洒落にならないくらい怖い話。 当時、俺は三歳 …

都市伝説・傑作ショートショート集 【庚の巻】

  赤堤防 俺の田舎に通称「赤堤防」っていう防波堤があるんだ。 ま、名 …