【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

都市伝説・傑作ショートショート集 【庚の巻】

      2017/09/05

Sponsored Link

 

赤堤防

俺の田舎に通称「赤堤防」っていう防波堤があるんだ。

ま、名前のとおり灯台が赤く塗られているだけんだけど、その赤堤防は大型のチヌがよく釣れる。

151031_005

そこで親戚のオジサンが夜釣りで、クーラーに座って電気浮きを見ていたら、背後から肩をポンポンって叩かれたんだって。

田舎で季節は夏、だから夕涼みに来た人かな?って思って振り返ったら誰もいない。

よくある話なんだけど、そのオジサンはその手のことは信じない人で、そのまま釣りを続けていた。

するとまた肩をポンポンって叩く、振り返る、誰もいない。

ここで少し気味悪くなったけど、とりあえず暗い海面に浮く電気浮きの明りをじっと見ていた。

するとまたもや肩をポンポンって叩かれる。

さすがに気味悪いので振り返らずに竿をもったまま自分の脇の下から背後に目をやると、

腰蓑……っていうの?浦島太郎が腰に巻いているワラで出来たやつ、それを身に着けた人の腰から下が見えたらしい。

151031_006

しかもその腰蓑が濡れてて水がポタポタ落ちているのが見えた瞬間、オジサンは竿、クーラー、バッカン(エサ入れ)、道具箱をそのままにダッシュで逃げたと聞きました。

そのオジサンは今でも釣りが好きですが夜釣りだけは誘っても来ません。

[出典:http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1243074720]

 

笑う遺影

成人式の時、自分は遺影を持って行ったんだ。

中学の時、心臓発作で死んだ近所のツレの。

そいつと俺とは親友同士で、毎日のように遊んでいた。

そんなツレと、こんな形で成人式に出席するとは思ってもみなかった。

市長のあいさつなども終わり、式の終わりくらいに、元クラスメートほぼ全員で集合写真を撮った。

後日その写真を現像してみたら、俺の手の中のツレの遺影が笑ってるんだわ。

無表情で写ってたはずの遺影が……

怖いという感情はあまり無く、

ああ、久しぶりにみんなに会えて、嬉しかったんだなぁ……と思ったよ。

でも違ったんだ。

その集合写真で俺とツレの横に写っていた子が、しばらくしてから死んだんだ。

その子は当時ツレが好きだった子だった。

もうすぐその子に会えるから嬉しかったんだろうなぁ……

 

Sponsored Link

バスタブのふた

知人から聞いた話。

母親と二人暮らしでボロい一軒家に住んでた。

結婚することになって母親の老後のことも考え結婚相手とも同居する話がついて、三人と将来の子供のことも考えて家も同じ場所に建て直すことになった。

その間、仮の住まいということで母子二人で賃貸のマンションを借りることに。

どうせ新築に移るまでの数ヶ月ってことでできるだけ安いところにした。

築何年も経った小さなマンションだったのだが、といっても清潔感があって良さそうな環境だった。

仮住まいに越してから、数日後、おかしなことに気付いた。

昼間は何もないのだが、夜中になると風呂場の蛇口がポタポタと水滴が垂れるのがわかった。

そういえばと、借りるときに、バスタブのふたがなくて、風呂の栓も外してあったことを妙だとは思ったそう……

夜中に水圧の関係かな?と、これくらいは、しょうがないなと思ってたある日のこと。

夜の八時頃に帰宅すると、風呂場でバスタブに浸かっている気配がする。

母親が入ってるんだと思って「母さん、ただいま」と声をかけても返事がなく、すりガラス越しに何者かが風呂場内で動く影が見えるだけ。

その時、玄関の扉が開いて母親が帰ってきた。

「ごめん、帰ってたの……となりと話し込んでるうちに上がらせてもらって。こんなに時間が経っちゃった……」

「へ?じゃあ風呂に入ってるのは誰だよ?」

と風呂の扉を開けてみても、そこには誰もいなくて、蛇口からポタポタと水滴が落ちてるだけ。

気のせいかなと思うことにしてまた数日後……

夜中にトイレに行こうと起きて、ユニットバスで風呂場に洋式トイレがあるタイプだったそうだけど、用を足すでもなく母親がトイレのフタの上にきょとんと座ってバスタブをじっと見つけている。

「何?どうしたの?」と聞くと

母親が我に返ったように

「血!風呂の蛇口から真っ赤な血が出てたの!」

それで、バスタブを覗いてみたけど、ポタポタ落ちる水滴は相変わらずだったのが普通の水で、落ち続ける水滴で洗い流されたのかバスタブの底ももう赤くもなかった。

「寝ぼけてたんだろう?」といったものの自分が体験したこともあり怖くなって、数日後には、そこから出て結婚相手の実家に居候することに。

それから後、新居も建って結婚し子供もできて、四人で新居に住んでいて、それからは何も起きて内ので安心してるのだが、あのマンションはなんだったのだろうか?と今でも気になるそう……

賃貸マンションを借りるときは、まず風呂場にフタがあるかを確かめたほうがいいかもしれません。

もしフタがないと、同じことが起きるかもしれないです……

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1439786982]

(了)

 

恐怖通信鳥肌ゾーン [ 東雅夫 ]

Sponsored Link

 - 都市伝説ショートショート集

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

都市伝説・傑作ショートショート集 【坎の巻】

  明日の犠牲者 1985年頃のこと。 夜中の2時30分頃、テレビをつ …

都市伝説・傑作ショートショート集 【丙の巻】

  メットをかぶった母親 大学時代一人暮らしをしていた俺は、夕方アニメ …

都市伝説・傑作ショートショート集 【兌の巻】

スカート 男女のグループを乗せた車が道路で大事故を起こしてしまった。 何人かは明 …

都市伝説・傑作ショートショート集 【乙の巻】

  深夜の小学校 高校時代の友人三上から聞いた話だ。 彼が中学三年生の …

都市伝説・傑作ショートショート集 【甲の巻】

先日、久々にリアルで有名な都市伝説を聞いた。 「友人の友人のいとこの叔父さんが大 …

都市伝説・傑作ショートショート集 【坤の巻】

行方不明さん 名前通り、行方不明(なでかた ふめい)さんって人が居るらしい。 現 …

都市伝説・傑作ショートショート集 【震の巻】

  青い指輪 三人の大学生がキモ試しのために近所でも有名な心霊スポット …

都市伝説・傑作ショートショート集 【戊の巻】

  落ちた人影 夏の終わりに川でキャンプをしに行った時の話。 俺と友達 …

都市伝説・傑作ショートショート集 【壬の巻】

清助くん 受験勉強のために部屋で猛勉強してたら、夜中の二時ごろに部屋のドアをコン …

都市伝説・傑作ショートショート集 【癸の巻】

  ギョロ目オヤジ 俺的に洒落にならないくらい怖い話。 当時、俺は三歳 …