【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

都市伝説・傑作ショートショート集 【兌の巻】

      2017/09/01

Sponsored Link

スカート

男女のグループを乗せた車が道路で大事故を起こしてしまった。

何人かは明らかに即死だとわかる状態だった。

そのうち事故の音を聞きつけた野次馬達が集まってきた。

そして事故現場を取り巻いて警察と救急車が来るのを待っていた。

そのとき死んだと思われていた女の子の手が動き、自分のスカートの乱れを直した。

警察の調べでも女の子は即死状態だったという。

死んでも彼女は外見に気を使ったのだ。

 

豊胸手術

アメリカに住むある女性が豊胸手術を受けた。

顔立ちのよい美人であったが胸が小さくそれがコンプレックスだったのだ。

手術のあと担当の医師からは

「胸に入れたシリコンが安定するまでしばらくは絶対に飛行機に乗らないでください」

との注意を受けた彼女だったが、それから数週間後出張のためにどうしても飛行機に乗らなければならないことがあった。

まだ安心できるほど日は経っていなかったが、彼女は医者の忠告を無視して飛行機に乗ることにした。

空港でも機内でも美人のうえグラマーになった彼女は注目の的だった。

飛行機が離陸し、高度をどんどん上げていくと彼女に異変が起きた。

手術をした胸に違和感が出てきて、苦しくなってきた。

飛行機はそれでも高度を上げていく。

胸の違和感はさらに強まり、ボコボコと変な音をたててうごめきだした。

そして彼女の胸が大きく膨らんだかと思うと大きい爆発音と共にはじけた!

胸を血に染めた彼女幸いにして一命を取り留めたが、バストは手術をする前より小さいAカップになってしまった。

事故の原因は、飛行機の気圧の変化で胸に入れたシリコンが膨張したためだという……

 

天国の掟

三人の女性が事故で昇天した。

天国に行くと、三人は門番のセントピーターから

「天国には一つだけ掟があります。アヒルを踏んではいけない、ということです」

と注意をうけて中に入った。

案の定、いたる所にアヒルがいた。

とてもアヒルを踏まずには歩けないほどだった。

細心の注意を払いながらも、三人の一人がついうっかり一羽のアヒルを踏んでしまった。

するとセントピーターが、彼女が今までに見たこともない醜い男を連れてやってきた。

彼はその男と女性を鎖に繋いでから理由を説明した。

「アヒルを踏んだ罰として、この男と永遠に鎖に繋がれることになります」

翌日、二番目の女性も、アヒルを踏んでしまった。

するとセントピーターが、極め付きの醜男を連れてキッチリやってきた。

最初の女性と同じようにセントピーターは女性と男を鎖に繋いで、同じ説明をした。

二番目の女性はこの顛末をつぶさに見ていたので、醜い男なんぞと一緒に鎖に括りつけられて永遠に過ごす羽目にならぬよう、足の運びには精一杯気をつけた。

彼女が何とかアヒルを踏まずに数ヶ月が過ぎたころのある日。

セントピーターが今までに出会ったこともないハンサムな男を引き連れてやってきた。

男は背が高く、長い睫毛をした、筋骨逞しく、細身だった。

セントピーターは何も言わずに二人を鎖に括りつけた。

女性は怪訝な面持ちでつぶやいた。

「私が貴方と一緒に鎖に括られるような、何か褒められるようなことをしたのかしら」

それに男が答えた。

「僕は君のことは何も知らないんだけど、ただアヒルを踏んじゃいました」

 

誘惑の代償

あるサラリーマンが出張のために東京の新宿にやってきた。

その日は大きな商談がまとまったために上機嫌だった。

バーの片隅で一人良い気分で飲んでいると、店にいた女性に声をかけられた。

女性はとても魅力的な顔立ちで、彼はだめ元でホテルに誘ったが存外にOKをもらうことができた。

ホテルに戻って彼女ともう一度飲みなおしたところで彼の記憶は途切れてしまう。

次の日の朝、彼はバスタブで目を覚ました。 バスタブには水が張られて氷まで入っている。

やられた!と思ったが、バスタブの横のには

「目が覚めたらすぐに救急車を呼んでください!あなたの命にかかわります!」

というメモが彼の携帯と一緒に置いてあった。

この状況にただならぬ気配を感じた彼は、言われたとおり救急車を呼んだ。

病院に運ばれた彼の背中には手術のあとがあり、そこから腎臓がひとつ抜き取られていたことがわかった。

このようにして抜き取られた腎臓は、闇のルートで売買されているという……

(了)

 

怖すぎる話 真夜中の都市伝説/松山ひろし

Sponsored Link

 - 都市伝説ショートショート集

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

都市伝説・傑作ショートショート集 【乙の巻】

  深夜の小学校 高校時代の友人三上から聞いた話だ。 彼が中学三年生の …

都市伝説・傑作ショートショート集 【己の巻】

  魘される 高校の頃、先輩の松次郎さんから聞いた話です。 松次郎さん …

都市伝説・傑作ショートショート集 【乾の巻】

飲酒運転 その1 ある男性会社員が帰り際に仕事仲間との飲み会に参加した。 しこた …

都市伝説・傑作ショートショート集 【離の巻】

ネックレス 女子高生希美さんの友人である佳苗さんに起こった話。 ある日佳苗さんは …

都市伝説・傑作ショートショート集 【丁の巻】

  霊犬シロ じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産ともいえる …

都市伝説・傑作ショートショート集 【癸の巻】

  ギョロ目オヤジ 俺的に洒落にならないくらい怖い話。 当時、俺は三歳 …

都市伝説・傑作ショートショート集 【坎の巻】

  明日の犠牲者 1985年頃のこと。 夜中の2時30分頃、テレビをつ …

都市伝説・傑作ショートショート集 【辛の巻】

動き回る人形 子供の頃から人形は怖かった。 友達みんなでお人形ごっこするじゃない …

都市伝説・傑作ショートショート集 【巽の巻】

  輪廻転生 あるところに美男美女の新婚夫婦がいました。 結婚生活もし …

都市伝説・傑作ショートショート集 【庚の巻】

  赤堤防 俺の田舎に通称「赤堤防」っていう防波堤があるんだ。 ま、名 …