【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

【藤原静シリーズ】 靈と氣功

   

Sponsored Link

 


 

私は本業の傍ら、ある教室を開いています。

昔から、人に教えるのは好きなので、楽しみながら少しお金をいただくという感じです。

霊感・目に見えないもの・不思議な力・奇跡など、ホンマかいな!?という類いのことが昔から好きなので、同じような人たちが集まってきます。

霊を落とす人、拾う人

ある冬の寒い日に、五〇代の女性が訪ねてこられました。

彼女は、隣の市でスナックをやっているママさんでした。

スラリとした体形で、小奇麗ないかにもママさんっていう女性でした。

彼女は霊が見えるというよりも、いるのがわかるというタイプでした。

彼女いわく、「マッサージ店や温泉施設で みんな霊を落としていく」のだそうです。

そして、憑いていなかった人が 逆に拾ってきちゃうそうなのです。

だから、「そういうところに行くのは控えたほうが良い」とのこと。

「へー、なるほど」と思いました。

たしかに、うちの近くの温泉施設でも、入浴中に亡くなるかたが多いです。

しょっちゅう、救急車が来ますし。

ということは、亡くなった原因が《霊によるもの》という可能性もあるのかも知れません。

変わった人を引き寄せる体質

私は 趣味と実益を兼ねて占いをするのですが、かなり深い因縁ドロドロ話を聞いたあとはドッと疲れが出ます。

ひどいときは、一日中寝込むときもあります。

自分自身、霊が見えることはないのですが、感受性が強いので憑依体質という自覚はあります。

それは 相手に憑いている霊を引き受けてしまうのか、それとも影響されてしまうのかはわかりませんが、自分は疲れて 相手はスッキリして帰るということはよくあります。

だから、電話の声を聞いただけで「この人には会いたくない」と感じてしまうと、間違いなくあとでダメージが大きいのです。

これは多分に、母方のおじいさんの影響が強いように思います。

六十一歳のときに、自宅の納屋で首つり自殺をして、それを見つけたのが私の母でした。

その血筋からか、私は中学時代から《自殺願望》が強かったのです。

ことあるごとに、おじいさんの気持ちが胸の奥にずしーんと感じられるのです。

そんな背景もあってか、《霊界に近い人たち》が近づいてくるように思えます。

氣功で霊を祓う

そのママさんですが、数年前から氣功を習いはじめたとのことで、《氣》を送れるようになったというのです。

氣といわれても、あまりピンとこなかったのですが、いろいろ教えてくれました。

まず、両手で《球》を握るようなイメージをします。

その球が大きくなるようにイメージしながら、氣を集めるのだそうです。

ママさんいわく、「小さな切り傷なら、氣を送って24時間で治せる」とのこと。

実際にやってほしかったのですが、わざわざ切り傷を作るわけにもいかないので、実際に目で見ることはできませんでした。

代わりに、私に向かって氣を送ってもらいました。

すると、右肩にビンビン感じるのです。

ママさんが送る《氣の通り道》から外れると感じなくなるのですが、再びその通り道に入るとガンガン当たるのが感じられました。

あるとき、そのママさんが来る前に、とてもおしゃべりな初老の男性が来ていました。

その男性はいつも饒舌で、来ると必ず長話をしていきます。

その後、ママさんがやってきました。

男性は構わずしゃべり続けていたのですが、しばらくすると笑顔になって帰っていきました。

ママさんいわく、「おしゃべりな人は霊が憑いている」とのこと。

少し離れたところから、その男性に向かって氣を送っていたそうです。

そして、その霊がとれたので、それまでの陰気な顔から笑顔に変わって帰っていったのでした。

氣功で霊がとれる!?

そのときはよく理解できませんでしたが、のちのち《ハンパなく凄い氣功師》に出会うことで納得するようになったのですが、その話はまたいずれいたします。

(了)

 

本当にあった!世にも不思議な事件集 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 藤原静シリーズ

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【藤原静シリーズ】霊眼が開く時

  事故がきっかけで霊が見えるようになった男性の話 《霊眼が開く》とい …

【藤原静シリーズ】除霊ボランティア

  私は中学のころから、《霊界は存在するのか》など、目に見えないものに …

【藤原静シリーズ】父親に憑依された娘

  娘の体に入った父親の話 私の友人が経験した話です。 友人のT氏は心 …

【藤原静シリーズ】占い師の独白

私は自称占い師です。 なぜ自称かと言えば、それがなりわいではないからです。 別に …

【藤原静シリーズ】不思議な予言

  何年か前のことです。 あるとき、何故か急激に霊感が高まっていたころ …