【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

【藤原静シリーズ】霊眼が開く時

   

Sponsored Link

 

事故がきっかけで霊が見えるようになった男性の話

《霊眼が開く》という言葉があります。

霊能者の方たちは、だいたい幼いときから霊眼が開かれていて霊が見えるのですが、何かのきっかけで今まで見えなかったものが見えるようになった人の話を聞いたりします。

私の教室に来られていた五〇代の男性の話です。

彼は、ある事故で奇跡的に助かった人なのですが、それまでは見えなかったものが急に見えるようになったと言うのです。

事故後、ある日彼が街を歩いていると、母親と少女がコンビニの自動ドアの前に立っているのが見えました。

中に入らないのかなと思って見ていると、他の人たちが二人の身体を通り抜けていくのでした。

彼女たちは亡くなった霊だったわけですね。

それまで霊など見たことなかったのに、急に見えるようになってしまって本当に驚いたそうです。

そう考えると、もしかしたら私たちも、知らず知らずのうちに何人もの霊の身体を通り抜けているのかも知れません。

もしかしたら、タクシーの座席に霊が座っているのに、知らずにその上から腰かけているなんてこともあったのかもと考えると、怖くなってきませんか?

遠い昔、山手線の電車で席に座っていたときのことです。

ある女性がぶつぶつ独り言を話しながら入ってきたことがありました。

「いつまで憑りついてんだ、このやろう!」

大きな声で怒鳴っていたのです。

周りにはたくさんの人が乗っていたのですが、たしかに独り言でした。

私は怖くなって、どんな顔をしているのか見たいと思いながら下を向いていました。

幸いにも、次の駅で降りてくれたのですが、きっと彼女はいつまでも憑りついて離れない霊に業を煮やしていたんだと思います。

事故で見えるようになった男性にはまだ続きがありました。

彼はその事故のあと、《見えないものが見えるようになった》だけでなく、不思議な力を身につけたそうなのです。

「友人の病気を治したんです」

あるとき、彼の友人が腎臓だったか胆嚢だったかに石ができたらしく、入院したので見舞いに行ったのです。

彼は、その友人の腹の中の石がなくなるように念じながら、腹に手を当てていたそうです。

すると、再検査の結果、その石がなくなってしまったのだそうです。

偶然だったのか、彼の不思議な力によるものなのか、それ以降はそういう力を使っていないのだとか。

私の解釈としては、彼の力によって友人の自然治癒力が増大し、その結果石を消滅させたのではないかと勝手に考えています。

椎間板ヘルニアは、骨と骨の間の椎間板が外に飛び出して神経を刺激することにより痛みを発症しますが、手術などしなくても自然に飛び出した部分がポロッととれて治ることがあるそうです。

人間は、自分で自分を治す不思議な力を持っているのです。

《ヒーリング》とか《気功》とか言われるものは、その人の持っている自然治癒力を増大させる手助けをしているのではないかと思います。

結局は、医者が病気を治すのではなく、患者自身が治すのだというように。

《占い》や《カウンセリング》も、相手が幸せになれるように手助けをするだけなので、傲慢にならないように、謙虚な気持ちを忘れないように心がけています。

(了)

 

日本霊界地図 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 藤原静シリーズ

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【藤原静シリーズ】不思議な予言

  何年か前のことです。 あるとき、何故か急激に霊感が高まっていたころ …

【藤原静シリーズ】除霊ボランティア

  私は中学のころから、《霊界は存在するのか》など、目に見えないものに …

【藤原静シリーズ】 靈と氣功

    私は本業の傍ら、ある教室を開いています。 昔から、人 …

【藤原静シリーズ】父親に憑依された娘

  娘の体に入った父親の話 私の友人が経験した話です。 友人のT氏は心 …

【藤原静シリーズ】占い師の独白

私は自称占い師です。 なぜ自称かと言えば、それがなりわいではないからです。 別に …