【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

【藤原静シリーズ】除霊ボランティア

   

Sponsored Link


 

私は中学のころから、《霊界は存在するのか》など、目に見えないものに関心を持っていました。

よく霊がみえるとか、死者と話すという人の話を聞くのが好きでした。

私は本業の傍ら、ある教室をやっているのですが、その生徒さんにはいろんな方が来られます。

もちろん普通の方も多いのですが、《相性》というか《類は類を呼ぶ》というか、変わった方が来られます。

ある霊能者の女性

今から十年以上前、ある四十代後半の女性が来られました。

その方は「高野山で修業した」と言っていました。

高野山といえば、和歌山県にある《弘法大師・空海》が開いた場所ということぐらいしかわかりません。

仏教には全く詳しくないのですが、私の名前は変わっているので、昔はよく「お寺の子?」と聞かれていました。でも実家は会社員でした。

若いころはなんとなく『永平寺で修業してみたいなあ』なんて思ったこともありましたが、とても厳しいという話を聞いて断念しました。

彼女は 霊能力があるそうで、その力のほどは計り知れませんでしたが、人助けがしたいといってました。

本業は別に持っているのですが、ボランティアで御祓いをして回っているとのことでした。

霊能力があると聞いただけで、羨ましいなあ……と憧れてしまいました。

本当に霊は存在するのか?霊界はあるのか、ないのか?

という次元を行ったり来たりしている私にとって、霊と闘って除霊するなんてヒーローのように思えました。

一週間に一回のペースで教室に来られていたのですが、どうしても霊能力の話を聞きたくなってしまいます。

テレビ番組などではよく見たりしていたのですが、実際の現場に立ち会ったことがないので興味津々なのです。

彼女が言うには、一軒一軒回りながら『この家は感じる』というお宅に声をかけ、ボランティアで御祓いをさせてもらうんだそうです。

私がイメージしていた御祓いは、その家や人に憑いている霊を そこから追い出すことだと思っていたのですが、

彼女が言うには「自分の体に取り込む」のだそうです。

えっ!?取り込む!?……飲み込む!?

私にはイメージがしにくかったのですが、それ以上詳しくは教えてくれませんでした。

疑問が湧いたので「取り込んだあとはどうなるの?」と聞いたのですが、よく理解はできませんでした。

簡単な霊はそんなに大変でもないそうなのですが、強い霊はけっこう大変なんだそうです。

彼女はちょっと太めの体型でした。

腕も太く、鍛えている感じでした。

そう考えると、除霊って格闘技なのかな?と勝手にイメージしました。

何回か週一ペースで通ってこられたのですが、あるとき、ずいぶん来られなくなってしまいました。

本業の仕事が忙しいのかなと思って、あまり気にはしていませんでした。

七ヶ月くらいたったある日、久しぶりに彼女が来られたのです。

「お仕事、忙しかったんですか?」と聞くと、入院してたそうなのです。

聞けば、除霊に行ったさきの家で、かなり強力な霊と格闘し、自分の体に取り込んだはいいものの、結果 半年以上入院することになったそうです。

「えー!?」っとびっくりしました。

まったくのボランティアなのに、入院することになるなんて……

霊能者は早死にする人が多いと聞いたことがありますが、命がけなんだなあと思いました。

そして、あらためて尊敬するようになりました。

その後、彼女からの連絡はなくなりました。

今も元気なのか、それとも体を壊してしまったのかはわかりません。

せめて、生きていてほしいなあと願っています。

(了)

 

あした学校で話したくなるほんとうに怖い怪奇現象 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 藤原静シリーズ

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【藤原静シリーズ】父親に憑依された娘

  娘の体に入った父親の話 私の友人が経験した話です。 友人のT氏は心 …

【藤原静シリーズ】 靈と氣功

    私は本業の傍ら、ある教室を開いています。 昔から、人 …

【藤原静シリーズ】不思議な予言

  何年か前のことです。 あるとき、何故か急激に霊感が高まっていたころ …

【藤原静シリーズ】霊眼が開く時

  事故がきっかけで霊が見えるようになった男性の話 《霊眼が開く》とい …

【藤原静シリーズ】占い師の独白

私は自称占い師です。 なぜ自称かと言えば、それがなりわいではないからです。 別に …