【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

【藤原静シリーズ】不思議な予言

   

Sponsored Link

 

何年か前のことです。

あるとき、何故か急激に霊感が高まっていたころがあったのです。

何がそうさせたのかは明確に思い出せないのですが、二点だけ紹介したいと思います。

友人に、自営業を営んでいる人がいました。

彼は、父親が亡くなった後を継いで社長になっていたのですが、景気とともに収益も減少し、資金繰りに苦労していました。

ある日、切羽詰まった声で電話してきました。

「明日までに300万円用意できないと首をくくるしかない。どうしよう!?」

そのころ、何故か霊感が冴えきっていた私は、口から出るに任せて言いました。

「大丈夫、心配しないで。明日の朝、ニつの紙袋を持った人があなたの会社に行きます。紙袋の中には300万円が入っているはず。もし、あなたが私の言葉を信じてくれるなら必ずそうなります」

その頃の私は、《言った人が問題なのではなく、聞いた人がその言葉を信じることができれば、それは必ずそうなるはず》という思いに支配されていました。

次の日、彼からメールが届きました。

《今朝、○○銀行から電話があって、以前に申し込んでいた400万の融資が決まったと。なんとか首をくくらなくてよくなりました。》

それは良かったとメールを返信しました。

私の予言は《紙袋に300万円》だったので、ちょっと違うなと思ったのですが、彼が首をくくらなくてよくなったことには素直に喜びました。

そして、《大丈夫》と言った私の言葉が嘘にならなかったことに安堵したことを覚えています。

彼からのメールが届く少し前のことです。

以前からよく来てくださっていた占いのお客さんから電話がありました。

その人は、ある企業のテレフォンアポインターをしている五〇代の女性です。

普段から、そこそこ売り上げ成績の良い人なのですが、ここ数日間は思うような成績がとれていないという悩みでした。

かなりマイナス思考の持ち主なのですが、私は迷わずに言い切りました。

「今日は大丈夫、これまで取れなかった分が今日必ず取れるので、楽しみにしていてください。あなたが信じてくれるなら、必ずそうなるはずだから。そして、結果がどうだったか、夕方に電話で教えてください」

この時は、まだ友人の300万円がどうなったのかを知らなかったので、少しドキドキしながら、それでも自信を持って断言しました。

その後、友人からのメールが届いたのです。

一度だけでなく、二度の予言が当たるなら偶然ではないはず……

その日は、ドキドキしながら夕方の電話を待っていました。

五時すぎ、電話がかかってきました。

「あなたの言うとおりになった。今日は信じられないくらい取れた」

豪快に笑う彼女の声を聞きながら、私は興奮を抑えきれませんでした。

今、冷静になって考えてみても、あのころどうしてあんなに無謀な予言をしたのか、いまだによくわかりません。

《何か見えない力》に支配されていたとしか思えません。

さきほどの二つの例を、《ただの偶然》と捉えるか、《何か見えない力》によるものと捉えるか……

《神様がいるのかいないのか》《霊界はあるのかないのか》いまだに確信のない私ですが、だからこそ《奇跡をみせてほしい》という思いが強いのかも知れません。

今までも、そういう『実験』を何度もやってきているので、いずれ紹介したいと思います。

ちなみに私の占いの師匠いわく、《出まかせ》とは口から出るに任せる『出任せ』だと。

つまり、自分の言葉ではなく、《何か見えない力》が言わせているんだ、ということでしょうか!?

(了)

 

呪いの都平安京 呪詛・呪術・陰陽師/繁田信一

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚, 藤原静シリーズ

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    >「明日までに300万
    >次の日、彼からメールが

    と書いておきながら
    >その後、友人からのメールが届いた
    >一度だけでなく、二度の予言が当たるなら
    >その日は、ドキドキしながら夕方の電話を待って

    バカすぎてw

  2. 匿名 より:

    あほくさ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

記憶の中の母親

俺の母親は、俺が小学生二年生の時に死んだ。 45 :本当にあった怖い名無し:20 …

金曜テレポーテーション

中2の頃、僕と友人正登の話。 金曜深夜1時頃、僕は友達の正登と遊ぶ為に、横浜の自 …

不思議な模造刀

子供の頃俺に起こった不可思議なお話。 5月の節句で、俺の為に飾ってくれていた兜と …

集合写真に写った謎の男

幾つかの仲が良いサークルが集まって、キャンプに行くことにした。 70 :代理投稿 …

石鬼の呪い

  お堂のなかにある石鬼の話。 自分の町はかなりの田舎で、田んぼが多く …

佐々間のおばちゃん

  子供のころ両親が共働きで、うちには幼い俺を世話してくれてた《佐々間 …

聊斎志異(りょうさいしい)人間の皮

ストーリー ■人間の皮 太原県の王という書生が道で美しい女性とすれ違い、彼女が悲 …

秘密基地

数年前に子供の頃不思議だった物が繋がった話なんですけど。 五歳くらいの記憶で、よ …

時が止まる公園

俺の変な記憶、誰か理解してくれるかな? 414 :本当にあった怖い名無し :20 …

見えない古本

  おじいさん一人と奥さんの二人でやってる古本屋でバイトをしてた時の話 …