【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

神に愛されるという事|生存実況~占い師からあと五年の命といわれたんだが……

   

Sponsored Link

占い師に「長生きできんね」と言われたことある。

2008/02/24(日) 09:54:50 ID:7HEfDi1a0

理由も聞いた。

「あんた、大陸に行ったことあるだろう?そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず祓えないし、どこに行っても障ることを恐れて何もできないよ」と。

確かに、仕事で中国に数年住んでいた。

「まあ、日本にいる限り、息子さんが成人するまでは持つよ。あんたの背後に白狐が見える。これが強いし、あんたの家系、将門信仰してる者がいるからね。お祖父様お祖母さまに感謝することだ。……それと、叔母さんかな?修道院にいる人もいるねえ。彼女も遠くからあなたを守っているよ。……でも、あと数年だね」

息子、もう十五歳なんですが。

あと五年でこの世とさよなら?

それを何故断言できる?

私の不審そうな顔に、占い師は続けた。

「あんた、過去に手のスジ切って何かできなくなってない?」

……確かに。

ジャズピアノをやっていてそこそこ仕事もあったが、交通事故の後遺症で今、左手があまり動かず、ピアノなんてもうとても無理な状態である。

「それは持って行かれたんだよ。でも命だけは、あんたを守る人たちに救われた。でも、次は全て取る、と言っているよ。……ごめんねえ、不快な事ばかり言って」

占い師はそう言って、私から料金を取らなかった。

あと五年でこの世から去る?

にわかに信じられなないし、今も信じてない。

ところが、その占い師は『当たる』と評判だそうだ。

割と高額な見料も、あんなに長時間話したのに、「残りの人生に使いなさい」と貰わなかった。

帰宅後、夫と子供に話した。「信じてないけど」と言いつつ。

「私が死んだら、あななたちが心配で……」

と言ったら、夫も子供も、

「それは自分たちが乗り越えること。おかんは心配しないで、残りを好きに使っていいよ」と。

今のところ病気などは無い。でも人は何で死ぬか解らない。

ちなみに後日、ある有名神社にお祓いの相談をしたら、占い師の言ったとおり、

「神様にはできる限り障りたく無いんです。こちらの命も危ないですから」と。

「すいません、どんな神様が憑いてるって?」

「……地獄の神様です。あなたの左手を持ってます。……日本の神様ではありませんね」と。

回避方法無しと言われたのだが、神主さんには、

「でも基本的に自分はあまり信じてないんです。私には見えませんから」

と言ったところ、

「そういう強い気持ちも大事ですよ」と。

「なんで私なんでしょう?」

「人と同じですよ。好みなんです。昔から、神様に愛されると長生きできないと言いますね。あれと一緒ですよ」

いや、そんな若くも無いですしと言ったら、「寿命からしたら充分若いですよ」と。

実家のお稲荷様と、近所の将門神社には毎日詣でている。

でも最近、右肩が重いことに気がついた。

そして、もともと夢などあまり見ないのに、夢を見るようになった。

どこかの屋敷で、ピアノをずっと弾き続けている夢。

動かない左手が動くのは気分がいい。ずっとここにいたいと思う。

「ずっといてもいいんだよ」

と、背後から右肩に手を置かれ、目が覚める。

いつかこのまま、目を覚まさなくなるのだろうか。

実話なんだけど、信じてないと言い切りたいが、全くの他人二人に言われるとちょっと怖い。

まああとは、人に迷惑をかけない死に方ができるように、かな。

一応死後は墓には入りたくないので、散骨をおねがいしてる。そんなもん。

(献体とか臓器提供も遺言にあるのだが、夫と息子が嫌だと言ってるので多分無理)

でもさあ、神様が連れて行くなら、もっと高名なピアニストとかじゃないのー?と。

それすら好みなのか?そのあたりがワカラン。

そこまで愛されるほどの容姿とも思えないしなあ。

ま、五年たってぴんぴんしてたら、その占い師と神主にはケチつけに行きますわ(笑)

でも信じて無くても、「もうすぐ死にますよ」ってのは、精神的に堪えるね。

心配下さってる方ありがとう。

2008/02/25(月) 22:21:38

ここに書けば何か対策でもあるかなー?という気持ち半分と、自分もまるきり信じているわけではないので、どうなのかな?という気持ちと半々なんだよね。

臓器移植は確かに、憑いていくとまずいかもしれませんね。やめておきます。

臓器の健康にはすっごい自信があるので、勿体ない気もするけど。

他の占い師に、顔見るなり「帰ってくれ、悪いけど見られない」と言われたこともあるので、じわじわ怖くなってきている。

でもあと五年と言われたところで、病気でもないし、じゃあ何をするかというと、日常を淡々とこなしていくしかないんですよね。

実家では、私が交通事故にあったときに、仏壇の観音様がまっぷたつに割れたそうです。

実家については、占い師さんの言ってることは全て大当たりです。

なんだか、あっちこっちに守って貰ったり、連れて行かれそうになったり。

まあ、本当に、夢を見ながらそっと死ねればいいかなあと思う反面、絶対五年後に生きてるぞ!このエセ占い師め!と、そこに怒鳴り込む(笑)ことも考えています。

五年後、生き抜けたらここに宣言しに来るので。では。

Sponsored Link

あれから一年半、とりあえず生きてるよ。

2009/07/09(木) 09:56:27

その間あったことも、そのうちまとめて報告にでも来るね。

まとめると書いたけど、そんな多くはないのだ。すまん。

とりあえず生きてます。

ただ、書き込んだときには自信満々だった内臓関係で一度入院、手術をしました。

命に別状ないはずの手術で失敗されました。

医療ミスの身近さに超びびりました。いま、医療裁判の準備中。

現実的に、失敗したのはメスを持った執刀医であり、後ろの方?ではない。

それに今、生きてるし。

呪いとか憑きものより、失敗する医者の方が恐いです。

後ろの方も「次は全て取る」と仰ってたようですが、残念、内臓の一部しか取れませんでしたへへーん、くらいに思うようにしてます。

要約するとこんだけですが、とりあえず今は無事です。

食事制限(軽め)はあるものの、日常は送れております。仕事もできるし。

右肩はいまだに重いです。夢も見ます。でも生き延びるよ。

2013年2月に「無事だよ!」と書き込むまでは絶対に。洒落コワに書き込むよ(笑)

そして「祟りや呪い、憑きもので死ぬ事なんて絶対にない!」と言い切るよ。

そのものの存在はあっても、そのせいで死ぬなんて絶対にあってはならないと思うので。
それでは。気にしててくれた人ありがとう。

覚えている人らっしゃるかな。

2012/02/10(金) 11:01:06

占い師に、とりついているもののせいで長生きできないと言われた者です。

最後に書き込んだのが2009年の夏頃だったのですが、無事生きています。

医療裁判も示談で話がつきました。

そして、自分でもびっくりなんですが、来年成人する息子の下に、もう一人男の子が生まれました。

高齢出産ながら安産で、いま三ヶ月の赤ちゃんも健康優良児です。

右肩も相変わらず重く、左手は以前のまま。

赤ちゃんを抱っこするのにも気をつけないといけないんですが、無事です。

相談していた神主さんに昨年の震災の後の妊娠を告げたときに、「寿命が延びましたね」と言われました。

もしかして、もう一人『息子』が生まれたから、『息子が成人するまで』の期限が延びたってことなのだろうか?と思ったが、詳細確認しませんでした。

神主さんが言うには、

「母親って強いんだけど、子供が小さければ小さいほどパワー全開だから、病気とか事故とか物理的な災難はどうしようもないけれど、この手のものは大概はじくよ」

だそうで。

夢は見続けていますが、赤子の夜泣きで中断されることも多く、舌打ちされます。

夢は思い込みじゃないのかなあ?

本当は夢に意味なんかないんじゃないのかなあ?

と思うけど、夢の中では両手が動いてとても気分がよく、もうあんなに弾けるはずないのに、まだ腕が落ちていない気がしたりしてる。

でも、絶対に来年に死ぬ気はしなくなってきた。

気にしていてくれた人が何スレか前にいたので、無事出産を待っての報告でした。

覚えている人がいるか解りませんが、書き込みにきました。

2014/02/04(火) 10:58:26

「あと五年の命」と言われた者です。

まとめサイト等でも探せませんでした、すみません。

五年以上たちましたが、ぴんぴんしております。

とりあえずご報告まで。

五年の期限をすっかり忘れていて、いま六年目くらいと思います。

とりあえず元気です。

「来年の二月に」って書いているのに再来年になってしまった。

下の子が小さいんで、あっぷあっぷしているたのと、昨年のちょうど今頃胆石の手術で入院したりばたばたしてしまったので、月日がたってしまいました。

左手のリハビリは続けていますが、元通りにはほど遠いです。

夢も見ますが、頻度は下がってます。

あと、神主の「寿命が延びましたね」は、高齢で妊娠した人へ言うお祝いの一種みたいな言葉で、古い言い回しだけどうちの地方ではまだ言う人がいますとの事で、「息子が成人するまで」云々はわたしの思い込みでした。

でも、今実際生きているんで、もう思い込みでもなんでもいいやー!!と。

あと、将門様については、とある禁忌を犯してしまったので、もう守られていないのかもしれないです。

でもそのへんは、祟られさえしなければOK!の気持ちでいます。

息子の成人に関してなら次はだいたい18年後なんで、さすがに書き込みはしないです。

ていうか、忘れてしぶとく生きていこうと思います。

では、とりあえず占い師に一言文句言いにそのうち行ってきます。

(了)

 

笑う裂傷女 [ 黒史郎 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    文句を言われた占い師(では私の力で代わりに・・・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

泣いてチンピラ

ラーメン屋での話。 909: 本当にあった怖い名無し 2008/04/23(水) …

深夜のエスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。 場所は都内の某デパートですが、当時 …

黒の案山子

年末から年明けにかけて、俺は実家のある群馬に戻って、郵便局でバイトをしていた。 …

パンプキンタワー

十数年前の話。当時、大学生三年だった俺、キヨシ、後輩ヨシオは相変わらず下らない話 …

福島の保育所であった事【閲覧注意】

福島から五月頃、関東に避難してきた。 それまでの地元は、避難制定地域よりもわずか …

幻覚遊び

子 供時代の体験は、どこまでが空想・幻覚・幻聴で、どこからがリアなのか曖昧だよな …

招かざる客

新入社員のNさんは、就職と同時にアパートを借りて念願の一人暮らしを始めた。 68 …

車とバイクで競争……その悲惨な結果

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 133 名前:とき 投稿日: …

赤ジャージ

今から二年くらい前に夜間高校通ってたときの話。 2009/05/23(土) 21 …

特殊清掃員

  特殊清掃の仕事をしていたことがあった。 560 :本当にあった怖い …