【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

静寂な山~東北某県の山奥で

   

Sponsored Link


 

別に恐怖……という程でもないのですが、同じような体験をした方も居るかと思い、書き込ませて頂きます。

646 :2007/09/02(日) 23:12:34 ID:2QsT3bw60

今から約十一年程前、場所は東北某県の山奥です。

当時高校生だった私は、父親の趣味である山行きに、毎度付き合わされてました。

本当は友人と遊んだりしたかったのですが、山に付き合えばそれなりの恩典もあったので、渋々……といった感じで同行したものです。

ところで、私の住む県の山ってのは、結構山の懐が深いんですよね。行けども行けども山、山、山……

父親は元自衛官という事もあってか、朝早く山に入ると日が暮れるまで山に居続ける人ですので、一度行くだけでも、結構な奥地まで入ります。

そんな奥地に、それはありました。

幾つもの山を越え、今日はどこまで行くんだ……とウンザリしていた私は、突然“歩きやすい場所”に出ました。

山の中ってたまーに、なんだか歩きやすいな……って場所がありますよね?そこも、そんな場所だと思いました。

でも、ちょっと妙な事に気付きます。

妙に歩き易いんです。

それは歩き易い場所なんだから歩き易いに決まってるだろ、って思われるかも知れません。

でも、それとはちょっと違うんです。

つまり、山好きな方なら感覚的に分かると思うのですが、これは人が歩き易い様に誰かが地面をならしたんじゃないか?って感じの場所なんです。

『妙だな……でも、道だって無いし、こんな奥地をならした所で何のメリットも無いじゃないか。気のせいかな?』

と思いながら父を見ると、父も妙な顔をしています。

きっと、同じ事を思っていたに違いありません。

変だな、妙だな……と思いながらも、その場所を抜けて更に奥へ進む私と父。

多分、五分ぐらい歩いたでしょうか?また歩き易い場所に出ました。

ですが、今度も変に歩きやすい……そして、さっきとは違った光景がありました。

その場所には、藪ですっかり隠れる感じになってたものの、楕円形か三角っぽい石が置いてありました。

庚申塚ってありますよね?丁度あんな感じです。

更に、既に原型を留めないぐらいに朽ち果ててはいましたが、どうやら家屋が建ってたっぽい跡もありました。

基礎に使ったと思われる丸みがかった石が幾つかあったのを、今でも憶えています。

『こんな道も無いような場所に一体誰が、何の目的で?』

山奥で珍しいものを見つけた私は、楕円形の石に顔を近づけてみました。

もしかしたら何か分かるかも……と思ったのです。

で、なにやら文字が書いてあるんですが、相当時間が経過している上に風雨に晒され続けたせいか、掠れて殆ど読めません。

苦心して何とか読めた文字は、多分『寛』という字と、あとこちらも自信無いのですが『水』という文字でした。

『寛水』……『カンスイ』と読むのでしょうか?

Sponsored Link

他にも何か書かれてたんですが、全く読めませんでした。

 

「これ、何て書いてあるんだろうね?」

と言いながら振り返った私に父は応えず、無言で何かを考えている様でした。

「誰かが隠れ住んでたのかなぁ。落人伝説とかあったっけ?ここらって忍者の隠れ里なんて無いよねぇ?」

更に聞く私に、父は「今日は帰るか」と一言。

私は意味も分からず

「え、帰るって。まだ茸も何も採ってないじゃん」と言ったのですが、

「いいから。帰るぞ」と言い残して山を下り始める父。

私は訳も分からず、父に従いました。

まあ、帰れてラッキー、ぐらいにしか思いませんでした。

さて、スタート地点まで戻って車に乗り、夕暮れの林道を下りながら、父が言いました。
「あそこ、音が無かったな」

「音?」

「お前、気付かなかったか?鳥の鳴き声も風の音もしなかっただろ。川の音も無かったな」

そういえば、そんな感じだったような……

私は石碑?ばかりに気を取られてたものの、今から考えると無音の世界だったような……

「ああいう場所は、良くない。別に何か見たとか聞いた訳じゃないが、良くない場所だ。こういう日はサッサと帰った方がいい」

結局、謎が残っただけでした。

私の体験は以上ですが、山好きの方々で、こんな場所に遭遇した方はいらっしゃいますか?

若しくは『カンスイ』という言葉に聞き覚えはありますか?

 

650 :本当にあった怖い名無し:2007/09/02(日) 23:48:19 ID:Q6Y/PJ/00
寛永ならある

652 :本当にあった怖い名無し:2007/09/03(月) 00:02:23 ID:rHVyNwx30
無音の世界ってのは怖いですね。
ふと気づくと、深い山奥の中、自分達だけしかおらず音一つしない。
気づいたときの父上の緊張が伝わるようです。
こんなところになぜ、踏み跡が?というのは、その筋では有名なサイト、「山さ行かねが」でもときどき出て来るようです。
でも謎の石碑の存在もあるし……なんだったんだろう。

657 :2007/09/03(月) 22:06:52 ID:cBvE/7uD0
>>650
寛永って今調べてみたら、江戸時代初期の年号ですね。徳川家光の治世みたいです。
(1624年から1645年までの期間)

字が掠れて『寛水』に見えたのかな。
しかし、そんな昔の物がなぜ山のど真ん中に……
それと、その近辺は鉱山があったとか林業が盛んだったって話は全然聞かないので、益々謎です。

>>652
石碑に関しては、今も謎です。てか、石碑って言い方が妥当かどうかってのも不明……
それと、ちょっと調べてみたら寛永の時代って飢饉があったみたいですね。
飢饉と何か関係があるんだろうか……

 

山の不可思議事件簿 [ 上村信太郎 ]

Sponsored Link

 - 山にまつわる怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

山で出会った白い人

  小学校のころ、母親の実家に遊びに行った時のこと。 183 :本当に …

ヤバいバイト

今から十年前。世間がマツケンサンバのヒットで浮かれてた時代、チョっと危ない系のア …

岩場の足音

昔、まだ私が大学生だった頃の話です。 818 :雷鳥一号:03/04/25 01 …

獣道へ向かうベンツ

友達と山にドライブに行ったとき、深夜でしかも霧がかってたので、後続車もないしチン …

真っ赤なスキーウェアを着た女

うちの中学は毎年一月ごろ、一年生がスキー林間学校っていうのをやるんだけど、毎年同 …

澤釣心靈奇譚

文才ないから上手く書けるか判らんけど、俺の唯一の心霊体験を。 39 :本当にあっ …

ヤマメ

  車で旅行に行った話。 僕にバイトを斡旋してくれた先輩と夏休み旅行に …

山でヘンないきものを見た

  先日群馬の実家に帰ったんだが、そこで変な生き物を見た。 1 :名無 …

山での滑落事故

登山好きだった親戚のおじさん(昨年亡くなられた)の若い頃の話。 30年くらい前の …

スガタさん

  友人の話。山小屋に仲間数人で泊まった時のこと。 夜中にトランプゲー …