【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

せがれの神様

      2016/10/22

Sponsored Link

 

俺の両親は、俺をはらんだ時と産まれる時の夜に、腹に光が入っていくような神秘的な夢を見た。

23 本当にあった怖い名無し 2013/12/02(月) 11:23:14.74 ID:COj8cUkX0

それで、「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事があるときには(父親の転勤に家族でついていくかどうかなど)、

俺が最終決定をして、それが良くも悪くも「神様はこっちを望んだんだろう」と言い合うような家だった。

俺自身は、二十歳になる前に反抗期をへて、自分は平凡で何の特殊能力もない、と理解していたし、

家族も誰かに話すわけでなく、しつけも兄弟と変わりはなく、ただここ一番の決定を俺がやるって感じだった。

そんな中、昨年の話だけど、弟の子ども(俺にとって甥)が病気になった。

最初はどの病院にかかっても原因不明。

さらに、やっと病名が分かったけど、高額な治療費がかなり長期的にかかる難病だった。払えずにあきらめる親も多いらしい。

もちろん弟や両親の貯金では治療費がまかなえず、実家を売って少しでも費用にあてるかどうか、という話になった。

それで両親が、離れて住む俺に電話をかけて、決めてくれ、と頼んだ。

結果的に、「年末ジャンボを買う」という話になった。

家族は年末ジャンボを三十枚買った。そして当たった。

高額当選で、家を売らずに何とか十年ぐらいは持ちこたえる額だった。

その間に難病指定がとれたら、何とかできるらしい。

俺は「お前の取り分だ」と100万円ふりこまれた時に、それを知った。

俺はその電話を答えたことはもちろん、とった覚えすらない。

というか甥がそんな病気だということも初耳だった。かけていた電話番号は、俺の電話番号とにてもにつかぬ番号。

かけてみたら、知らない男が出てすぐ切れて、次にかけたら解約されてた。

母いわく、俺はよく親身になって相談にのってくれた。

甥が病院決まらない時も俺が県外の病院名を言ってくれて病名が分かったと話す。

俺が電話番号を変えた、と連絡があった。

それがこの番号だ、と母親は主張するから、おれおれ詐欺かとも思ったけど、詐欺られていないので、何か分からない。

母は「お前の神様、分離したのか」と言う。

「今年もジャンボ買った方がいいと思う?」

と昨日親から電話がかかってきたので、やめとけ、とは言ったけど、多分分離したなら俺に何の能力もないので、答えてよかったのか、今悩んでる。

(了)

 

東京伝説(閉ざされた街の怖い話) [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

地獄の古本

数年前の古本屋での話。 本を売りたいという友人に付き合って大きな古本屋に行った。 …

「探偵ナイトスクープ」インコの巻

探偵:たむらけんじ 「迷子のインコを保護しているので飼い主を探して欲しい」と言う …

年末の演習

俺が某暴力装置に居た頃の話。ちなみに空。 751:本当にあった怖い名無し:201 …

帰ってきた小銭入れ

今日、行きつけの耳鼻科クリニックに行ってきたのだが…… 943 :本当にあった怖 …

霊感女と磯巾着犬と

ちょっと聞いて欲しいから書く 5 :毒男 ◆B.DOLL/gBI :2014/1 …

白い空間

  自分はある時期、あることをきっかけに怖い夢しか見なくなりました。 …

頭を叩かれた

親戚の集まりがあり、家族で茨城の祖母宅へ行った時のことです。 51 :本当にあっ …

温泉街の按摩さん

元同僚の話。 仕事の元請先に誘われて、温泉旅行に出かけたのだという。 温泉と料理 …

宝船

私が小学校五年の時だったと思います。 五月に入り春がかった頃ですが、この時期父は …

盆運び女中

私は太っているためか、イビキがかなりうるさいらしい。 先日伊豆の温泉へ社員旅行に …