【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

車中の石

      2017/01/31

Sponsored Link

数年前、オレと友達と女友達三人で北海道の恵庭湖(札幌から一時間くらい)に車で肝だめしに行った時の話です。

702 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 07:35:05 ID:jfPgemLOO

季節は夏の暑い日で夜中の一時くらいに出発しました。

車内ではふざけ話やこれから向かう恵庭湖について話してました。

恵庭湖は崩落事故や水死体、子供の幽霊が出るなど色々な噂を聞いてましたが、さほど気にせず楽しいドライブ気分で向かいました。

恵庭湖は土砂を積み重ねたダムがあり、その下の駐車場に車を停めた時は深夜の二時くらいと思います。

そんな夜中だったので広い駐車場にはボクらの車一台だけ。

ちなみに友達が運転、オレは助手席、女友達が後ろの席に座ってました。

恵庭湖へ着いたのは深夜の二時くらい。

外は真っ暗で月の光だけがダムの先端を照らし出してのを覚えてます。

シーンと静まりかえって中に鳥の鳴き声や木と木が重なりあう音が恐怖心をあおって、三人とも口には出さなくても嫌なフインキだったと思います。

行ったコトがある人は分かると思いますが、ダムの先端まで細い階段(鉄枠で幅70センチほど)が50メートルくらい一直線に続いてました。

友達が先頭、怖がる女友達が真ん中、オレが一番後ろから一列になりゆっくりと一段一段ダムの頂上へと掛け上がりました。

と、その時

「キャっキャっ」と明らかに子供の声が聞こえました。

どこから聞こえてくるのか分からないけど「キャっキャっ」と。

三人は目を丸くして暗い中お互いの顔を確認するように

「聞こえた?聞こえたよな!」

オレがそう訪ねると

「聞こえたけど鳥の鳴き声だよ……きっと……」

その時です。月明かりに照らされたダムの先端に子供が手を繋いで歩いてる姿をはっきり見ました。

その時見たのはオレだけ(前にいた二人は振り向いて最後尾のオレの顔を見てましたが、オレは逆に下から見上げるような形)。

こんな恐怖を感じたのは初めてでした。頭の中が恐怖でいっぱい。

まさにパニックとはこのコトかと…でも、そんな状態でも冷静に「まだ見てない二人をこれ以上怖がらせてはいけない!」、「黙って階段を下ろう」と思い付きました。

オレはゆっくりと…しかし一度下りだした足は早足になり、しまいには暗い階段でしたがころげ落ちる勢いで車へと走ってました。

「Kどうしたの?どうした?ねぇ!K!!」。

二人はオレの名前を叫びながらあわてふためいて…おそらくオレの形相に恐怖を感じていたのでしょう。

こういう時って「ギャー!」とか「ワァー!」って声を出しながら逃げると思いますが、いざそういう場面に立たされるとまったくの無言。

ただひたすら三人は逃げるように車へと駆け込みました。

オレが一番最初に車に着き「M!カギ!早くカギ!早く!カギ!!カギ!車のカギ開けろ!!」。

無我夢中でロックがかかってる助手席のドアを「ガチャガチャ」と。

そのすぐ後に運転席側に向かった友達がドアにカギを入れ「カチッ」と全部のドアのロックが外れた音を聞きました。

同時に一気に三人はドアを開け車に乗り込みました。

その時にオレは違和感を覚えたのです。

「アレ…オシリイタイ…ナニカアル…オカシイ…アレ?」

みなさんは幽霊を信じたコトありますか?ボクは目に見えないモノしか信じない性格でしたが、この時は確信しました。

ボクが座ってた助手席のシートにびっちり!!人の握り拳くらいの石がびっちり置いてあるのです。

誰かが並べたかのようにびっちりです!!

その石を見た瞬間は怖いというか…違和感?ハテナ?っていうのが第一印象でした。

「なんで助手席に?なんで石が?どこから入った?いつ入った?」。

オレの頭が真っ白になったと同時に運転席の友達が「ギャーァ!!!」っと石の置いてあるシートを振り払い「K!早く!早くしろ!つっ立ってないで早く座れ!」

オレは我を取り戻してMが振り払ったシートに腰掛け、と同時に車は急発進でその場から逃げました。

車を走らせて何分…何十分…何時間…三人はその間まったく言葉を発しませんでした。

しばらくして最初に口を開いたのは女友達でした。

「誰がやった?K?M?私を怖がらせようと企んだでしょう!」と。

Mは「まさか!」と言いオレは笑って「だって三人一緒に車出たじゃん?その後カギかけたのに誰が石置くの?」

また三人はしばらく沈黙しました。

すると車がカーブに差し掛かった所でさっきシートにあった石が足元から「ゴロン…」と。

オレはその石を拾い「さっきの石じゃない?」

よく見ると濡れてるんです。ビッショリと。

さっき水の中から取り出したかのように真ん丸に濡れた石…

オレはとっさに「湖で亡くなった子供がいたずら?遊んでほしくて?置いたのではないか」と不思議な感情を抱いてました。

その後、落ち着いたトコでダムの先端で見た子供の話を二人に話ました。

二人は顔を真っ青にしながらも「こんなコトって本当にあるんだ…」と言って恵庭湖を後にしました。

この不思議な出来事をきっかけに、夏の暑い日の夜…とくに今時期のお盆の季節にオレには不思議な体験が舞い降りるようになりました。

(了)

 

最強の都市伝説5【電子書籍】[ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

立川火葬場近くの戸建て

15年ほど前、家族で引っ越しをした時の話です。 642 :◆VSNzgnOkJv …

ヒッチハイク

今から7年ほど前の話になる。俺は大学を卒業したが、就職も決まっていない有様だった …

某TV局の封鎖フロア

  テレビ局でバイトしていた頃の話です。 170 :本当にあった怖い名 …

ノロ人形

最初は、ほんの冗談だった…… 19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りしま …

忘れられない風景

私には幼い頃からどうしても忘れられない、ある風景があります。 706 :私の体験 …

テントの外の足跡

数年前、五月のゴールデンウィークに茨城にキャンプに行ったときの話。 メンバーは友 …

七稲荷

卒業まであと数日となった時、学年主任をしていた皆藤先生が教えてくれた「この中学校 …

亥の子唄(※追記あり)

田舎に帰ったときの話。 大学卒業後、俺は田舎から大阪に出た。 休みには帰省しよう …

御札の家【語り継がれる怖い話】

霊感ゼロの自分が、唯一味わった霊体験です 広島県F市某町、地元の人間なら誰もが知 …

天上の貌

  中学一年生の頃、私(女)はいわゆる“ぼっち”という奴だった。 20 …