【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

殺意なき人殺し

   

Sponsored Link

昨日、近所をまったりと散歩していた。

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/12(木) 15:21:21.21 ID:cr8jYNDw0

片側二車線の、結構交通量が多い国道があるのだが、そこに差し掛かった時。

押しボタン式横断歩道を何人かが横断中だった。

俺は渡るつもりはなかったのでゆっくり歩いていたんだが、見ればなぜか不自然なスピードで迫ってくる車が。

二車線のうち追い越し車線側の車は停車中。

左側は停車してる車はなく、その車が走ってきていた。

何をする間もなくその車、なんとノーブレーキでそのまま横断歩道に突っ込んだ。

運悪く女性が一人横断中。

それをそのまま思いっきり跳ね飛ばした。

そこに至って、やっとその車止まったんだけど。

エアバッグも作動してたかな、俺も動転してて覚えてないんだけど、呆然としてんのね。

うわーと思って携帯で通報したんだけど、もう跳ね飛ばされた女性の方はピクリとも動かないし、血がぶわーってなってるし、近寄る勇気はなかったんだがもうダメだというのは分かった。

二車線の真ん中にその女性倒れてるもんだから他の車もいけないし、すんごい渋滞が始まってさ。

後から考えると俺スゲーばかだなと思うんだけど、並んでる車に「事故!事故!」って叫んで回ってたのよ。

はたから見たらキ〇ガイに見えたかもしれん。

それで運転手が降りてきて倒れてる女性の方に寄ってったのは見たけど、同乗者と二人してオバさんなんだよこれが。

戻ってきたらこの二人がでかい声で

「あんた!飛び出してきたら危ないでしょ」とか

「なんでいきなり渡ってるの」とか言ってんの。

倒れてる人に……

ヤベーこの人達もしかして痴呆か?

とか思いながら警察と救急きて、まあやっぱり女性は即死みたいだったんだけど一応病院に運ばれていった。

それでさ、もうオバハン二人の言い訳が、なんでそうなんのかがわかったんよ。

この二人、話に夢中で信号なんか見てなくて、自分が信号無視したことにも気づいてない。

しかも、

「話してたから」

「ちゃんと前見てなかったから」

ってさ、不注意の言葉じゃん?

だけどこいつら、

「それだから轢いても仕方がなかった」

みたいな、自分を正当化する言い訳にしてんのよ。

警察官が

「轢いたのは事実だから」

「言い訳しても遅いから」

「あんたが轢いたんだよ」

と段々語気が荒くなっていって怖かった。

最後には

「あんたは人を一人殺したという自覚がもてないのかっ!」

って大声になってた。

それでああ、死んだんだ……って思った。

事故も後味悪いし、このオバハンの態度も腹立つし……すごい泣きたくなったよ。

なんでこんな自分が悪いとも思わない人にあの女性殺されなきゃならなかったのかと。

しばらくそこ通るたびに思い出しそうだ。

同じような話で、子供一人はねてもう一人を何十メートルか引きずってやっと止まったオバハンが、車から降りてきて

「私は悪くない!」

って周りにアピールしてたっていうのをどこかでみたな……

[出典:http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1177090045]

(了)

 

中国の呪術 [ 松本浩一 ]

Sponsored Link

 - ヒトコワ・ほんとは人間のほうが怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

蜘蛛嫌いの理由【閲覧注意】

私は蜘蛛が大嫌いです。 それこそ、洒落にならない程の恐怖を感じます。 ……何故で …

禁じられたピッチ遊び

高校二年の時のことなんだが、夜な夜な仲間内と近くの公園で集まってはバカなことして …

草葉の陰から怒髪天を突く!! 読んで怒りがおさまらないムナクソな話【胸糞につき閲覧注意】

俺は施設警備員で、そこそこの年やってるんだけどね。いわゆる霊体験はしたことが無い …

狂気の隣人

  二十六年間生きていて一番恐かった体験を書きます。 580 : 20 …

言葉の裏側

コーチングをしている知り合い、日ノ沢の話。 278 :本当にあった怖い名無し:2 …

ストーカー殺人が起きるまで

被害者の親友から聞いた、ストーカー殺人事件が起こるまでの被害者の子の話。 地元の …

雨の肝試し

俺の高校の頃の思い出。 高校の裏手にあるグラウンドは雨が降るといつも水浸しだった …

妊娠している時に夢を見た

この間、同じ職場の神山さん(仮名)という人が退職していったんです。 彼女は三〇代 …

監視付アパート

おととしまで住んでたアパートの話 引越しをしようと決め、物件探しをしてるとき 「 …

アカと闘ったおじいちゃんの話

田舎で家業継いで農機具の販売・メンテやってる。 お客には、同じ町内なのに、行くの …