【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

裂けた御札

   

Sponsored Link

 

中学生の頃の修学旅行の話。

やっと着いた旅館は何かぼろい感じで、上がりまくってたテンションは少し下がった。

まぁ、古くても楽しけりゃいいよなーって。

で、案の定部屋に入ったら何か空気が重い。

「掛け軸の裏に御札とかあるとやばいっていうよねー」

って誰かが言い出した。

……俺は確認のために裏を見た。

……何もなかった。

ホッとした空気が流れ、気のせいだという事で皆は気にしないで楽しむことにした。

そして夜、布団は用意したが、全員掛け軸のすぐ近くを嫌がっていた。

結局じゃんけんで決めることになって、一番怖がりの奴がすぐ近くの布団で寝ることになった。

涙目になって訴えていたが、皆も嫌なので誰も変わってあげられなかった。

皆が寝静まった深夜、一人がうめき声を上げた。

それに気づいていたのは、まだ起きていた自分だけだったが、まさか掛け軸の近くの奴がストレスでおかしくなったかな……と思ったらそいつはぐっすり寝てる。

それじゃ誰が……?

辺りを見回すと近くのふすまが少し開いていた。

その中の「何か」と目が合った。

声はそいつが出しているようだった。

怖かった、が何もできなかった、必死に隣で寝てた奴を起こそうとしたが体が動かなかった。

そこで記憶が途切れた。

同じ部屋のやつらに話しても、夢だと言って取り合ってくれなかった。

「夢だったのかなぁ……」と思いつつ、何気なく、押入れのふすまの裏を調べてみると、縦に裂けた御札があった。

その旅館はその一泊だけだったし、教師に言ってもしょうがないのでとりあえず忘れよう、せっかくの修学旅行なんだから楽しもう、そう思い直して修学旅行を楽しんだ。

1週間後、修学旅行の写真があがってきて、あの日のことが夢では無いと思い知らされた。

写真に写った自分の隣に、あの夜目が合った「何か」がいた。

今、家にいるときでもたまに見る、どうやらついて来てしまったらしい……

(了)
「超」怖い話(申) [ 加藤一 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

廃駅のベンチ

これは、今から数年前、私が大学生だったときの体験談です。 152 :2006/0 …

腕だけの釣り人

1983年(昭和53年)のことだから、もう二十八年前にもなる。 64 : 201 …

霊柩車

  麗華さんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいま …

最後の夜【ナナシシリーズ07】

物事には終りというものが必ずあって、それは突然に訪れるものだと知ったのは、15の …

元病院の夜間巡回警備

昔、警備員をしていた時の事。 250:2007/11/09(金) 17:37:1 …

三番座敷

あたしがまだ高校生の頃、当時首都圏では有名なフランチャイズの居酒屋でバイトしてた …

鼠の天麩羅

ねずみの天ぷら 元号がいくつか前の時代のお話。 木樵と炭焼きと猟師を兼業で生活し …

螺旋階段の少女

6年前の夏の日の話だ。 俺は会社の同僚達と飲みにいって、帰路についたのはもうAM …

大浴場

去年の十一月頃、山口県のある大学でのシンポジウムに参加したときのこと。 723 …

化けねずみに頭を半分かじられても闘い抜いたブチ猫の話し

猫、忠義に身命を賭す(耳袋より) 昔、大阪のとある所に河内屋惣兵衛という町人の家 …