【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

龍神岩

   

Sponsored Link

自分の家は山のてっぺんなんだけど、そこから隣の山の頂上に、大岩がたくさん置いてあるのが見える。

実際は誰が置いたわけでもないのだろうが、この表現が一番しっくりくる。

近所の爺さんに「あの岩は何?」って聞いたら、「岩の中に老人が二人住んでる」……みたいな物語を聞いたんだけど、詳しくは覚えてない。

で、どうしても会いに行ってみたくなって、行ってみた。

てっぺん目指して山道をひたすら登る。でもどうしてもたどり着けない。

てっぺんは平原みたいになってるはずなのだが、いつまでたっても森の中。

次々と頭の中に、『本当にあった怖い話シリーズ』のネタが浮かんでくる。

泣きそうになりながら、実際ちょっと泣きながら、それでも1時間ほど登った所で、急に視界が開けた。

やっと着いたかと思ったが、大岩は無く、あるのは寂れた赤い鳥居。

不思議だったのは、鳥居だけだったこと。建物が見あたらない。

で、ここで分かれ道になってて、一つは再び森の中へ、もう一つは鳥居をまっすぐ行く道。

暗い森の中には行きたくなかったので、まっすぐ行くことにした。

鳥居をくぐり進む。

が、しばらく進むと、この道も森の中へ再び入っていった。

この時点でもう出発から3時間は経ってて、へとへとで泣きながら進んだ。

すると、なんか集落みたいな所に出て、人もいたので、急に安心してしまいもっと泣いた。

そんな私を見て、事情が飲み込めたのだろう。「ようきたね」と言いながら、頭をなでてくれた。

それで、「もどろうか」と言ってくれたが、そこからは記憶が無く、気がついたら龍神岩の前にいた。

龍神岩ってのは、自分の町にある神社の池の真ん中にある馬鹿でかい岩で、土地の先祖が龍を退治して閉じこめた岩らしい。

その神社は自分が登った山とは反対方向だったが、疲れていたのか疑問に思うことなくそのまま家に帰ったら、両親が泣きながら飛びついてきた。

どうやら家を出てから2日経ってたらしく、神隠しだ遭難だと、大騒ぎだったそうだ。

ちなみに、今ではそのてっぺんの大岩には、2時間もあれば行けるようになった。

遺跡じゃないんだろうが、遺跡っぽい雰囲気が好き。町も一望できるし、今じゃお気に入りの場所だ。

それから二度とその爺さんの話は信用しない(苦笑)

(了)

 

霊能者・寺尾玲子の心霊質問箱

Sponsored Link

 - 山にまつわる怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    結論、おかしいだろw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

151207_002
ヤマメ

あれは母の実家から帰る途中の出来事。 母の実家はG県の田舎で夏はキャンプ、冬はス …

kodama
木霊

  先日私と登山仲間の先輩とが、北アルプス穂高連峰での山行中に経験した …

matagi-okite
マタギの掟をやぶった男の末路

  俺が中学生の頃、列車で会って仲良くなったご老人から聞いた話を書き込 …

151201_002
ヤマノケ

娘を連れて、ドライブに行った。 なんてことない山道を進んでいって、途中のドライブ …

151009_011
山道でハイハイする赤ちゃん

小雨の降る初夏の夜でした。 2005/08/15(月)21:22:30ID:xv …

yamakowa
ガサガサ音

これは私が中学二年生の時に経験した話です。 私の街は市内でも田舎の方にあり、周り …

151213_018
★山の中の神社

自分は出張で1~2週間ほど遠くに出る事がある。 出先で貰った休みには、ネットで調 …

kumotoriyama
雲取山の闇

  十五年ほど前の話。奥多摩日原の雲取山に登ろうとしたときの話だ。 1 …

jinjya140529_003
オオカミ様の神社の修繕【オオカミ様・宮大工シリーズ01】

俺が宮大工見習いをしてた時の話。 だいぶ仕事を覚えてきた時分、普段は誰も居ない山 …

160918baachan
ばあちゃんの血筋

  子供のころの話で、しかも自分の体験じゃないんだけど…… 2012/ …