【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

廊下の亡霊

      2017/08/19

Sponsored Link

俺の姉の友人、美津子の話。

468 :本当にあった怖い名無し:2006/04/26(水) 21:12:01 ID:65ntgzN+0

東京で一人暮らしを始めた美津子はマンションを借りた。

部屋も三つあり廊下もあって契約当時はかなり喜んで、俺の姉など友人を招いてよくパーティを行っていた。

ところが四月になりお互いに会社が始まったこともあり、そのパーティーも行われなくなっていったそうだ。

久しぶりに姉がもう一人の友人千晶と、美津子に連絡を取った。

「最近どう? 元気にやってる?」

しかし、電話先で美津子は無言だった。

「え? なに?? どうしたの??」

その美津子の異常な感じに気づいた姉たちは、その日の夜に美津子の家を訪れた。

美津子の家に着くと、美津子は玄関を入ってすぐの廊下で毛布に包まっていた。

「どうしたの?!」

姉たちは美津子の不可解な行動に驚愕した。

部屋が三つあるにもかかわらず、何故か美津子は廊下にいた。

しかも、廊下にはコンビ二弁当の殻やペットボトルが散乱していて、彼女がそこで長い間寝食を行っていることがわかったらしい。

美津子は青ざめた顔をしながら、ようやく喋った。

「……ここの家、絶対何かいる」

姉と千晶は何がなんだか分からず困惑したそうだ。

美津子は続けて言った。

「この家、だから格安だったんだよ。ホント、あたしおかしくなりそう」

このあと美津子は泣き出し、大変な事態になったそうだ。

翌日にお坊さんを呼んで除霊をしてもらおう、今夜はファミレスで夜を明かそうってことになって、とりあえず美津子の家を掃除しようってことになったらしい。

廊下も一通りきれいにして、引越し当初のきれいな家に戻った。

そして翌日、お坊さんを夕方過ぎに美津子宅に呼んだ。

お坊さんは家に入った瞬間、体を強張らせたそうだ。

そして、お坊さんはこう言った。

「あなた、しばらく廊下でご飯を食べたりとかしてませんでした?」

姉たちは驚いた。

確かに昨日きれいに掃除したのに、なんでわかったのだろう。

お坊さんは続けて、

「見えませんか? 私たちの前の廊下に子供の霊が二つ、大人の霊、おそらく夫婦でしょう、それが二つ、しゃがんでこちらを見てますよ」

美津子は叫んだ。

姉たちも尋常な怖さではなかったそうだ。

恐る恐る千晶が「何で廊下に?」と聞いた。

お坊さんが言うには、

「だからさっき言ったでしょう? あなたがここでご飯食べていたから自然と来たんですよ。人間がご飯のあるところに集まってくるのと同じですよ」

つまり美津子は約二週間、四つの霊と寝食を至近距離にて共にしていたらしいのだ……

Sponsored Link

 

470 :本当にあった怖い名無し:2006/04/26(水) 21:29:26 ID:5wQsrh+/O
その後が気になる。
引っ越したの?

 

471 :本当にあった怖い名無し:2006/04/26(水) 21:50:11 ID:65ntgzN+0
>>470
お祓いしてもらったのが先週だからまだ様子見、らしい。

そもそも、何で美津子が廊下で生活し始めたかというと、寝室用に使っている和室で夜中の一時過ぎにラップ現象が起こっていたらしい。

そのあと、子供の泣き声が聞こえてきたとか。

そして、リビングでは特に心霊現象は起きなかったが、何かに見られているような気配がしていたそうだ。

そして、もう一つのフローリングの部屋、ここが一番やばかったそうだ。

なにが?と俺は姉に聞いたが、「あんたには言わないほうがいい」って言われた。

[出典:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1144409401/]

 

事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件

Sponsored Link

 - 不動産・物件にまつわる怖い話, 怪談

[PR]

Comment

  1. 名無し より:

    え、続きは?

    • Kwaidan より:

      ご指摘ありがとうございます。こちらの編集ミスでした!早速更新致しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ローカル私鉄の怪

それは、私が地方のローカル私鉄で、運転士をしていた頃の話です。 季節は晩秋の…空 …

後女(うしろおんな)

  中学一年生の夏でした。 私の祖母の一番上の兄、泰造さんが亡くなりま …

ライブハウス奇譚

最初に書くけど、俺には霊感なんてものは全くなかった。今回初めて見たんだよ。 39 …

手【ナナシシリーズ03】

学生時代、まだ桜も咲かない3月のその日。 僕はクラスメートのアキヤマさんという女 …

友達の彼女

  大学生の時だな、友達迫田に遠距離の彼女が出来たらしくて、まぁ毎日の …

あの夏の無人駅で

高校三年の夏、仲の良かった友人と意味もなく自転車で100kmほど離れた海まで、旅 …

釣り場の女

夜釣りやってたんだけど、普通四、五人はいる堤防で一人だった。 561 :本当にあ …

第三次接近遭遇 Case-032y 幽体(You Ray)

ちょっと、古い話を思い出したので書いてみます。 432 : 本当にあった怖い名無 …

防空頭巾の子どもたち

三〇年近く前の話ですが…… 228 本当にあった怖い名無し 2012/08/11 …

小人が埋まってる

大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。 思いつきで隣の市のラ …